« My ST-162 セリカ (チューン編1) | トップページ | 車、乗り換えないの? »

2005年5月29日 (日)

My ST-162 セリカ (チューン編2)

クラッチまわり:

走行距離 9万キロを越えたらクラッチ交換をしようと思っていました。
このとき、ミッションを開けるから、換えられるものを一気に換えました。
その為の費用は、一年以上かけておとなしく貯金。ことが終わったらまた文無しになって、 さらに一年以上おとなしくすることに。(笑)

で具体的に換えたのは、クラッチ(カバー共)、フライホイール、LSD です。

とは言っても劇的に変わるほどのものではありません。
クラッチは、メタル等とは恐れ多い、ノンアスベストでノーマルに毛の生えた程度。

LSD は、ヘリカルというタイプの、ここ十年ぐらいのスポーツタイプの車なら標準で付いているもの。
フライホイールは 4.5kg 。これと機械式LSD との組み合わせは扱いにくいとのこと。
フライホイールの軽量化を優先して LSD はヘリカルにしました。

元のフライホイールは 10kg と思っていましたが、実際には 8kg 。思ったほどの軽量化にはなりませんでした。

足回り:

スプリングとショックはポン付けのと交換しているだけです。
既製品の車高調はない為、車高は固定。
なぜかノーマルの頃より前傾姿勢に。(笑)
この姿勢がアダとなり、フロントスポイラー(これはノーマルで付いてるもの。笑)をよくコスるようになりました。(泣)

アフター品に換えてるとは言え、近年のスパルタンなスポーツカー(タイプRとかエボとか)よりはソフトな足です。

あとスタビライザーブッシュも交換し、これも効いています。

ホイールは中古のOZラリー15インチ。
WRCのセリカが付けてたのと同じものを、と思いまして。
しかし、ラリー仕様に仕上げるならともかく、うちのは悪路が苦手なオンロード仕様状態で、ラリータイヤを履く予定もなし。
そうなると、このホイールは重く(ノーマルの14インチと大差なし)あまり有利とは言えない。

ボルクのグループCあたりの方が良かったか、と後悔することも。(^_^;) まー、写真にすると今のホイールでホクホク顔なんだけど。(大笑)

軽いと言えばボルクレイズですけど、こいつはどうせなら、サーキットに復活する時に専用に欲しい。(^_^)

ステアリング:
モモレーシング、 35パイ。
一応、車検ギリギリの小径ステアリングのようです。
換えた当初は小径過ぎたか?とも思いましたが、慣れれば十分使えます。
滅多に乗らない妹も普通に扱えていたし、、要は換えた直後に違和感があるだけなんですね。

操作系で換えてるのはステアリングだけですね。ペダルにも付けた方が良いとか聞いたり、シフトノブも探していましたが、換えないまま今に至っています。

シフトノブは、よくあるアルミ削り出しには換えたくないですね。
夏は焼けるように熱くなるの確実ですもん。(^_^;)

取りとめもなく書いてきたので、以下にまとめておきます。

プラグコード ツインコア
プラグ HKS 8番
燃調 AFC
エアクリーナー Blitz ノーマル形状
燃調 AFC
他動力系 進角ハイオク仕様化
クラッチ TRD ノンアス
フライホイール TODAレーシング
LSD TRDヘリカル
スプリング TANABE
ショック TRD ストリート用
Fスタビブッシュ ARC
アルミ OZ-Racing Rarry
ステアリング MOMO Racing(35)

|

« My ST-162 セリカ (チューン編1) | トップページ | 車、乗り換えないの? »

「セリカST-162」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/4320681

この記事へのトラックバック一覧です: My ST-162 セリカ (チューン編2):

« My ST-162 セリカ (チューン編1) | トップページ | 車、乗り換えないの? »