« タイヤの話 1 … トランピオギューン | トップページ | タイヤの話 2.5 … 冬タイヤ »

2005年6月22日 (水)

タイヤの話 2 … YOKOHAMA M7R

サーキットデビューの翌年、社外アルミ OZレーシングRARRYを中古で購入。
このアルミに履かせたタイヤが、YOKOHAMA M7Rでした。
このタイヤの後継にあたるのがDNA GPだったりします。

サイズは195/55-15。
それまで履いてたトランピオとはサイズが違い、タイヤ換えた前後で車も少しいじっているので、単純比較はできないのですが。。

結論から言うと、格段に良くなりました。
グリップ力が断然違います。

サーキットでのタイムは数秒差で歴然でしたね。
(尤も、公道向け夏タイヤ同士の銘柄違いで数秒も違うようでは、腕が下手くその範疇になりますが、苦笑)

その分、減りも早かったようです。(笑)

サイズもアルミも違い、サスも換えていて、これらとの相性も良くなっていたように思えます。
カーブでロールする感覚も、前のタイヤより押さえられてて、より気持ち良く走るようになりました。

1年2万キロペース、サーキット走行会に年2~3回程度参加して、2年少々走り続けてほぼ寿命となりました。

上には上があって要求使用は尽きないこと(特にサーキットを走ると)、また減りが早めなのはデメリットではありますが、M7は十分に満足させてもらったタイヤでした。

|

« タイヤの話 1 … トランピオギューン | トップページ | タイヤの話 2.5 … 冬タイヤ »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/4663796

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤの話 2 … YOKOHAMA M7R:

« タイヤの話 1 … トランピオギューン | トップページ | タイヤの話 2.5 … 冬タイヤ »