« タイヤの話 3 … Pilot EXALT | トップページ | タイヤの話 5 … DUNLOP LUMAN »

2005年6月25日 (土)

タイヤの話 4 … DNA GP

タイヤ一輪がサイドウォールのパンクでオシャカ。
ここで一輪だけの交換は非常に危険なので、2輪を交換。
(できれば4輪交換の方が良いけど、)

ベストなのは、同じミシュラン パイロットエグザルトを買うことですが、福岡の実家の近くでは売っていない(これは神奈川にいるときに購入)ことと、この値段の貼るタイヤはもう止めよう、ってことで、ありきたりの国産タイヤで済ますことにしました。

で、カー用品店Yへ行くと、同じサイズのタイヤは、ヨコハマ DNA GPしかありませんでした。

パンクという非常事態だったこと。
GPはエコスポーツが売り文句で、前モデルのM7よりグリップ力が落ちてるとの定説(死後、笑)だったこと。
で、前2輪にこれを履くことにしました。

いざ履いてみると、予想以上に違和感がない
GPがM7より乗り心地も考えてブロックが小さいのを差し引いても、ミシュランと全く同じ特質であるはずがない。
公道でおとなしく走ってるだけということもありますが、それでもGPとミシュランで違和感なく走れるのは特筆モノかと思います。

しかし、使っていてやはりM7の後継であることを示すのが一点。
減りが早い。エコは嘘だった。(笑)

半年少々で内減りしていました。(前がわずかにハの字気味な為)
アライメントのせいなのは確かだけど、ミシュランはそんな減り方はしなかった。
と言うか、そこまで減らなかった。
(ちなみに、M7履いてたときは、頻繁にローテーションされてました。ディーラーで)

減ったGPを後に、ミシュランを前にして、更に一年この状態で乗り続けました。

|

« タイヤの話 3 … Pilot EXALT | トップページ | タイヤの話 5 … DUNLOP LUMAN »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/4703986

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤの話 4 … DNA GP:

« タイヤの話 3 … Pilot EXALT | トップページ | タイヤの話 5 … DUNLOP LUMAN »