« こだわり?(トラックバック) | トップページ | Windowsボタン(MSの旗ボタンですね。笑)について、 »

2005年6月 8日 (水)

キーボード…こだわりと妥協

私も(誰となく)キー入力は、カナ入力派です。

それまでは、タッチタイプなんぞクソ喰らえ、マイペースで打てればいいよ、な適当ローマ字入力でした。

1993年頃か。。
きっかけは、とあるバザーでOASYS Pocket(初代)を入手したことです。
小さなツールに興味があって入手したものの、私はOASYSにもこの機種にも無知でした。(^_^;)

情報を得ようとさまよってたどり着いたのがNIFのFOAU(OASYS User's Forum)。
ここで親指シフトキーボードについて知りました。

親指シフトについては http://thumb-shift.txt-nifty.com/contents/2005/04/re_______48b0.html
を。

まず親指シフトの威力を知らされたのが、FOAUのチャットで、みんな入力が速いこと。
プロ集団かと思った。(何の? 笑)
チャットは他でもあちこちでやっていたけど、これほどに進行の速い所は見たことがなかった。(今でも見ない)

次に、自分で覚えてみて、それがとてもだと感じました。
そして文章を打つということが楽しくなりました。

以来、まずはエミュレーション常駐ソフトで始めて、親指シフトのマシンを入手して、、
しばらくは親指シフト一辺倒でした。

そのうち、前職の会社を辞め、PCを扱う仕事がしたいと思うようになりました。
PCを使う仕事と言えば、その仕事場のPCを使うのが普通。
当然ながら親指シフトで仕事はできない。

また、当時の私はWord, Excelも触れたことがなかった。
この際ということで、Windowsも含めて一から勉強し直すことにして、キー入力もJISカナ入力に変えていきました。
もっと器用であれば親指シフトとバイリンガルに、という選択もあったと思いますが、私は不器用な方なので、完全に切り替えるという選択肢を取りました。

この頃が2001年。小泉内閣発足の頃だったか。(^_^;)

ローマ字にしなかったのは、とってもウザくて「そこまで妥協できるか ! (`-')」と思ってたことと、試験場のWordで日商ワープロ2級を取るという目標があったから。

それから、IT技術者を目指すようになって今に至っています。
客先の端末で、カナ入力してローマ字に戻すのを忘れては、冷ややかに注意されています。(苦笑)

---------------------------------------------------------
以下にトラックバックしました。
http://trackbackyaro.cocolog-nifty.com/trackbackyaro/2005/05/__dc83.html
終わったお題に何度もトラバって失礼してます。(^_^;;)

|

« こだわり?(トラックバック) | トップページ | Windowsボタン(MSの旗ボタンですね。笑)について、 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ピーちゃ♪さん、こんにちは。
先日はコメントありがとうございます。

親指シフト!懐かしいです。
僕が初めて触ったパソコンが富士通のTOWNSだったもので。
親指シフトをマスターしきる前にローマ字かな変換へ移行してしまいましたが。
かな入力は位置さえ覚えられればめちゃくちゃ早いですよね。
僕はキーの位置を覚える時点で挫折した人間です(笑

投稿: .com | 2005年6月10日 (金) 06時58分

.comさん、こんにちは。
こちらでのコメントありがとうございます。

OASYSから入ると練習メニューが標準であるのでマスターしやすいのですけど。

キーボードが目の前にある「だけ」だと、なかなかマスターするまでに至らないですよね。

投稿: ピーちゃ♪ | 2005年6月10日 (金) 09時31分

私の場合、メインはもちろん親指シフトです。

しかし、勤めていたときの職場のPC環境が最悪で
もう嫌になるくらいでした。
かな入力派とローマ字入力派がいて、端末ですら
その人たちの手によって、いつも勝手に入力方法
が変わっていたものです。

パソコンにいたっては機器ごとに入力方法がバラ
バラという状態、そんな中で私は達観しました。

「みんなそういうことしてるなら、このさいです
おもいっきり慣れてやろうじゃないか!」と...

そんなわけで、かな入力もローマ字入力も次第に
使えるようになっていき、おかげさまで入力する
支障がない程度には使えています。

たぶんこのときの経験が今の仕事に大変役立って
いるのかもしれませんねぇ~

ちなみに、
かな入力>>ローマ字入力>>>>>親指シフト
という感じで速くなります(笑)

投稿: GAN☆ | 2005年6月23日 (木) 13時44分

GAN☆さん、こんばんは。

>パソコンにいたっては機器ごとに入力方法がバラバラ

その昔、人がこの話をしていたときに、OAKもやり玉に挙げられていた記憶があります。
当時から「OS付属のFEPでいいやん」と思っていた私にとっては、金持ちかFEPヲタクの話ぐらいにしか意識してませんでした。

当時ならATOK、今ならMS-IMEばかりの方が、やはり人様の反発はなさそう。。

投稿: ピーちゃ♪ | 2005年6月23日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/4466400

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード…こだわりと妥協:

« こだわり?(トラックバック) | トップページ | Windowsボタン(MSの旗ボタンですね。笑)について、 »