« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月18日 (日)

松山城

マドンナバスに乗る前に松山城へ行ってきました。

VFSH0141 街からはロープウェイとリフトが、城の少し下まで伸びています。
ロープウェイは少し待ちますが、リフトはずっと動いているので、少人数だとリフトを使う方が良いでしょう。と言うか、リフトの利用率の方が高かったかも。(笑)
リフトが怖かったりすると無理ですが、、

そこから天守閣までは割りと歩きます。
ある程度若い人にはさほど苦にならないでしょう。
数人組のギャルっぴ達(死後? 爆)も元気でしたので。(笑)

現在、天守閣がメンテ修復中で、そこまで見に行くには今一です。
天守閣内には入れるのですが、入場料がかかるのでパス。(^_^;)

VFSH0143

まー城らしい所はそこここにあるので、必ずしも天守閣にこだわらなくても良いかも知れないですけどね。

VFSH0147 個人的に目に付いたのは、城壁にある小さな穴。
攻め登ってくる敵に向いている銃眼です。(写真でわかるでしょうか??)
やはり城って、戦う為の城塞なのだと実感した次第。

あとは珍しい木とか。。VFSH0148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

マドンナバス

先日、乗ってみました。

VFSH0138

外面はマドンナといった風情をしていますが、乗り心地はとてもマドンナと呼べるものではなかったです。
硬くてよく跳ねる乗り心地と、男的なディーゼルのエンジン音は、マドンナという響きとは遠いものでした。
特に「跳ね」は、薄いシートと相まって、尻が完全に浮いてしまい、安全面でもヤバいか?と思いました。

満員であればまだマシなのでしょうが、この時の客は私一人。(^_^;;)
降りた時に入れ替わりに一人。(笑)
道後温泉まで行かないのと、この出来ですから、あまり乗る人がいないのでしょうね。

VFSH0140 まー実際に乗るよりは、写真に撮って観光気分を盛り上げる代物と言えます。
ただ一乗車 \200なので、目的地次第ではお徳かも知れません。

決まった道を通って一周するのですが、ロシア人墓地に行く道が結構狭い。
普通のバスはそこまで行かないでしょうから、そこへ行くには小ぶりなマドンナバスが最適なのでしょうね。
ただ、まわりには日本人墓地もたくさんあるし、その場自体が墓地だったりするので、とても写真を撮る気にはなれませんでした。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

もう少し政治ネタ

選挙が終わってから、一部では選挙結果に不満たらたらで、小泉政権を声高に否定する記事が目に付きました。
何でも小泉政権は、歴代の政権や歴代野党にも劣る最低の政権だそうです。

で、そんな記事の中で思ったことを、、

・何一つ良くなっていない。 、、そうで。
建て前上は、景気が少し上向いてるらしいけど。。
小泉政権が誕生して良くないことがあり、良いこともなかなか成果が上がらない。これは事実でしょうね。
ただ、それまでの政治のツケ(国民にも責任がある)を清算している面があることや、改革の足を引っ張って骨抜きにする連中がいることから、それで小泉政権を声高に否定しようとは、私は思いません。
ただ、骨抜き改革で未来にも展望が持てないことについては、私的にかなりポイントが落ちます。

・神の国発言した人の方がマシ
小泉政権って、結構あの政権から政策継承してるんですけど。。
あの方がヤ○ザ顔なのと(^_^;)密室で総裁就任したことで、イメージは天地の差ですけど。。
小泉さんがあの方の派閥にいる(もう過去形?)こと、首相交代時に連立与党はそのまま続いたこと、それだけでも前政権とのつながりが浮き彫りになっている。
どちらも右に傾いてるし、、、神の国発言も靖国参拝も、思想には大差ないよ。

・それで、、
小泉が駄目なら、具体的に誰がいいのだろう?
引き合いに出されて「マシ」とおっしゃっている人を推す訳でもないだろうし、、
又、どんな政治なら良いのだろう? 昔は良かった、とか?? (^_^;)

ただ反対するだけなら昔の野党と一緒ですね。

・自民に入れた奴らは、この国や自分たちがどうなっても文句言う資格はない。
きちんと公約を守った結果でしたら、ですけどね。
例えば首相が終戦の日に靖国参拝して、中韓の反日ムードが全開になって景気に悪影響を及ぼしたり、在外日本人が殺害でもされたら、これは文句言えないでしょうね。
でも今回の公約にはなかったような、、、あくまで首相就任時の話ってことで。。(^_^;)
が、郵政民営化が骨抜きで半民営半官営みたいな状態になって悪くなるのなら、投票者には文句を言う資格は十分にあります
道路公団民営化の件も然り。

# ネタとしては大量TBできそうですけど、わざわざ多くの人に反感買うのもナンなので止めておきます。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

自民大勝ですかぁ、、

首相の人気か郵政民営化イケイケか、はたまた刺客と称される候補の人気からか、えらく大勝したようですね。

今回マスコミが、以前の大人気の時ほどには味方していないのに、その時以上(?)に自民を圧勝に導く。これは凄いことではなかろうか。首相恐るべし。(^_^;)

恐らくは、首相の支持率が表面上落ちているときでも、潜在的支持率はずっと今ぐらいあったのかも知れません。いや潜在的と言ったら、今以上に潜在的人気があるかも。。

この勢いで天下り禁止でもしてくれれば、私も支持者の側になれるんですけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

セガラリー2

今ではもう、かなり古いゲームの部類になりますが、久しぶりにゲーセンで見ました。
久々にプレイすると、Champion ship全面クリアができなくなっててやんの。
随分と腕が落ちたものです。(^_^;;)

まー、このゲームが現役だった頃でも、全4面がクリアができるという「だけ」だったのですけどね。
そこそこプレイされている台では、タイムランキングに入ったこともありません。
平日の観光地あたりで、毎晩電源を落としてるような台だと、何とかランキングに入れましたが。(笑)

腕はともかく、結構やり込んだゲームなので、それなりの思い入れがあります。

このゲーム、実車のダート走行の巧い人によると、かなり実車に近いのだそうです。
ゲーム的な動きもするらしいけど、、、だいたい私がWRCのラリーカーを動かしたら、スピンしたり突き刺さったりばかりで、まともに動かせるはずがないし。(^_^;)

最近のでやった車ゲーだと頭文字Dぐらいですけど、、車ゲーってとっくに進歩の余地がなくなっているのかな、という印象ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月 7日 (水)

選挙、、いろいろ言われてるけど、(お題)

小泉独裁なんてのは、あまり気にしないですね。
今回の対立候補は「なかなかやるなー」とは思うけど。
(私の選挙区では見受けられなかったので「徹底してる」とまでは言い切れない)

本質は、加藤の乱を潰した時と大して違わないんじゃなかろうかと思う。
あの時、声高に(森内閣不信任)否決を叫んでいた野中。
比較的多かった加藤派を抑えつけるのは独裁じゃないのか??

それはわかりやすい政争ぐらいにしか見えないんですけどね。
何歩か譲って独裁と言う言葉を肯定するとしても、総理の独裁だけが独裁なのか?
以前はずっと自民一党独裁なんて言われ続けてましたが。。

別に小泉総理を全面支持する訳ではないが。
(むしろ実績としては不支持。自分が有志を連れて自民を出るか、造反予備軍も追い出すなら、今より支持しても良いかとは思う)
一党と一部の利権集団で行う古くさい独裁は勘弁して欲しい。
それぐらいなら、まだ小泉独裁を選ぶよ。徴兵だとか言い出したら、無論完全不支持だけど。。

自分の生活は、当然良くなる方が良いに決まっているけど。。
子孫を犠牲にする自分の世代だけ良い生活にはとっても抵抗あり !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民審査

今回の投票、先の週末で不在者投票を済ませてきました。

で、今回「も」ノーマークでした。最高裁判所 裁判官 国民審査。(^_^;)

これについてはずっと、パソコン通信の時代から情報不足だと言い続けています。
最高裁については広く知らされているという反論を受けたこともありますが。。
新聞で一面を埋めるような判決を見回しても、裁判長とごく少数の判事の見解が取り上げられているだけ。
到底、国民審査の全員を判断するだけの情報は集まらない

まずは、投票所にいくらかの判決と見解を簡潔に記しておくぐらいする必要があると思うのですけどね。

とりあえず、投票前に↓を見ておくと良いようです。
~ 忘れられた一票 ~
忙しい諸氏が目を通すには少々文量が多いのですが、しっかり国民の権利を行使するには、一度は見ておいた方が良いでしょう。
ちなみに私は間に合いませんでしたが。。(爆)

それでは、これからの投票が、質のある投票となりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

9月のドライブ

ココログでは言わずもがな、ですかね。
私は常日頃からドライブのテンプレートを望んでたので、早速替えてみました。

ただ、このテンプレートのように家族いっぱい私には似合わない
私は「車はもっとパーソナルなもの」と思っているので。
又、独身(&結婚歴も、結婚が近かったこともなひ)なので、自分の現実と違い過ぎですね。(自爆)

あと、他のテンプレートにも言えるのですが、記事の背景が色、特に原色だと不都合があります。
字に使った色とかぶるのです。
そのテンプレートにしてからは気を付けるのですが、溜まってきた記事を全部チェックして修正するのは無理と言うものです。
(よほど暇なら別だけど)
そういう古い記事ほど、検索に引っかかって読まれやすいので、読んでくれた方には申し訳ない。(・_・;)

とは言え、背景色で選ぼうとすると、好みのものがなかったりして「まー標準でいいか」となります。(^_^;)
取りあえず、よく使うの背景は避けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少々チャチャ入れ・・理系の男はなぜモテないのか

ネタ不足につき感想系に走ります。(^_^;)

こちらの記事「理系の男はなぜモテないのか」が割りと反響を呼んでいるようです。
内容は、TVや本で言われていることに近いのですが、より簡潔に述べていてわかりやすくなっています。

ただ「問題解決力があり過ぎてモテない」ってのには疑問ですけどね。
数多いTBにも「解決力があるなら、解決してモテるはず」「恋愛解決力はない」と言うのが見受けられます。

私なりに補足するなら、
1. 実は解決「力」はさほどではない。ただし、論理で解決しようとする「気」は旺盛
2. 他者の問題提起・解決には積極的だが、自分自身のことでの問題提起をしない。自分に問題があると思わないから「バカ女が悪い」「なぜモテないんだー!(>O<;)」となってしまう。

まわりの男を見ても、
2-1. 恋愛や異性とのコミュニケーションにさほど興味がない。それで、まわりの男も含めて外見や機会のせいにしてしまう。
、という風になるのでしょうね。

自分に当てはまるのは、まさしく「解決力がない」ですね。(*_*;)
それに輪をかけて、今は解決の為にエネルギーを注ぐこともないので、ないに等しい縁が一層遠くなっています。

エネルギーを注がなきゃならんことは他にもいくつかあって、とても恋愛・結婚に注力できないですもの。
特に私では、少々エネルギーを割いたぐらいじゃ、戦力の逐次投入という無駄でしかない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »