« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

夜は運転しにくい

まー絶対的な運転のしやすさでは、昼間の方が運転しやすいですわな。

好き嫌いで言えば、明らかに夜の方ですけどね。
景色を楽しんだりするよりは、ドライブそのものを楽しむ方ですから。(笑)
車や人が多いと、あまり楽しめない割りに神経を擦り減らします。
公権力による集金屋(爆)も昼間の方が活発だし。。

とは言え、夜がキツいのも確か。
ヘッドランプの範囲しか見えないので(当たり前だけど。笑)、その範囲でしかアクセル踏めないし。
(平気で踏めるバカがうらやましいこともたまに。苦笑)
見えないということは単に障害物やセンター・路側のライン等が見えないだけではない。
道路の荒れのような路面状況もわかりにくい。
さらに雨が降ると余計にわからなくなる。
対向車や後続車の眩しいランプで視界を削がれたりもするし。。(~_~)

VFSH0165 まー、人や車が少ないってことは、それだけ条件が悪くなるってことなので仕方ないのですけどね。
ところで、私は10~20代ではマイカーを持たず、運転も殆どしなかったので、20代での運転能力がピンときません。
(10に対して、お前は中坊から運転してたのか?ってツッコミはナシよ。某マンガの豆腐屋の息子じゃないんだから。笑)
20代と30代以降でどの程度違うのでしょうか?

----------------------------------------
http://norick.txt-nifty.com/inside/2005/10/post_2834.html
のりっくさん、いつぞやはトラックバックどうもです。
今回は、とっても遅いトラバ返しみたいなものでしょうか? (笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

おラーメン

また辻本よしふみさんの同じ記事 国会議員はもっと身を削れ。それから「お上流向けのおラーメン」、ぷっ! からのネタです。
(トラバを重ねるのもアレなので、この記事からはリンク貼るだけにしておきます)
ネタが全然別なもので、こちら側の記事を分けさせていただきました。

一時期、有名店のカップめんてのがありましたね。
今もあるんでしょうか? CMはもう見ないですけど。。
1, 2回ぐらいは食べたことはあるのですが、安いカップめんと比べて美味しいとか、価値があるとは感じませんでした。
店の味を出したいのはわかるのですが、それは単に違和感にしかなっていませんでした。

この有名店シリーズには冷凍めんもあり、こちらはきちんとしたラーメンでした。
説明通りに普通につくれば(てゆーても炊くだけですけど)、実際の店でハズレをつかむよりはよほど美味しいです。

# ラーメンはめんの湯切り一つで味が変わるから、下手されるとハズレができます。
  これは有名店ならなお避けられません。
  バイトらしき従業員が多いようなので。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

レクサスのこと

辻元よしふみさんの 国会議員はもっと身を削れ。それから「お上流向けのおラーメン」、ぷっ! にトラバしようと思いますが、中身は表題の件ではなく終盤のレクサスの話に突っ込んでます。

レクサスと言えば元々アメリカの販売チャンネルの一つで、ついこの間まで日本では一部の車通ぐらいしか知らなかったものですが、今や興味も関心もない人でもレクサスを知っているようで、時の経つのは速いなーと感じる次第。(笑)

基本的にはこの手の高価格車は、私とは何の関係もないのですが、かなり薄い関係ならあります。
レクサスIS200なる車はアルテッツァの欧米版で、アルテッツァの4気筒版のエンジン形式名がウチのセリカと同じなのです。
まー、エンジン自体には15年の違いがあって、実態としては全くの別物ですけど。(笑)
さらに、欧米のIS200は6気筒版だけだったりしますが。(爆)

まー金があってセダンらしいセダンが必要になれば、アルテッツァ/IS200は選択肢に入ります。(あくまでMT限定で)
もっと大きくてオートマしかないのはお呼びじゃないけど。(笑)

------------------------------
こちらにて、ラーメンネタにも突っ込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

若松エコタウン内の風車

VFSH0157

北九州市 若松。
ここには軽くドライブで来ることがよくあり、先日は風車を見に行ってきました。
風車と言ってもオランダあたりにあるようなクラシックなものではなく、風力発電機という方が正確なのでしょう。

この風車のことはmixiで聞いていて、先日つい気が向いたので探してみました。

VFSH0155 この風車が結構デカい
近くにショベルカーがあったのですが、それと比べるとまるで怪獣とミニチュアといった感じでした。
ショベルカー自体は小型のものでしたが、それを差し引いても大小の差は明らか。
(ショベルカーは取り損なってました。m(_ _)m)

高い位置の強い風を受ける為か、羽根を大きくして多くの風を受ける為か、、まー想像より大きいということでした。
写真だとあまり伝わらないかも知れません。
(私も写真は先にmixiで見ていたので、笑)

この風車についての詳細は、近くの白島展示館にあるのですが、ここの写真を撮るのを忘れてたので(^_^;)、ここ展示館の話は次の機会にします。

VFSH0150 ちなみに近くの公園。
カラスの憩いの場になってました。(^_^;)
VFSH0153 # 倉庫らしき建物といっしょに写ってるのがあったので写真追加します。
建物とは少々離れてるので、いっしょには撮りにくいのですが、これは結構まともに撮れているようです。
でも、悪天候の日に行ったので暗い写真ばっかり。(^_^;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

小泉さんは、、、

人の言うことを聞かない。
小泉は独裁だ。

こんな風に、選挙が終わってからもずっとブーたれている人多いですね。ネット上では。。

郵政法案を通せばまた独裁独裁。
正直もう聞き飽きてるんですけど。。(~_~;)

では小泉さんは本当に人の言うことを聞いていないのか?

少なくとも、聞くこと = (黙って)従うことであれば、ブーたれている人たちの言う通りでしょうね。

しかし、全く話を聞いていない訳ではない。
よく話を聞き、公約に極力反しない範囲で最大限取り入れている。
8/15 の参拝だってしなかった。(毎年はしているようだけど)

世間からの骨抜き改革という評価。(私自身も到底 評価できない)
それこそが、ここで言われている「人」の言うことを聞き続けたという証である。

聞かなかったことはただ一つ。
党の公約を破れ! ということだけ。

# 尤も、ここで言う「人」とは、既得権益に染まった議員さんのような、ほんのごく一部の人を差し、まかり間違っても一般庶民のことではないらしい。(苦笑)

で、郵政は特に修正することもなく通したのですよね。
私としては余計な雑音を排して、本当の改革となるような修正をしてもらいたかったのですが、「人の言うことを聞いた」結果の妥協法案の方を通してきた。

これで人の言うことを聞いていないとは甚だ疑問ですな。:-P

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

情報処理試験 - ソフトウェア開発技術者

年2回の情報処理試験が先日の日曜にあり、私はソフ開を受験してきました。

先週書いたように、事前勉強があまりに足りなかったので到底、合格には及びませんが(前回の受験より出来が悪い感触)、勉強量の割には比較的できた方だと思いました。
全受験者の平均点以上は得点できているのではないかと思います。
(要報告? 笑)

まー、自分の勉強不足を差し引いても、今回は結構難しかったのではないか思いました。

集合の演算は相変わらず苦手だったりしますが、それでも前回より複雑だったような気がします。
EJB, UML なんかも、情報処理の参考書に書いてある程度の知識では、おそらく正解を特定できない。
書き込み可の光ディスクも、ああいう突っ込んだ問題では、正答に自信持てない人が多いでしょう。(何となく選択はできるけど) 定番の書き込み可、何度も書き込み可なんて聞き方じゃないので。

ただ、この手の知識問題は、わかる人には簡単な問題でもあります。
問われている技術について多少でもカジっていれば常識のレベルです。
よく言えば実務的、わるく言えば受験者いじめとも言えます。

午後Iは、、プログラムとSQLが難点でした。
プログラムの方は、無駄な時間を喰いそうだったので、さっさとパスしました。
SQLは、、多少でも書き慣れているか否かで随分違いますが、私はここでも勉強不足が祟りました。SELECT, FROM, WHERE なる句をすっかりど忘れしてましたもの。(*_*;)
ただ、それを差し引いても、やはり難しいように見えました。
情報処理でよくある SELECT ばかりでなく、CREATE, INSERT, DELETE, UPDATE なんかも十分使えないと点を取れません。(意味だけわかってても、午後は不十分)

午後IIはデータベース設計。
これがきちんとできるなら、次はアプリケーションエンジニアを十分狙えるでしょう。
それくらい似通ってました。

あと午後は、答えを書くだけでも時間を喰ってしまいました。
PCでの文書作成に慣れ、鉛筆で字を書くことをあまりしない社会人には、ちょっとした落とし穴です。
しかも書く量は1年半前より増えてる(気がする)し、、、単に私がナマっているだけ? (苦笑)

ソフ開の試験はこんな感じでした。
思ったこと感じたことを書き綴ってみましたが、少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

わがセリカ近況、、ショックが、

ここでは久々の、ST-162 セリカ君の近況です。

出張日記の方に書いてるように、日は開くものの、ちょくちょくドライブしています。

先週より、どうも乗り味がぷよんぷよんと言うかふわんふわんと言うか、足の弱った一般車かバスのように揺れるようになってきました。
どうもショックアブソーバーが寿命のようです。
我慢すれば乗れないことはありませんが、私的にはもはやショックの役割を果たしていない状態と言えます。

さて、ショックなんて単なる消耗品なのだから当然交換ということになりますが、ここでいくつかの問題があります。

・(貧)である。
いつものベタなネタです。(笑)
単に金がないというだけでなく、どうせなら、ずっと行ってなかったサーキットへの復帰を考えてアルミとタイヤをもう1セット買って、、、と思うと今はとても手が出ません。
てことで、

・サーキット復帰を視野に入れるか?
ほんのちょっとマジです。(・_・)
具体的にはカヤバを考えているのですが(普通に買えるものは、他ではあまりない。カヤバでさえ今あるかどうか怪しいけど、、)、前後ともストリート用(SRスペシャルとかいうの)にするか、前をクライムギアにするかです。
クライムギアはゲロるくらい固いという話があり、調整もできないので躊躇するのですが、サーキットを走るなら少しでも走りの性能を上げたいので、考えてしまうのです。
(まークライムギアも扱いはストリート用みたいだけど)

今みたいにドライブ程度で終わるのなら、前後ストリート用でも、今ついているTRDでも良いのですけどね。

# なんて言いつつカヤバのHP見たら、クライムギアが終わってました。(*_*)
  選択肢はSRスペシャルだけになってた。。

ちなみにノーマルは駄目。バネとのバランスを崩すから。

・日程の調整
お給料と相談するのは当然ですが、注文に行く日と取り付けに行く日を確保しておかなければなりません。
出張がはじまると当分は手がつけられなくなるので、早めに片付けるか後回しにするかも考え所です。

いつも車検している車屋はちょっと信用できない所があるから、トヨタネッツ店かJMSでの注文を考えてます。
オートバックスは却って高くつくのでパス。

ショック交換の話だけなのに、割と長くなりました。
こういうことだけでも結構ワクワクするんですよね。(^ー^)

========================================
参考: うちのセリカについての記事
My ST-162 セリカ  (チューン編1), (チューン編2), 修復歴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

情報処理試験が近いのに、、

そして 10/8~10 の連休がヤマだったのに、まるで勉強できなかった。
まー、できなかったと言うよりは「しなかった」んですけど。。

以前に比べて、えらく「やる気」がなくなってます。
試験場に行かない、とまで逃げ切る気もないのですが、無気力に等しい状態になってます。

毎度の、本試験での出席状況を見ると、やる気のない人は多いようですけどね。

結局はやる気を出さない自分自身の問題でしかないですけど、それではネタにもならないので(苦笑)、なぜ「やる気」がないのか少し列挙してみようと思います。

・大して仕事の役に立たない
これも仕事に生かせない自分に対する言い訳にしかならないのですが。。
実際、与えられる仕事の中ではなかなか生かせないのですよね。
特に情報処理だと、範囲が広かったり表現が独特だったりということで、仕事では必要ないことも多い。

実際、これまで勉強したことの多くを忘れていき、ゲットした資格が本当に名ばかりになっていくのを思うと、勉強する意欲はなかなか維持できないものです。

・単なる知識問題ではない
こういう問題が結構多いので、まとまった時間で、きちんとノートでも用意して取り組む必要があります。
単なる知識の試験(プラス少々の操作程度)であれば、通勤電車やちょっとした時間に参考書でも読んでいればいいのですが、情報処理の勉強にはあまり向かない気がします。
逆に言えば、取得点数の限界を承知で、ハンドブックみたいな参考書で知識問題に絞って勉強するのもアリだと言えますが。

・前回の試験から日が経っている
情報処理の試験では、二度三度と受ける人も多い。
恥ずかしながら私もストレートで受かったのは一度だけ。(^_^;;)
この時、下位試験なら毎回あるので、弱い所を絞って勉強して合格! もしやすい。
しかし、中上位試験は年一回なので、前に勉強した所があまり残っていない。
更に仕事で一度受けられないと一層キツい。
一からやれば別にいいやん、と言えばそれまでですが、同じことをやると、前回より「やる気」が落ちるものです。
半年ぐらいまでなら却ってリベンジに燃えたりするものですが。。(^ ^;)

・少し勉強すると頭が疲れてヘロる
わざわざこんなことをネタにするくらいですから(笑)完全に投げてる訳でもなく、たまに勉強しようとするのですが、参考書数ページで、、、のび太くんになってしまいます。(笑)
特に数学的な部分がキツいです。(~_~;)

歳喰うと使わない所は衰えていくようで、もう年寄りの仲間かと実感させられてしまいます。
頭を普段から使い続けていく。(試験前でも)常日頃から勉強し続けている方が良いのでしょうね。
私ゃ元々、一夜漬けなんてできない体質だし。(起きてるとひたすら逃避する)

それでも受けようってんだから、今からでもちったぁ頑張らないとね>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

マンガ中国入門

嫌韓流の次はこいつか、いうタイミングで本屋に並んでました。
あまり繋がりはなさそうでしたが、、

こちらは某有名マンガ家が、自分のキャラを駆使しつつ中国批判をしているもの。
あの方が言うなら信用できる、と思う読者さんも結構いるのでしょうね。

内容は、、、知らない人が見るとかなりショッキングなものです。
世界とんでもグッズとして○肉の缶詰なんかがあるのもうなずけてしまいます。

ちょっと苦笑したのが「交通警察は罰金をビシバシ取り、」って部分。(本を実家へ置いてきたので、文章の記憶はあやふやです)
その部分だけ見ると日本の警察(交通行政)そのもの。
尤も、わざわざ書くぐらいだから日本より酷いのでしょうが、近いうちに日本も負けない程度には追いつくんじゃなかろうか。
日本の警察組織もそこそこ腐ってますからねー。(~_~;)

もしかしたら著者は、日本の警察の現状を知らないのかも知れないけど、、国民でも知らない人は結構いるし、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

「ブログを誰に対して書いているか」を見て

http://yas-toro.at.webry.info/200507/article_96.html
こちら。特定の人に向けた記事を書き続ける意義を語っていますが。。

単なる記事だと、特定の誰かに向けたものを毎度書ける人がどの程度いるだろうか?
実際、多くの人がブログを雑記に使っていて、特定の人に向けていて価値のある記事というのはそう多くはないようです。

あっても、言及と称しつつ他人への批判・非難・反論と、あまりポジティブに見られない話が多い。(苦笑) それって一見、人様に何かを訴えたいようでいて、実は高見から人を非難する自分に酔う面が大きかったりして、本当はさほど相手を意識していなかったりします。
その証拠と言ってはナンですが、、その非難に対して反論が加えられると、大抵は議論で抵抗しますが、そのとき反論の相手のことを殆ど考えてない

まーここでは批判・反論の是非を問うのではなく、そういうことと元記事の「誰に対して」とは別物だということです。
この記事での「誰かに向けたトラバ記事」は、一部ブログで言及と称される非難・批判の類とは別物。
逆に言えば、同じものにしていくことで記事の価値を上げることができると思われますが。。

で、特定の誰かを意識するならやはり、まずはトラバからということになりそうです。

よほど書ける人なら、それこそトラバ等に頼らなくても誰か向けの記事を書き続けられるでしょうが、なんでもアリの雑談系ブログを運用しているような普通の人は、なかなかそうはいきますまい。

実際にはトラバでも、特定の読み手を意識していない記事が多いようです。
まずはそこから、どれだけ「特定の読み手」を意識できるか考えてみると良いだろうと思いました。

そう言ってる私は、相も変わらず特定の読み手には向いてませんが。。(苦笑)
この記事自体が不特定の人を向いてたりします。トラバ先は一つなのに。。結局私が一番わかってないのかも。。

とまー、感想と自論がごっちゃになってまとまらない文となりましたが、せっかくなのでトラバさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »