« そのオーラさえ脱げれば、 | トップページ | 恋愛ゲームから降りても »

2006年2月16日 (木)

自慢にもならんが、

前回の記事でも触れましたが、私はモテナイ君です。
バテレンタインデーも縁がなかったし。。一部で流行のスパムトラバもない。(笑)

それなりの人生経験はあるので、異性と付き合ったことが全くない訳ではないですが、、

多くの人が一人の異性と付き合い始めてから別れるまで(結婚状態は除く)の恋愛経験の平均を"1"とすると、私の恋愛経験は"1"に遠く及びません。どちらかと言うと、やはりゼロに近い。(大笑)

そして現在、異性と出会う努力・異性と付き合う努力は、殆ど放棄しています。

別に投げやりになってる訳でもなければ、ハード○゛イ好きでもないんですけどね。(笑)
かわいい彼女は欲しいし、バカと言われるくらいイチャイチャもしたい。(注. 実年齢はハタチ以上希望。爆)

ただ、やる必要のあること・やりたいことをこなしていくと、異性ゲットに割くエネルギーは残っていないのです。
ないものを得ようとすれるには、それ相応に(あるいは「相応」の何倍も)努力しなければならない。

その為には自分の中の何かを切り捨てなければならない。それもかなりの部分をバッサリと。。
でなければ、努力する為のエネルギーは捻出できない。
そもそも自分をバッサリ切ったら自分自身の魅力・個性は全くのゼロになり、真っ当な異性がついて来てくれるはずもない。

そして私は、バッサリいかない方を選択したのです。
努力しても付き合ってくれるかどうかもわからない異性の為に、、極論で言うと、、自分自身を捨てることはしなかった。

それで後悔はしていません。
自分に振り向いてくれるかどうかもわからない異性に気を使い続けているくらいなら、一人でちょっとドライブでも行った方が楽しいし身になるもの。
そりゃ気を許せる異性とのドライブなら言うことないけど。。(^_^;)

ただ、モテ要素の中には、友達付き合いにも大事なもの、仕事上でも大事なものがあります。
それらへの努力は特に惜しもうとは思わない。(努力不足ではあるけど、)

要点: 人生、異性との付き合いにこだわる必要はないっしょ。

|

« そのオーラさえ脱げれば、 | トップページ | 恋愛ゲームから降りても »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

男女の問題、性関連、他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/8686683

この記事へのトラックバック一覧です: 自慢にもならんが、:

« そのオーラさえ脱げれば、 | トップページ | 恋愛ゲームから降りても »