« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

そうなんですか?

妄想系乙女の末路 : 女は中学高校時代にモテておくべきである。
http://blog.goo.ne.jp/icecreamscream/e/146c3f9318b3a55899ec3e7e3afedd93

他にも非モテ系のページを見ていると、学生時代に恋愛するのが当たり前のようですが、それっていつからなのでしょうね?

少なくとも、私ぐらいの年代だと、高校ぐらいまでは恋愛「しない」のが当たり前だったように記憶してます。
中学・高校で何組かカップルはいましたが、それでも学校生活の中で数える程度しかいなかったです。
(私の知らない所でもっといたのかも知れないけど、、一組カップルを見たら十組はいると見ても、とても「付き合い」が当たり前とは思えない)

あとは、年上のナンパグループに引っかかってる子などはいました。
知り合いの女子に声をかけられたら、デカくて明らかに年上のヤロー集団と一緒にいたりしてビビったものです。(^_^;)

ただ女の子が、中学ぐらいから男に興味を持ち始めた(らしい)のは顕著でした。
ある日、突然挨拶をはじめたり、何か自分に興味を持って話しかけたりし始めたのです。
昨日まで私を白い目で見てた子までが。。
(小学校の頃に、男女の対立みたいなものに混じっていたので、女子には嫌われてた)
今でも、あれは仕込だったのではないか? と思っているぐらいで、その当時はどう対応してよいものかわからなかったものです。

そういう状況は、今にしてみればむちゃくちゃ美味しい状況だったのですが、そこで「お付き合い」に至るのは無理でした。
当時の私は、男子いじめカースト制の最下層にいて(つまり、いじめを受けていた。2*)、色気づいた行動は関わった女子にまで迷惑をかける状況にありました。
カップル成立は、いじめカーストの上位のモノか、いじめカーストに関わらないで済むだけの力(1*)を持った者に限られていたのです。
ぶっちゃけ、不良の特権みたいなもの。

それ以前に、平均よりちょっとお勉強ができただけの取りえのない私に、いつまでも興味を持たれることなどなかったですけどね。(^_^;)
ちょっとした流行りみたいなものでしょうか?

(1* 喧嘩の力や群れる力が大きい。それだけでもないけど、)
(2* 30代近くまでいた会社まで、ほぼ似たような状況が続いた。)

高校では、もう少し美味しい状況でした。
なんせ、小学校からの知り合い、特に女子では殆どいなかったのですから。
それでも、私自身がそう美味しい奴ではないので、やはり美味しい状況は続きませんでしたが。

自分自身にも恋愛マインドが殆どなかったのも大きかったです。
友達も恋愛マインドのないヤローばかりでしたし。

あと、高2~3の頃は、私とお友達Yでヤオ○ネタにされてました。(爆)
Yがカマっぽい奴で。(-_-;)

以後は女性が圧倒的に少ない環境へ行って、恋愛不自由人生まっしぐらとなるのでした。チャンチャン!(笑)

ってことで、私の年代の中高時代は、女の子の方はそれなりに恋愛マインドがあったようだけど、そんなにビシバシ恋愛はなかったね、という話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

スパムトラックバック

屈折十年、やっとスパムトラバが、(笑)

ってことで、いくつかのトラバが記事と関連がなく、H系・出会い系だったようなので、削除させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

ココログの表示が、

今日('05/03/29)はおかしい。

本文の欄が空白になり、本文の右部がサイドバーの真下に表示されたりしている。

追記:
直った様子。もう大丈夫かぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦(てーか夫の(?))の痛いお話

ニャー速。 : ●鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい
http://www.nyasoku.com/archives/50395674.html

2ちゃんでの話を転載(引用?)したものみたいです。
とってもコメント欄が長い。2ちゃんねらーのコメが多いようで、すっかりしねしね団状態。(笑)

元の2ちゃんスレは、もうなくなっているようですね。
2ちゃんツールを入手してまで見ようとは思わない。

この奥さん、さんざん悪女扱いされていますが、私ならこーゆー人と一緒になるのもいいかな、と思ってます。
そりゃー自分の物を捨てられるのは勘弁して欲しいけど(`-' アタリマエヤン)、少なくともこの奥さんは旦那の痛みを感じる神経はある訳で、女性全体から見れば選ぶに十分値すると思うのです。
尤も、自分の方がもっとヨリドリミドリで選べるなら、もっと分別のある女性の方がいいのですけど。。
離婚されたら相談にのってみてもいいです。結構マジで。。

ただ、こういう話を見ると、やはり一生独身でもいいかなー、とも思ったりします。
私程度の男では、このような人の痛みを感じられる女性でも高嶺の花で、もっと酷い女性じゃないとつりあわないでしょうから。
実際、人の痛み(特に自分らと感覚の違う人の)など屁とも思わない女性って、相当数いますからね。旦那には自分の物なんか持たせてもらえないって夫婦も。。
うう、考えただけでゾッとする。。(苦笑)

旦那さんの様子については、

406. Posted by ><;
原因はあくまで自分に有ると思ってるから、他の物は妻の手を煩わさなくて済むように自分で捨てたんだと思う。
彼にとって鉄道模型以上の心の拠り所は無かったし、今は妻以上の心の拠り所は無い。
それを誰かに分かって欲しい。勿論彼女に一番理解して欲しい。
その過去は今の彼を二重に苦しめる。
妻に対する罪悪感と、拠り所を失った喪失感。
まだ気持ちの整理がつかなくてハッキリと言葉に出せないけれど、彼女のことを一番に考えているのは間違いない。

が当たっていると思う。

407. Posted by ><;
一概にいいよ、許すよって態度を切り替えるのも難しいだろ。

許しきれていないって自覚もないのかも知れません。
ましてや、何をどう許せばいいのかなどわからない。
ただ、許してないのとは違うので「どうして許してくれないの?」等と思う必要はないでしょう。

この夫婦、お互い好きあっているのだから、これを教訓に歩み続ければ状況も良くなると思います。
特に奥さんは、その痛みを二度と忘れてはならない。忘れて何かしでかしたら、今度こそ破局・破滅は間違いないでしょう。
---------------------------

以下は、あまり関係ない駄文コメです。

368. Posted by ><;
男性の意見も、結局人間関係より物を大切にしろって言ってるみたい。

私、自論として「物を大切にできないお方は、人も大切にできない」と考えています。
たとえ普段は相手を楽しませたり、表面的には大事にしていたとしても、、いざという時に大事にするかは疑問あり。

そもそも物ってのは無から湧いて出てくるものじゃない。
それぞれ、人様の血と汗と涙と愛の結晶なのです。
それをわかろうともしない者など、ただの知り合いとしても願い下げですわ。

女は馬鹿って言ってる人達は、自分の母親や姉妹に対してもそう思ってるの?

育ててもらって悪いけど、自分の母親は馬鹿だと思ってます。
頭がではなく、人格が馬鹿。
雪印に送り込んだら、メグミルクブランドを出すこともかなわず、あの会社を完全消滅させられるぐらいの威力があります。

ただ、女だから馬鹿だとは思っていませんけどね。
少なくとも、ネットで知ってる奥さん何人かは、確実に馬鹿ではありません。
旦那がうらやましいですわ。(爆)

673. Posted by ><;
更に、それが自分の軽蔑しているものだと、気持ち悪くなる。

上記の自論に当てはめると「自分の気に喰わない人間は気持ち悪い」となるのですが。。ええ、一方的な解釈は承知の上で。

物にじゃなくて、自分に磨きをかけて、自信を持てる人が好き。

私は、自分を磨くことと物が密接に関係してますからねー。
ある日突然、車とPC棄てられていたら、しばらくは自分を磨くなんてできない。

それ以前に、物をないがしろにする人間は、自分を磨いてない幼稚な人間としか思えませんが。
これも主観と言われればそれまで、ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

就職活動体験談

marinekoさんの所のコメント欄での流れで、つい書くようなことを言ったので、恥を忍んで書いてみます。
Fragments : 脱専業マニュアル!
http://fragments.marineko.moo.jp/?eid=199970#comments

新卒で辞めた会社を辞めて何年かし、IT技術職に就こうと思うようになりました。
これが苦難の道の始まりでした。

下準備としては、まず資格を幾つか取りました。(下位資格を含めたら15以上、試験科目をカウントすれば30科目にはなる。笑)
これで職歴が開いたのがちょっと痛かったのですけど、、
就職支援相談会なる公的な無料の会に出て、職務経歴書の書き方や面接の受け方を習いました。(タイトルからして就職先の斡旋でもしてくれるのかと思ったけど。苦笑)

この前にはPCインストラクターにでもなろうと思って、Windowsを一から勉強し直してました。
(当時、DOSの知識はあったけど、Windowsは「アイコンクリックで使えるやん」とナメてて、殆ど知らなかった。既に21世紀になってたのに。。)
Word, Excelなどは何をどう手をつければ良いのかわからなかったので、スクールで授業受けました。
こっちの方面では、オフィス系の資格と、地域ITリーダーなるインストラクターもどきの称号を持っています。

この時期に上記の相談会の○×自己分析で、技術者向きと出たのが、IT技術へ行こうと思ったきっかけでした。(バカですねー俺)

この間に派遣にも登録しました。そこでいい仕事があれば、と思って。
ここではPCのキー打鍵テストなどあったのですが、PCいじる仕事はとうとう来ませんでした。(-_-;)
女性にはあったのかも知れませんが。。

派遣の面接はスムーズにいったのですが、仕事はなかなか来ない。
派遣では一日単発の仕事とか、1ヵ月単位の仕事とかしてました。

そういったことと並行して、近隣の企業説明会やハローワークに行ったりしてましたが、、
一般には、IT業界では技術者が不足していると聞いていて、それがやってみようと思った一因だったのですが、どうもその業界では、異業種からの中途は敬遠されるそうなのです。
最先端のイメージとは程遠く、かなり閉鎖的な業界でした。

経験者が不足してるって? それは人が不足してるとは言わないんですよ。業界の甘えでしかない。
と言っても、その道に行こうとしている者には、単なる負け犬の遠吠えにしかならないのですが、、

案の定、何社まわってもナシのつぶて。
ある所では、何をどうアピールしても「勉強(資格の)と仕事は違うよ」「その年でこちらの仕事未経験じゃねー」しか言われなかったこともありました。
資格もこの業界の閉鎖性の前には、

履歴書を、はじめは手書きで書いてましたが、合同説明会では何社もまわるので、PC印刷のものも併用していました。
こういうのは、却って不利になることもあるのですけどね。手が追いつかないので仕方がなかった。

で、目標にしていた資格が一通り取得できて、これからもっと就職活動に本腰入れようと思った時に一社決まってそこに飛び込みました。
緊急で人が必要になってたのだそうです。
その時に決め手になったのが、ついでに取った資格。(-_-;)
その時に本腰入れて取った資格は、未だに生かせていません。ほんの少しだけ生きたけど。。

これで就職できてメデタシメデタシ、、、ではない。
まだ準社員で稼ぎも少ないので、キャリア積んでこの会社で正社員になるなり、どこかの会社を探すなりする必要がある。
会社まわりは一息ついても、就職活動はまだまだ続くのでした。
いじょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

昨日おととい(3/21~22)は

車のタイヤを、スダッドレスから夏タイヤに換えたかったけど、雨が続いてできなかった。
まー、そのおかげで、WBC決勝をゆっくり見られたけど、、(^ ^;)

どうやら次の土日には交換できそう。
今回からはフロアジャッキがあるので前回よりは楽にできます。
ジャッキは、フロントの異音の元を確かめたくて買ったものなんですけど。。
これがあるのと車載工具だけなのでは、作業効率が圧倒的に変わります。

あとはインパクトレンチ。。。ジャッキもそうなのですが、冬春のタイヤ交換でしか使わない状況では勿体ないのですよね。
ただ、ジャッキの方は買ってしまったので、レンチも買っちゃっていいかなー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またブツけられてた、、

駐車場に車停めてて、用事済ませてる間にブツけられてることがよくあります。
私は特に運が悪いようで何度もやられるので、人様が停める所からはなるべく離れるのですが、それでも離れられない場合があったり、離れた所が却ってブツけられやすかったりして、やはりヤラれます。
そうでなく、一応安心できそうな時もヤラれる時はヤラれます。

今回気付いたのは、バンパーからフェンダー下部までヤラれていて、そのフェンダー部分がやや内側に折れ込まれていたことでした。

最近は通勤で、家の近くの駅まで車で行ったりするので、いつヤラれていてもおかしくない状況なのですが、、いつヤラれたのかさっぱりわからん。。(-_-;)

そのせいかはわかりませんが、ある状況で左に曲がると、右前輪付近からギァーギァー音がします。
ドライブシャフトかと思って車屋で見てもらったら違う様子。
ヘリカルLSDの音かなとも思うけど(アクセルの踏み方次第で音が出たり出なかったりするので)くわしくは不明。
ブレーキも疑わしい。。サイドブレーキ警告灯がなかなか消えないので。

この162セリカ、、車検まで持つかなー??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

SW-20 MR-2

MR-2が車の名前で、SW-20が形式名(番号)です。
知らない人から見るとさっぱりですね。(大笑)

実はこれ、中古車の購入対象としては本命だったりします。

この車のレイアウトはミドシップと言われる、スポーツカーとしては教科書的な、しかし市販車としては希少なレイアウトなのです。
こういう車には一度乗ってみたいと思っていて、いくつかのミドシップカーは私的な欲しい車のランキング上位にあります。

車名のMRはミッドシップ・ランナバウトという意味だそうですが、まずはミッドエンジン・リアドライブという言葉が思い浮かぶでしょう。
まさしくその通りの配置なのです。

こういう車は、後輪車軸あたりにエンジンが来るので、大抵は2人乗りになります。
(だからミッドという言葉に疑問は残るけど、本当に真ん中に載せると人が乗れなくなる)
その為、なかなか売れなかったようです。

この車、トヨタから出ているのもポイントです。
私は、本格的な車の整備ができませんから、やはりトヨタの車が安心できて良いのです。

載ってるエンジンが3Sなのは痛し痒しかなーと思っています。
セリカと同じエンジンなのでそれなりに楽しめる反面、同じエンジンの車に載るのは買い換えの楽しみが減るような感じもします。
まー、これを出したのが日産で載るエンジンがSRだとすると、個人的には魅力ダウンですが。(^_^;)

欠点は何といっても2人乗りだってことでしょうか。
ただ、荷物を置くスペースやトランクは普通にあり、この手の車としてはいくらか実用性があると言えるでしょう。
違法でなら4人を詰め込んだ例があったそうです。
セリカとは比べ物になりませんが。(マケオシミ)

それで、乗員のスペースはゆったりで荷物のスペースもあるってことで、ミドシップカーとしてはエンジンが後寄りで、それが欠点だと言われることもあります。
そのせいか、かなり扱いにくい車のようにも言われています。

この2人乗りと言うのは自分にとってもネックで、うかつに結婚話でも浮上しようものなら即処分させられる可能性もあります。
が、結婚する確立が天文学的に低く(そうなりそうな相手もいないし、積極的にそういう動きをしてないので)、現在実家にいるという好条件もあるので、この際2シーターも乗ってみようかと思っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

小泉批判には熱心だが、、

「小さな政府」は人々を幸福にしない 普通の人が普通に生きられる改革が必要だ
http://www.bund.org/interview/20060205-1.htm

よくTVに出る経済学者さんへのインタビュー記事です。
突っ込み所もあるけど、同意できる部分もあるという所です。

で、小さな政府とやらには、大問題として国の借金の問題があったと思うのですけど、そこにはあまり触れていないようです。
そこをきちんと押さえないで反論になるのでしょうか。

強いて言えば、小さな政府でも国の借金・政府の毎年のコストは減らないと読み取れますが、この問題に対してどう考えているのかが読めません。
借金や政府のコストは増えていってもいいのでしょうかねー?

又、かなりの長文で小泉と小さな政府の批判をしているのですが、必要な改革の話は最後の一段落程度しかない。
まー、言いたいことはわかるけど、財源どうするの? で斬られそうな話です。
大層な批判の割に、主張する改革の話は弱いし。。
そちらの記事のタイトルだけ見ると、この部分の方が主題のように見えます。こりゃ「看板に偽りあり」に等しい。

それと、そこで追求している今の日本社会の問題は、小泉一人の問題ではなく、自民党全体の問題です。
出て行ったり辞めたりした人も含めて、、その辺も押さえておいてもらいたいものです。

要約 : ネガティブな批判よりも、やるべき改革の方を熱く語ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

私、花粉症という症状が一般に認知されるようになる前からの花粉症で、この時期は毎年悩まされています。

去年はかなり花粉が飛んだようで、今年よりかなり酷かったです。
仕事に支障が出て、クビの危機まで近づいていたりして。(^_^;)

その点、今年はまだマシな方なのですが、今日のような晴れた日(福岡にて)は症状が悪化します。
薬で抑えてはいるのですけど、それでも花粉のゴロゴロ感は残るんですよね。
そうでない人は、よほど粘膜が鈍いんじゃないかと疑ってしまいます。

花粉さえなければいい気候なのに、、この時期を楽しめない私のような者は、人生かなりの部分を損してるかも知れません。
まー、そんなことは一面でしかないのですけど。

ちなみに秋も若干、花粉症の症状がでます。
暑いのや寒いのが好きって訳でもないし、四季を通して損しているのだろうか。。? (爆)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月16日 (木)

単語検索

検索大量トラックバックの話。
、、、、ではありません
(ちょっと釣り的シャレに走ってみたりして。笑)

アクセス解析を見ていたら、、どうもうちで触れていない単語でひっかかることがあるようです。
そう言えば、自分でググッてるときも、検索語さえ引っかかっていないページが引っかかっていたような。。

勝手にジャンルを決めて引っ掛けてるんですかねー??
何とか犬の記事なんて扱ったことがないけど、猫を扱ったことがあるからペットつながりだぁ、とか。。

AE100ってのも引っかかってました。
AE92やAE111は書いたことがあるけど、100系は書いたことがない。
車でわざわざAE100で探すってことは、AE92やAE111, AE86などは対象外な訳で、このように勝手に関連ページ検索で引っ掛けるのは、閲覧者にとって迷惑な話です。

お前の所がping飛ばすから困るんだ??
そう言われると、こちらも困りますねー。
ブログってそーゆーものですからねー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

雪のホワイトデー

ニュース番組の天気予報コーナーで、女性アナウンサーが前振りで言った言葉です。

美人でかわいい女性が言うとロマンチックに聞こえましたが、字にするとそれほどでもないように思えます。(^_^;)

で、関東あたりだと今日(3/14)の夜も雪降ってるんですかねー??
こちら福岡では、夜は雪降りそうにないです。
(特定の山では降ってるかも知れないけど、)

昨日の夜は降っていました。
が、風も強く、ちょっとロマンチックとは言えませんでした。
(そもそも相手がいないのにロマンチックも何もありゃしないのだけど、自爆)

まー、、
今夜ロマンチックな夜が過ごせそうな方は、良い夜になるといいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

なぜパソコンが普及したのか?

そしてパソコンを家電化した製品が普及しないのでしょうか?

理系スタイル : なぜパソコンは難しいのか!
http://rikei-style.at.webry.info/200602/article_1.html

こちらで、PCは汎用性があるから難しく不安定。家電は汎用性がない分安定している。で、

汎用性を犠牲にしても、簡単で、完全なパソコンを
世に出すべきではないのかな、と思います。

と、結論付けています。

しかし、パソコンの方を選択したのはユーザーの方なんですよね。

メーカーはワープロ専用機(と言うと語弊があるが、表計算も備えている機種も多く、インターネットに対応した機種もあった)、家庭用ゲーム機、インターネットTVなどを出していますが、成功しているのはゲーム機だけと言えるでしょう。

ワープロ専用機はなぜ駆逐されたか?

一時期はそこそこに普及したワープロ専用機ですが、Windows機の普及と共にすたれていきました。
何故か?

パソコンの敷居が低くなった。

Windows95の登場、プラグアンドプレイの普及によって、DOS時代よりかなり易しく使えるようになったこともありますが。

オフィスソフトがバンドルされるのが当たり前になったのが大きいですね。
取りあえず配線すればワープロ、表計算ができる。
普通にオフィスソフトだけを使っている分には、問題になるほど不安定にはならない。
表面的な使い勝手がほぼ同等になり、ワープロ専用機の優位が打ち消されたと言えます。

スペックではパソコンの方が上。

中身としてはPC技術を使っていて、しかも安価なのだから、スペックが劣っても当然なのですが。。
特にハードディスクのない専用機は、著しく劣って見えたものです。
このデバイスなしに今のパソコンは成立しないほど大事なデバイスで、ワープロ専用機ユーザーもハードディスクを望んだものでした。

このハードディスクという代物。
基本的に振動に弱く、元々は家電・専用機にそぐわないものでした。
それも出始めた当初は、かなり弱かったようです。
初めてラップトップパソコン(*1)にハードディスクが載ったときも、画期的なことでした。

(*1 ノートパソコンより大きくバッテリーもないけど、同じような形をしたもの。 ワープロ専用機も大半はこの形だった。 ちなみに海外では、ラップトップと言うとノートパソコンを指すらしい。)

今ではカーナビにまで搭載されるほどに強くなりましたが(*2)、パソコンが急激に普及し、ワープロ専用機が衰えていってた頃は、まだハードディスクは家電の使用に耐えるほど強い代物ではありませんでした。
当然、高価なビジネス機を除くとワープロ専用機(パーソナルワープロ)では採用されず、あるいは採用が遅れることになったのです。

この時期は液晶ディスプレイも急激に進化していた時期であり、やはりパソコンの追随であったワープロ専用機にとっては不運だったと言えるかも知れません。

(*2 十数年前にハードディスクを使い始めた私からすれば、到底考えられないことですが、苦笑)

たまに固まる程度の不良動作はユーザーも容認した

現在のWindowsマシンのハードは、DOS/Vパソコンと言われていたものが主体になっています。
これは一部の自社開発を除き、安くて信頼性に劣る部品で組み上げられています。(*5)
DOS/Vを一気に普及させたFMVなど、当初は「3台に1台は不良」とまで言われ、それまでの国産パソコンがすたれていくのが嘆かれたものでした。

(*5 本来は(特にアメリカ)信頼性のある高いパソコンもあったのですが、少なくとも日本では、安いパソコンが売りとされました。)

それでも、こまめにバックアップを取るとか、素人でも十分できるような対策で何とか使えるようになります。
パソコンらしい使い方をすると多くのトラブルにみまわれるものの、標準で入ってるオフィスやブラウザを使う程度では、まずどうにかなかったりしない。

であれば、よりスペックが高いほうに魅力を感じてくる。
少々不完全でも、より安い価格で高いスペックを追い求めていく流れの中で、ワープロ専用機も見放されていったのでしょう。

Windowsというものがそれだけ画期的で、仕事の質を高めるものだった

パソコンのOSがDOSだった頃に完成系となったワープロ専用機は、Windowsによって大変化したPCについて行けなかったのでしょう。
パソコンでさえ今ほど性能に余裕がなく、ましてワープロ専用機はWindowsをまともに動かすほどの性能はなかったですし。。
(と言うか、ワープロ専用機は元から完成系なのですけど、、完結しているという言い方が適当か、、)

レコードがCDに、カセットテープがMDに取って変わられたようなものでしょう。

では、今ならWindowsのようなワープロ専用機がつくれるか?
まず無理でしょう。
そもそも専用機に使うWindowsのようなものをつくるのにコストがかかり過ぎますし、買った状態のままのパソコンに対して殆どメリットがありませんから。

では、インターネットTVなどのネット家電についてはどうでしょう?

インターネットは次々と新しい規格が加わっていく

CDにしろビデオテープにしろ、TV・ラジオ波放送にしろ、家電媒体・データの規格はそのまま変化しません。
製品の信頼性や質が向上することで進化していきます。
CD-R/RWが後から出たり、なんてこともありますが(*3)、それに対応してない家電が「使えなくなる」可能性はまずありません。

しかし、インターネットはどんどん新しい技術、規格が盛り込まれ、Webページを提供する人もどんどん新しい技術を使っていきます。
既にIE3では見られないページが圧倒的に多いですし、ブログではIE6以上が推奨されていたと思います。
こういった変化に対応する必要のあるものは、家電にはなかなかそぐわないのです。(*4)

(*3 それ自体がパソコン技術に引きづられたものですけど。)
(*4 パソコンでもついていくには限度がありますが。)

まー、こういったことがあって、

一般消費者は、専門家の価値観を押し付けられているのです。

とばかりは一概には言えないのです。

では、今のパソコンは一般消費者が望んだものなのか?
それも言えないんですよね。

Windows 95はそれほど不安定ではなかった

言わずと知れたパソコン普及の立役者、それがWin.95ですが、これはむしろ安定したOSだったと言えるでしょう。
仕組み的には以後の不安定なWindowsの部類なのですが、さほど悪い話は聞かないです。

少なくとも私は、95は安定していたと思います。
その前のWindow 3.1は最低の代物でしたが(大いに主観ありです。笑)、95でうってかわったことに驚きました。
なんせ、メモリ8メガバイトでも安定していたそうで、当時のOSの規模を差し引いても凄いことです。

Windows meで不安定さ極まる

その後、98→meと不安定になっていったようです。
個人的には、meでも3.1よりはまだマシだと思うのですが、meの方がヒドいと言う人が多いようです。
自社でハードをつくり、信頼性を売りにしているメーカーからすると、たまったものではないでしょうね。

XPは、特にProfessionalの方はWindows史上もっとも安定したOSであるべきなのですが、Homeとの2本立てという企画に無理があったのか、今一不安定さが残っているようです。
2000を早々に引退させて今のXPを押し付けようとするマイクロソフトの姿勢には未だに問題があります。

要するに

面倒はともかく、不安定・不完全なのはマイクロソフトが一番悪いんでしょうな。(-_-)
独占企業ならきちんと社会的責任を果たせ! っと。

追記 :
時々、文章を微修正しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

タイトルに反応

過走行の旅~車は10万キロから愛着が湧くのよ~ : 2006/02/22
http://blog.goo.ne.jp/koryo912/e/807aa40f2bc39afa8fcefafbd934935b
タイトルに反応したくなっただけです。記事は適当なのを選んでみました。

私の場合は中古で買って、自分で乗ったのがようやく10万キロ少々。
愛着はかなりあるけど、さらに愛着が湧くという感覚はあまりないです。
その間に愛着が湧いてきたと言う感じです。

でも、そこから20万キロまで乗ると、もっと愛着が湧くんだろーなー、と思います。

http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2006/02/post_4481.html
こちらで書いたように、維持し続ける要件を満たさなくなり、あと1年ぐらいの付き合いになると思います。
最近は次の車を考えて記事を書いてる始末。(^_^;)

でも、手放したくないという愛着はあるんですよね。
サーキット用には、軽を別に持とうかと考えてたりもします。

いずれにしろ私は、車を簡単に乗り換えられるような人たちとは少々違うようです。
3年以内に平気で乗り換えられるようなつまらん(愛着を持たない)車なら、わざわざお金を出してまで買いたくはない。

参考 :
My ST-162 セリカ (その2)
http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2005/05/my_st162__2_528a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

AE-111 カローラレビン/スプリンタートレノ

レビン/トレノの最終モデルです。
レビトレと言えば86が有名ですが、ここまで古い車では良いタマを見つけるのが難しく、維持も大変そうなので、そちらは購入対象外にしています。
162セリカを見つけた頃は、AE-92 トレノを探していたので、レビトレには思い入れがあり、購入対象としてはZZT/ST-202セリカよりも本命だったりします。

AE-111は軽く運転させてもらったことがあります。
走る、曲がる、止まるの全てにおいて、162セリカより高性能で軽快な車でした。
特に、スーパーストラットモデルに社外ブレーキパッドを付けると、どんな速度域でも止まれそうなくらい強力な制動力があったことを覚えています。

このクラスのFFスポーツではインテRやシビックRに押されていましたが、私の腕では十分過ぎるほどの車だと言えます。

アフターパーツも、シルビアあたりよりは少ないのでしょうが、それでも十分に揃っているように思えます。

162セリカは5ナンバー。ST-202/ZZT-231セリカは3ナンバー。AE-111レビトレは5ナンバー。
サイズがより近いことも好ポイントです。
大きいサイズはどうしても使い勝手が落ちますから。

欠点と言えば、スーパーストラットが重ステなことと、オーバーハングが少々長いことくらいでしょうか。
何年もハッチゲートのセリカに乗り続けた身としては、トランクの部分をどこかに引っ掛けそうで怖いです。
セリカに乗ったばかりの頃は、後部のオーバーハングが短いことで、内側を引っ掛けたりしましたが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ST-202 セリカ

デザインとしては現行(ZZT)セリカより好みということで、記事にチョイスしてみました。
205(GT4)も興味はありますが、コスト面と軽さから、202の方に先に触れます。

202もさほど軽い訳ではないのですが、先代の182よりは軽くなっています。
重量は、162 < 202 < 182 といった所です。
162よりはやや重いものの、設計の新しさとパワー、アフターパーツで十分補って余りあると思います。

ただ、大きさは少々ネックですが。。
絶対的な寸法はいかんともしがたいですからね。

終期のものか、中期までにするかが悩み所です。
終期の赤ヘッドエンジンは+20psを絞り出しています。
自然吸気エンジンとしては、この差は大きい。
ただ、このエンジンだと、マフラー等のパーツが圧倒的に少ない。
赤ヘッドはエンジンルームの上部スペースを喰っているので、タワーバー等もつけられないかも知れない。

アフターパーツの選択肢が減るのは、私の購入条件に引っかかるので、大きくポイントが落ちます。

デザインは、少々クラシカルで嫌味がなく、かつ個性的なのが良い。
多くの人が、16*なら「古っちぃ過去の車」、ZZTなら「飛ばし屋のヤン車」みたいに思うでしょうが、202ならもっと好意的に見られることでしょう。
205だと「怖い車」ですけど。(爆)

3S-GE, 4輪ストラットと(S/Sもあるけど)162と大差ない構成だけに、問題点も引きずっていそうな気がします。
フロントが重い、とか。。

次はなるべく違うタイプの車、という条件があるので本命とは言えませんが、この車も購入対象になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ZZT-231 セリカ

現行セリカ。
なんか生産終了になるらしいですけど。。
平成18年2月21日付けで、ZZTがセリカの最終モデルとなる事が発布された様子です。

やはりセリカ乗りであれば、セリカは外せないでしょう。
量産中ならともかく、今の状況では大幅値引きも期待できそうにないし。。
新車で買うのはキツいですが、中古なら手頃な価格で出ないですかねー??

体験試乗もしたことありますし、価格面で折り合いがつけば「買い」だと思ってます。
今の私の162より確実に、軽く速く気持ち良いですからね。

少しだけネックになるのは、このセリカのエンジン 2ZZ-GEがVTECコンプレックスを抱えていること。
(パワーだけなら、メーカーチューンドのホンダVTECが絶対有利であり、現にクーペとしてはインテRの方が売れています。)
それ以前の3S-GEでは、中回転息のトルクがあり、街乗りでもストレスなく使えるエンジンだったのですが、それが薄まっているのが惜しい。

デザインも、実はそんなに良いとは思ってません。
個性的な割には、発売開始時のトレンドに流されているようで(つり目とか)抵抗があります。
まー、16*と同じくcaltyのデザインですから、慣れれば「これがいいっ!」になりそうですが。(笑)

あとは、せっかく買い換えてまたFFにすることに、少し抵抗があるくらいでしょうか。
一生のうちで所有できる車は限られているのですから、できればFF以外も乗ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

私のマイカーの条件

今乗ってる古いセリカ。
まだ手放さないけど、手放す時期をだいたい決めたので、そろそろ次の車を考えてます。

ごく一般の人は車趣味があまり理解できないらしく、私の車の条件はかなり異常に見えるようです。
車趣味としてはかなり控えめなんですけど。。(^ ^;)
外車乗りでなければ車趣味じゃないとは言わないし、違法改造なんかもしないですからねー。(笑)

で、まず必須条件が、
・マニュアルシフト(MT)であること。
・あまり大きくないこと。クライスラーボイジャーやベンツSクラスなんてのは、ポンっと現金で買えたとしても願い下げ。

あと、クリアしたい条件は、
・公道を走って楽しいこと。
むちゃくちゃに飛ばすような暴走行為をしたい訳ではありません。
普通に走ってても、ストレスを感じないで楽しいことです。

具体的には、
・さほどパワーはなくても、レスポンスが良く、気持ちよく回るエンジン。
一般車とされる多くの車は、6千回転ぐらいまで回すと、ただ回っているだけでつまらない。
具体的なエンジンを挙げると、ハチロクで有名な4AGなどが良い。
高回転エンジンの代名詞VTECは、メジャーであざといのでパス。自称車好きの人がマーク2やクラウンに抱く感覚に近いかも。。

・車体はなるだけ軽い方がよい。
ドライブするときは、主に山道を走るので、大きく重い車は遠慮したい。
重い車体でヨッコラショっと曲がる感覚は気持ち良くないですからね。

・高価格の車は買えない。
底辺で生活している庶民の基本でしょう。(大笑)
私ゃ新卒ほどの稼ぎもないし。。

・ルックスは、やはりカッコいいクーペがいい。
今時の人がどれほどクーペスタイルをカッコいいと思うのかは疑問ですが、私は古いタイプの人間のようです。
精神年齢はせいぜい20歳程度だと思うのだけど、サバヨミスギ?
いずれにしろ、上記の諸条件に合う車と言えばクーペ・ハッチバック・セダンあたりになります。

・アフターパーツに困らないこと。
昔、マイナーなパソコンを持ってた人ならわかると思いますが、、車のパーツ取り替える人より少ないか。。(^_^;)
足回りや動力計などの社外パーツはその車種専用なので、それがある程度ないと困ります。
特にショック・スプリングは強化品に換えるのがデフォなので必須。(笑) 特にサーキットを走ろうと思ったら。。
ゆえに、次の車は古くてマイナーなものを避けたいと思っています。本当はそういう車の方が魅力あるんですけど。。

以下はさほどこだわりませんが、
・JAF競技 公認車両であること。
余力ができればジムカーナなどの競技にも参加したいと思ってます。
それに、公認車両と非公認では、アフターパーツは前者の方が多くなるので。

・パワーがあって速いこと、
上で書いてることと矛盾するようですが、優先事項でないというだけで、あるならあった方が良いです。
やはりサーキットを走るなら速い方がいいもので、、腕がないから。(爆)
パワーあっても重い車は避けたいですが。。
# 上記のVTECは、個人的にはこちらの方にあたると見ています。

アフターパーツの中でも、特にラリー・ダート用のパーツがあること。
特にラリーをしたい訳ではないのですが、車高を落とさずに足を固める為にラリー用のパーツがあるといい。
ダートトライアルなどには興味ありますが、ジムカより金かかりそうなので、興味だけに終わりそうです。

・後輪を駆動する車(四駆を含む)
ずっと前輪駆動の車を乗り続けているので、それ以外の車にも興味を持ってます。
特に、腕を磨くならFRが良いとも言われますし、(あんまり信用はしてないけど、)
九州にいる身としては、やはりFRかMRですかねー。
別に前輪駆動が嫌になった訳ではないけど。。

、といった所でしょうか。
以後の記事で、具体的な車種にも触れてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

自殺者数

Kammy+さんの所のコメント欄にて、るねさんのコメントについて。

Kammy+'s spaceブログ版 : 絶対不応期を抜けて
http://kammyblog.seesaa.net/article/13688077.html#comment

なぜ、男性の自殺者が女性の3倍に達するのかを考えてください。
Posted by るね

何でって、、一因として

女性は頼りになる男性を好みますので、人生の不安を表に出すような男性は恋愛対象外です。

は確実にあるでしょう。
不安や弱みを出せる側より、出せない側の自殺者が多いのは当然。

んで、普通の人なら自殺しなきゃならん程の試練を潜り抜けて、ようやく恋愛対象となるのでしょうか?
恋愛して相手のいる男でも、そんなお方はごくわずかにしか見えないのですが。。

# そういう男で思い浮かんだのは「拳王様」(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

まー普通に使うなら、

HERIKUTSUなる日々(by jabberwock) : 技術革新の飽和点?
http://blog.livedoor.jp/jabberwock555/archives/50111621.html

昔はMPEG動画再生にさえ拡張ボードが必要でしたし、さらに昔はWindows自体が遅くて使えなかった。
それを思えば、数年前からのマシンは十分過ぎるスペックで不満なく十分使えると言えます。

ただ、SEもどきの仕事をしてるとそうも言えなくて、Excelでも、6万行何十列もの表を開こうとすると、むちゃくちゃ遅いです。
そんなシートを一つのファイルにいくつも詰め込んだら、開くときに暴走しかねません。と言うか、暴走でなくてもとても待っていられない。(^_^;)
アクセスでも、数年分のデータから最近のを検索すると、めちゃくちゃ待たされる。うまく操作しないと暴走するし。。

また、サーバーアプリケーション(データベース)や開発中のアプリなんかも入っていると、通常仕様でも辛い。

まー、そういう使い方をしてて「おせぇ。。」と感じている者もいるということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

対中問題

HERIKUTSUなる日々(by jabberwock) : だったら、中国と国交断絶すればいい。
http://blog.livedoor.jp/jabberwock555/archives/50401007.html

って言うか、中国のあそこまでの怒りが本当の本物なら、向こうから国交断絶してくるでしょ。
わざわざこちらから国交断絶する必要はない。困るのはこちらだと言っているのだから。

要は「日出づる所の天子~」外交をやりたいけど、政治家さんのオツムが追いついていない、というのが実情でしょうね。
外交やるのなら、戦時戦前だけでなく、古代の歴史もしっかり勉強・研究した方が良い。

ところで、親中外交やるのなら、田中のおばちゃんを復帰させてはどうか?
政治家や頭の良さ「そうな」ブロガーには不評でも、大衆にはウケる。
で、対中関係もぬくもって万々歳でしょう。
注. 私は全然本気ではありませんので。(大笑)

中国を脅威と考えるのは、ごく自然なことでしょう。
軍事的にも経済的にも伸びていて、領空領海侵犯で軍備をチラつかせる国は脅威でなくて何なのか??

# 日本の軍事費も高いと言われるが、日本の公的機関が高コスト体質である分は差し引くべきでしょう。
  飲み食い外務省あたりと同じ、日本の一省庁に過ぎないと考えれば、どれほど当てになるかは推して知るべし、です。

しかし、本当に脅威なのは、外交・政治なんですけどね。
一部の人が特定アジアとか言っている間に、日本の常任理事国入りを潰されている。
日本はまだまだ、かつて眠れる獅子と言われた中華帝国の底力を甘く見過ぎていると思います。親中寄りの人も反中寄りの人も。

# まー政治・外交は日本がダメダメなだけとも言えますが。(^_^;)
  経済大国も、政治は小国。まさに中国の言う「小日本」(-_-)

(だって、1000兆円の借金をつくって、その返し方も提示できない政権を、国民が圧倒的に支持しちゃうんですから)

提示できる政党がない以上、できない政党の中から選ぶしかない訳で。。
あとは一般人を犠牲にしてクーデターでも起こす以外ないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »