« ZZT-231 セリカ | トップページ | AE-111 カローラレビン/スプリンタートレノ »

2006年3月 7日 (火)

ST-202 セリカ

デザインとしては現行(ZZT)セリカより好みということで、記事にチョイスしてみました。
205(GT4)も興味はありますが、コスト面と軽さから、202の方に先に触れます。

202もさほど軽い訳ではないのですが、先代の182よりは軽くなっています。
重量は、162 < 202 < 182 といった所です。
162よりはやや重いものの、設計の新しさとパワー、アフターパーツで十分補って余りあると思います。

ただ、大きさは少々ネックですが。。
絶対的な寸法はいかんともしがたいですからね。

終期のものか、中期までにするかが悩み所です。
終期の赤ヘッドエンジンは+20psを絞り出しています。
自然吸気エンジンとしては、この差は大きい。
ただ、このエンジンだと、マフラー等のパーツが圧倒的に少ない。
赤ヘッドはエンジンルームの上部スペースを喰っているので、タワーバー等もつけられないかも知れない。

アフターパーツの選択肢が減るのは、私の購入条件に引っかかるので、大きくポイントが落ちます。

デザインは、少々クラシカルで嫌味がなく、かつ個性的なのが良い。
多くの人が、16*なら「古っちぃ過去の車」、ZZTなら「飛ばし屋のヤン車」みたいに思うでしょうが、202ならもっと好意的に見られることでしょう。
205だと「怖い車」ですけど。(爆)

3S-GE, 4輪ストラットと(S/Sもあるけど)162と大差ない構成だけに、問題点も引きずっていそうな気がします。
フロントが重い、とか。。

次はなるべく違うタイプの車、という条件があるので本命とは言えませんが、この車も購入対象になっています。

|

« ZZT-231 セリカ | トップページ | AE-111 カローラレビン/スプリンタートレノ »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/8984273

この記事へのトラックバック一覧です: ST-202 セリカ:

« ZZT-231 セリカ | トップページ | AE-111 カローラレビン/スプリンタートレノ »