« 小泉批判には熱心だが、、 | トップページ | またブツけられてた、、 »

2006年3月18日 (土)

SW-20 MR-2

MR-2が車の名前で、SW-20が形式名(番号)です。
知らない人から見るとさっぱりですね。(大笑)

実はこれ、中古車の購入対象としては本命だったりします。

この車のレイアウトはミドシップと言われる、スポーツカーとしては教科書的な、しかし市販車としては希少なレイアウトなのです。
こういう車には一度乗ってみたいと思っていて、いくつかのミドシップカーは私的な欲しい車のランキング上位にあります。

車名のMRはミッドシップ・ランナバウトという意味だそうですが、まずはミッドエンジン・リアドライブという言葉が思い浮かぶでしょう。
まさしくその通りの配置なのです。

こういう車は、後輪車軸あたりにエンジンが来るので、大抵は2人乗りになります。
(だからミッドという言葉に疑問は残るけど、本当に真ん中に載せると人が乗れなくなる)
その為、なかなか売れなかったようです。

この車、トヨタから出ているのもポイントです。
私は、本格的な車の整備ができませんから、やはりトヨタの車が安心できて良いのです。

載ってるエンジンが3Sなのは痛し痒しかなーと思っています。
セリカと同じエンジンなのでそれなりに楽しめる反面、同じエンジンの車に載るのは買い換えの楽しみが減るような感じもします。
まー、これを出したのが日産で載るエンジンがSRだとすると、個人的には魅力ダウンですが。(^_^;)

欠点は何といっても2人乗りだってことでしょうか。
ただ、荷物を置くスペースやトランクは普通にあり、この手の車としてはいくらか実用性があると言えるでしょう。
違法でなら4人を詰め込んだ例があったそうです。
セリカとは比べ物になりませんが。(マケオシミ)

それで、乗員のスペースはゆったりで荷物のスペースもあるってことで、ミドシップカーとしてはエンジンが後寄りで、それが欠点だと言われることもあります。
そのせいか、かなり扱いにくい車のようにも言われています。

この2人乗りと言うのは自分にとってもネックで、うかつに結婚話でも浮上しようものなら即処分させられる可能性もあります。
が、結婚する確立が天文学的に低く(そうなりそうな相手もいないし、積極的にそういう動きをしてないので)、現在実家にいるという好条件もあるので、この際2シーターも乗ってみようかと思っているのです。

|

« 小泉批判には熱心だが、、 | トップページ | またブツけられてた、、 »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/9147353

この記事へのトラックバック一覧です: SW-20 MR-2:

« 小泉批判には熱心だが、、 | トップページ | またブツけられてた、、 »