« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

高塔山公園

ちょくちょくドライブに行く所。

若松の中心部が一望できます。

Vfsh0279 曇ってて、あまり写りが良くないですが、、若戸大橋です。

工場から煙が出てて、スモッグのように見えそうですが、あくまで曇っているだけ(?)ですので。(^_^;)

今でこそ、全国的に自慢できる程ではないかも知れないけど、できた当時は東洋一だったらしい。


(http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2005/10/post_6242.html)
Vfsh0278上記urlで挙げた風車が見えます。

ちょっと(かなり?)見にくいですね。

一応ポップアップにしておきますが、、

若戸大橋と風車、結構離れているのですが、これらが同時に見られるのが、ここの公園の魅力です。


Vfsh0280これは、公園名があるので撮りました。

下の方に何か書いているようだけど、よく知らない。(笑)

Vfsh0281_1 展望台。

橋や風車はここで写しています。

見張り台みたいな所には登りません。(笑)

参考リンク :
http://www.yado.co.jp/tiiki/kitakyu/takatou/takatou.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

あの国って、

大使激怒 日本大使の前で、ヒロシマ原爆をネタに下品に笑う韓国人、
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/608900.html

「下品」とかいった煽り言葉を置いておいても、あの国には問題あり。
戦争世代は減っていって、実体験のある人はいなくなっていき、イメージとしての反日ばかりを膨らませている。

核を日本に落とせネタは、韓国では珍しくないらしい。
であれば、こういうことをやるのは、彼らの感覚ではそれほどおかしくない。
、、困ったものだ。。

とにかく、彼らのこの感覚について、日本人はよ~く知っておくべきだと思う。
嫌韓流だろうが、嫌・嫌韓流だろうが、まずは知っておくべきだ。

彼らは真実は知らない。
彼らは事実に対して日本人に怒っているのではない。
もはやフィクションでしかない絶対悪の国、バーチャル日本への怒りと蔑みを、リアル日本にブツけているのだ。

真の平等の基での友好を求めるにせよ、不平等でも即日的な有効を求めるにせよ、友好関係は結ばないにしろ、、左系マスコミや自称人権主義者のイメージする韓国観に囚われてはならない。
何の解決にもならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可能性、、いいかげんな考察編

前回(http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2006/04/post_070f.html)に続き、可能性の話ですが、、
今度は自分の過去を振り返って、夢でも見るように過去の可能性を妄想してみたいと思います。(笑)

女の子と楽しくバラ色の人生 ??
あー、えらく妄想が入っていますが、、
小さな頃は何人かの女の子と仲が良かったもので、、
そのまま仲良くしていれば、長く付き合える女友達ができてたかなー、と。

尤も、小学校時代を通してそれをやると、いじめカーストの攻撃はますます激しくなる訳で、、
ただでさえいじめカーストに負けていて、自分かわいさに女の子を傷つけたこともある身としては、それを跳ね除けてまで女の子と仲良くし続けるのは事実上不可能であります。
妄想自爆。(大笑)

女の子と楽しくバラ色の人生 2 ??
自爆にもメゲずに妄想。(苦笑)
実は、高校時代、高校は男子より女子の方が多かった。
1年の頃は女子とも結構しゃべっていた。
2年より理系に行き、クラス内では男子が多くなった。
以後、女性の少ない道へ転落していくことに。(笑)

ここで文系クラスに行っていたらバラ色、、、なんてことはないけど、女性とのコミュニケーション力は今よりマシになってたかも知れません。

・ そもそも理系に行った意味はない。
その後の人生で、高校時代に理系コースであった意味はないんですよね。
その語の人生、一応は理系の側のコースなのですが。。
受験でも、文系コースで十分受けられる科目ばかり。(合格した所限定では、笑)
その後の仕事でも、高校時代の理系科目とはかなり無縁。

その時、文系コースに行っても、その後理系の選択肢がある程度あって、むしろ自由度は高いくらい。
いや、ぶっちゃけた話、理系で生物を選択できなかったのが気に喰わなかったのですけど。(笑)

ちなみに、
理系コース→物理、微積分必須。生物・地学選択不可。国語、英語の時間少ない。
文系コース→物理、微積分選択不可。生物・地学選択可。倫理選択可(?)。国語、英語の時間多い。
共通→化学・世界史必須。国・数・英ある程度共通。芸術科目選択共通。

公務員になっていたら
人からよく公務員向きと言われ、自覚もあるくらいですから、実際になってみたらどーなのかなー、と。。
しかし、高校時代に税務職目指して、面接(と論文)で落ちて、大学時代もトラウマになって、公務員なるのはやめたのでした。
ただ、バブル絶頂期で、友達が結構受かってたのを見ると、チャンスを逃したように思えました。

それでも、クラブ部員にはプライベートな時間が殆どなかったので、受かった人は凄い。

まー、自分が公務員になっていたら、ますます内向きの人間になっていた可能性も高く、その意味ではならなくて良かったのかも知れません。

レーサーになったら
これまた妄想です。
サーキット走行会に行ってもビリに近い癖に。。(苦笑)
ただ、20代前半までに車を走らせる楽しさを知ったなら、本気でレーサー目指したかも知れません。

そこまで行かずとも、公認競技やアマチュアレースなどにビシバシ手を出していただろうと思われます。

いじょ、まとまりのない妄想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

可能性、、ちと固い話編

marinekoさんの所のこのエントリー。
環境
http://fragments.marineko.moo.jp/?eid=243599

ここでは「伸ばす」可能性を見ている。まわりの環境の話が出るのも、「伸ばす」可能性を見ているからだろう。

しかし、若い頃と言ったら大抵は「どの方向へ向かうか?」の可能性を模索することが多いのではないだろうか。
あるいは、一応方向を決めても「これで良かったのか?」としばらくは自問自答してみたり、、

そして、年取ることでより狭まるのも、方向転換の可能性の方である。
これは圧倒的に不利だ。
自分より若い人でも既にキャリアを積んで上のステップにいる。
新卒レベルの若い人は、その力を生かしてグンっと伸びる。

強いて言えば、世の中には頑張らないで、その場にアグラをかいてる人というのがたくさんいて、そんな連中に負けないぐらいの自負はあるが、、
本当に頑張っているキャリアや若い人にはかなわない。
せいぜい、彼らにない経験で差別化を計っていくことぐらいしかできない。

そして、経験上、自分のような方向転換は、人様には奨められない。
あらゆる意味で底辺からのスタートになるからである。
そのまま人様に追いつけず、底辺のままで終わる可能性だって高い。
それくらいなら、今までのステップを生かして頑張った方がなんぼかマシと考える。

頑張れる環境は、、必要なら自分で探すべし。
ネット上でも、スクールでも、頑張っている人はいる。
まわりが努力してないから~と言うなら諦めた方が良い。

ただ、学生(資格スクールなどではなく、ちゃんと学歴に書くような学校)だと難しいかも知れない。
遊んだり楽しんだりする友達が一生の財産になることもあるし、、
友達関係狭めても頑張れるなら良いけど、あまり奨められない。
# みんな遊んでばかり、と思っていると、出し抜かれることもあるので気をつけましょう。(^_^;)

まー、別の方向を奨めることはあるかも知れない。
自身の才能や求めるモノ、向かう方向によっては、一気にステップアップしていくことも可能だと思われる。
逮捕された、勝ち組のシンボルの人だって、いくつかのチョンボがあってコケたけど、そこ以外は十分にステップアップの例だと言える。

今回はお仕事に限定した、ちょっと固い話になりましたが、もっとくだけて可能性を模索する話もエントリーしたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

まんが嫌韓流 2

ランキングにカウントされない人気本の第2弾です。

サイドバーには、ずっと以前から張ってましたが。(笑)

内容的には、ネタが新しいだけで、前作と代わり映えがしません。
ネット上ではこの本を嘲笑するような反論もありますので、そういった反論への反論なんかも見たい気がします。
ただ、そういった類の反論は「(反論してる)俺は頭が良いんだ」とばかりに、難しそうなことを一層難しく言っているので、反論しても泥沼に引きずり込まれるだけで、売上げにならないかも知れませんが、、

ただ、簡単でわかりやすい部分に関しては、この本(ひいては嫌韓の意見)に分があるように見えます。
竹島問題は国際法廷で主張すれば良いのに、とか。

今回は、台湾からの留学生も登場しました。
いつぞやは、台湾でも反日デモがあったようなので、この台湾の子が「まんま」かはわかりかねます。
こんな人、ジャーナリストにいたような気も。。。

それにしても韓国人キャラは、、2枚目でもああいう扱いなんですね。
いつものパターンだけど見ての楽しみ。

まー、興味はあるけど深くは知らない人、日本絶対悪の思想に疑問がある人にはお勧めの本です。
(前作でも同じことを言ってたような。。爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

またまた、電波なチョイス

、です。

最近、CD屋で見かけることは少なくなりましたが、たまたま見つけたのと(*1)、ずっと興味があったので聴いてみました。
まー、多くが聞いたことあるので、懐かしいの一言しかないのですけどね。
今のポップスやアニソンより一曲一曲が短めなのも特徴か。。


それでは突っ込み所を少々、、


ミラクル少女リミットちゃん
サイボーグ少女リミットちゃんが主人公の少女マンガ。
今ではもはやオタク向け美少女ものでしか成立しえない設定だが、当時は立派な?少女マンガとして成立していたのだ。

収録曲では、自分を「ちゃん」付けしている。(笑)

サイボーグとしての悲哀を表現しているのは、時代の特徴だろう。
男向けのように変に理屈っぽくなく、どことなくセンチメンタルで泣いてしまうのがいいのかも知れない。

ドラえもん
収録曲はおそらく第1期のものであろう。
今ではとても信じられないことだが、アニメ・ドラえもんは一度、打ち切りにあっているのだ。
小学校中期ぐらいは再アニメ化を切に望んだものである。

ドラえもん関係の曲は多く、とても全てを把握しきれないが、妹がカセットテープを何度か買ってもらってたので第2期(*2)のはじめの頃の曲は殆ど聴いて(聴かされて)いる。
このCDは、その時聴いていた曲よりも、一段と古さを感じさせてくれる。

この曲、ドラえもんマンボの「コンピュータが友達友達友達友達さ」
今なら(と言うか20年以上前から)ネクラオタク認定確実。
パソコンなるものがまだ世になく、コンピュータがまだ手の届かない凄いものというイメージがあったからこそのセリフだ。

まー理屈としては、ロボットであるドラえもんの友達がロボット(つまりコンピュータ)でも不思議ではないのだけど。。

(*1 ヤフオクに流すと高値がつくかも。笑)
(*2 第2期をどこで切るかは悩み所だが、最近のレギュラー声優総入れ替えまでを第2期としてもいいかと思う。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

すっかりパジャマ音楽ばかり、

こちらのページに突っ込み入れてみたいと思います。
純粋なココロ 2.0 : 自分の聴く音楽を、「よそ行き」「普段着」「パジャマ」に分類してみる遊び
http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/2_0/2006/03/post_4658.html

最近は「よそ行き」とか「普段着」音楽を聴こうとする気力がなく、すっかり電波にイッてしまってます。(^_^;)
去年、第3次スパロボ大戦αにハマってたこともあって、聞く曲もすっかりレトロアニメものばかりになってます。
水木 一郎アニキの歌に燃えてる。("萌え"じゃない。文字通り魂を燃やす。爆)
男の意地を貫くぞ!(← バカ。笑)
いい年すると体がついて行かないけど。(大笑)

あとは去年始めぐらいまでに仕入れた、堀江 由依や野川 さくら の曲ぐらい。(こちらは"萌え"ですね。大笑)

普段着は、'90年代中頃にはよく聞いて、いくつかはカラオケでも歌ってました。
スマやキンキ、Surfaceあたり。
B'z は少し聴いてたものの、殆ど歌えませんでした。裸足の女神あたりがやっと。。

普段着って、ただ聴くだけじゃなくて歌えるとBetterなんですよね。うーん懐かしい。(笑)

一時はイニシャルDの影響で、ユーロビートも聴いてました。
車内でビシバシ、、うーむ、もろDQNカー、、(爆)
尤も、それでモテたり、交流が広がったことなどないですが。。(笑)

よそ行きは、、うーむ。。
服も音楽も、普段着と区別するような、ハイセンスなよそ行きは殆ど縁がないですね。
強いて言えば、パーティーみたいな場では、手持ちの背広で派手目のを着るぐらいか。。(当然、紳士服の○○あたりの既製品。笑)

ハイセンスなよそ行き音楽と言えば洋楽でしょうか?
リッキーマーティン等、何度か聴きましたが(マーティン等はカラオケにも挑戦したが。。^_^; )、やはりわからん言語は、聞いても歌ってもさっぱりで、以後は手が出ません。
カラオケで歌える洋楽なんて「Love me do」ぐらいか。。(とんでもなく古過ぎ)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年4月16日 (日)

今日は情報処理試験

でした。ソフ開受けてきました。(落ち癖がつきつつある。-_-;)

いつも思うのですけど、なんで午前中のうちにゾロゾロ帰っていくのか疑問です。
不合格確定だとしても、次回のために最後まで受けておけばいいのに。。

想像するに、、

・ 受かっていない試験よりデートの方が大事。
まー今時の若い人にはありがちかも。。
試験なんかより(同世代の)人との交流が大事、って所ですかね。(苦笑)

・ 取りあえず、出たという事実をつくる為に、朝だけは出る。
まー、いやでも受けなきゃならない学校・会社もありますから、わからなくもないですけどね。
んなら、なんでその学校・会社にいるの? とも思うけど。。

・ 試験料が自分持ちではないので、知ったことではない。
上の項とからんで、義務として受けているだけで、ありがたみもクソもないのでしょうね。

ん? 試験内容は?
午前に少々わかりにくい問題があったけど、全体としては前回秋より易しかったように見えました。
今回はイケるかと思ったのですが、午後- II の後半ほぼ丸々ポカやってしまい、おそらく(絶望的な希望を省くと「確実に」)落としました。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

少子化?

少子化の原因は?個人的には何だと考えますか? その2
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200604/2006040400085.htm

少子化ねー。。
上記の所のレスで答えられていますが、私としては 人口減少を前提とした世の中をしっかりと考えるべき と思いますね。
人口が増えれば税金も増えて、お上は天下りし放題、なんて甘過ぎもいい所。

今の年金世代だって、もらうことばかり考えてたらいけないでしょう。
それだって(自分たちが暮らす場としての)国を崩壊させてる一因なのだから。

少子化が何故問題なのかわかりません
2006年 4月 6日17時25分
Dolphin
少子化問題が取り上げられるたびにうんざりします。
子供が増えるという前提で作られた社会保障制度はいずれ破綻するということは20年以上前にわかっていたのに、何もせずにこなかった政府が今頃になって、少子化と騒ぎ出し、マスコミもそれに乗じて煽り立てている気がしてなりません。

に近いですかね。尤も「何故問題なのかわからな」くはないけど。。
Dolphinさんの書き込みにしても、「何故 今頃 問題にするのかわかりません」の方が適切かも。(笑)

女性を責めるような声に苦しめられてる方も多いようですね。
少なくとも私の立場では、生め生めなんてとても言えません。昔、多産したようなおばぁちゃんなら平気で言えるかも知れませんが。。
又、好きでもない男と結婚しろと言う訳にもいかんでしょう。(だったら「好きになれ」なんて問題外だし、、)
所詮は自由意志の問題でしかない。

少子化の末路
2006年 4月 8日15時39分
しみちゃん
児童手当の増額(低所得者へ厚く支給する方式)と単身者への増税が実施されるかもしれません。

まー、確実にやられるでしょうね。単身者としては勘弁して欲しいけど。。

私など、収入が少ないから結婚して妻子を持つことができない。
そこで単身増税などされると、ますます結婚して家族を持つことから遠ざかってしまう。
結婚支援なんてのもあるかも知れないけど、ちょっとやそっとの支援じゃどうにもならない。
(まー、支援がはじまる頃には、私のような稼ぎのない状態で中高年してる奴など問題外なのだか、、税金は問題外にしてはもらえないだろーなー、、)
そして家族持ちは人様の金から援助を受けていい思いする訳だ。。

これで納得しなきゃいかんとは、、、(-_-メ)
なんか、異性に好かれない貧乏ヤローなんか氏ねやぁ ! 政策に見えてしまいます。

非婚は高望み?
2006年 4月 5日19時28分
ミミ
結婚は正直怖いのです。
もし結婚して、パートナーがDVだったら?浮気をしたら?協力してくれなかったら?疎んじられたら?等ネガティブに考えてしまうのです。

これは私も考えますね。(男が考えると変?)
浮気されたら? 捨てられ、逃げられたら? 離婚され慰謝料ふんだくられて何も残らなくなったら? 等。
パートナーがDVだったら? も考えますね。(旦那に暴力ふるう奥さんは世間で少なくない)
稼ぎが少ない甲斐性なしだとかいう言葉DVも、、
男として情けないと言われればそれまででしょうが、そんなことを言う人ほどDV体質のような気がします。

等と、例によってまとまりなくつづってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

コメント欄について、

今まで('06/04/04)メアド必須にしていました。

以前にもメアド必須だから書かなかったという人もいました。私も、場所によってはメアド書かないという矛盾したこともやってました。

一時だけメアド必須をやめてたのですが、話題の都合でまた必須にしていました。

最近もメアド必須なので~ってことがあったことと、ある程度ヤバい話題をここでしなくなって時間が経ったので(つい最近、つぅちゃんの話をしたことが気になるけど、)、またしばらく必須をやめてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事に関係ない話などあれば、

こちらの方でよろしくお願いします。

ここをはじめた頃は、プチ掲示板をサイドバーに設けていたのですが、サイドを片方だけにしたので、今は外してます。(なるだけ最小限にしている)

ん? ならアフィリエイトをやめろ? ヤダ! ちっとぐらい小遣い欲しいもの。(爆)
はずすと、ただでさえショボいページがますますショボくなるし。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

河内貯水池の桜

Vfsh0263

まー、この時期はあちこちで桜・桜なのですが。。

Vfsh0258よくドライブに行ってる、北九州の河内貯水池でも、桜がビシバシ咲いていました。
尤も、有名な桜の名所のように一面桜だらけという訳ではなく、一部に、道に沿って桜の木があるという程度ですけどね。

Vfsh0260 この日は、特に桜が見たいとかビシバシドライブしたいとかではなく、のんびりしたかっただけだったのですが、桜のきれいさにつられて、ついつい写真取りまくってしまいました。
で、車をちょっと離れていて、戻ってみると車の近くでヤンキーな若い子が4人ほどたむろしてました。
男1人に女3人。女の子1人ぐらいくれないかなー?(爆) いや、本当にくれられると困るけど。。

# くれるとか何とか女性蔑視だってマジレスはないでしょうけど、そのような意図がないことは一応お断りしておきます。

ヤンキーの人はちょっと怖いので(これも言っちゃーならんかも知れないけど、) 別の駐車場に車を移動させたのですが、今度はポケバイを2台ほど持ち込んでる人たちがいてうるさいこと。(-_-)
ちょっと雑音に乱される花見となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

軽合金ナット

先週、タイヤをスタッドレスから夏タイヤに換える際に、ジュラルミンナットを使ってみました。
オートバックス等で売っているものです。

この手のナットは強度に不安があったので、ずっと敬遠していました。
が、今乗ってる162セリカでサーキット復帰するのを断念したので、公道だけなら「ちょっと試してみようか」と思い立ちました。
夏タイヤに使っているアルミ OZラリー が重くて、オンロードではネックになので。

又、高額なチューンパーツは今後つけないでしょうから、このぐらいのアイテムは使ってみようって気になりました。
車に対する(最後の)プレゼントと言ってもいいかも。。

使ってみた感じは、、同じホイールで比較した訳ではないので、実の所はよくわかりません。(爆)
冬タイヤには14インチホイール、夏タイヤには15インチを使っているので、そのタイヤ交換では体感しようがありません。
ナット自体は、ノーマルナットより明らかに軽いのですけどね。
その分の効果は「あるはず」と思うことにしています。(笑)

強度については、今の所は特に問題なさそうです。
ナットを締めた後は、さわったぐらいでは軽合金とはわからない。
しかし、段差をガツーンと乗り越えたりはまだしていません。(走り続けていると、よくある)
締め付けトルクも指定があるので、いくらかは確実に弱いはずで、まだ気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

暖機運転

もはや季節外れなネタですが、せっかくなので。

お姉さんの「男の恋愛相談室」 : 聖闘士 星矢
http://otokoryoku.livedoor.biz/archives/50328822.html

「寒いっ 寒い」なんて言いながら
彼氏の車に二人で乗り込み、エンジンをかけたその瞬間。
温まってないエアコンから、彼女の足元へ強風が直撃するという。

私は、エアコンをかけたままエンジンは切らないですね。つまりエンジンかけただけで強風の直撃はない。
尤も、彼女(いやしないけど)に強風をかけたくないからではなく、バッテリーに負担をかけたくないからですけど。。

で、前もってエンジンかけて車内を暖めることも、あまりしないです。
無駄なアイドリング、車内の温度調節の為のアイドリングは、子孫や地球に対する罪ですもの。
(以前は大罪とまで考えていたが、今はそこまで思わない。自分の罪深さ故か?)
体調が落ちて寒さが大ダメージになるとき等は、さすがに暖めるけど、、

で、エアコンつけてすぐ動き出します。
エンジンはアイドリング時より、走って動かしてる時の方がより燃料を燃やすので、これが最短時間で暖まるのです。
それまで風は冷たいけど、風を循環させないと暖まらないので仕方がない。

とは言え、私の車のエンジンは、高回転時に熱くなり過ぎないようにしているので、公道をちょっと転がすぐらいではあまり暖まらないこともあります。

恋愛ごととはかけはなれましたが、いち車乗りの視点で触れてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »