« 好きになる車>やはりTV等の影響は | トップページ | キーワード »

2006年8月11日 (金)

RX-7 FC3Sに、

先週末よりFCに乗り始めています。

納車前にエンジンO/H、不具合修復してもらいました。
契約しに行ったときは、ウインカーランプとか外されていて、ちょっとしたレストア状態です。

で、エンジンO/Hされているので、一から慣らし運転をしています。
(店では特に必要ないと言われたが、)
走ったのはまだ300kmくらい。先は長い。(^_^;)
よって、まだFCの本領を発揮していないので、インプレ書くには不十分ですが少しだけ。
このFC、かなり低速トルクが弱い。
爆音マフラー + 毒キノコ仕様のせいもありますが、、
慣らしの回転域で、MAX 3000回転で運行させようとすると、巡航事の回転数は2000以下。
この状況では平地を転がすのが精一杯で、ゆるい登りで交通の流れに乗るのが少々キツい。
また、このときは、良く言われるようなロータリーのスムーズさがない。
そのスムーズさはレシプロの6気筒に相当するとも言われてますが、低回転時は体感的に4気筒相当に感じます。(それも出来が良くない4気筒)

尤もタービンの音が聞こえはじめてからの加速状態では、MAX 3000回転でも十分にパワーを発揮し、ロータリーならではの(異様なほど)スムーズな回転になります。
このときに3000回転で止めるのは相当気を使います。
ちょっと油断すると、4000回転ぐらいはすぐに回してしまう。

フットワークは、これまた評価しにくい。
最初から車高調が付いてて、アルミもノーマル2インチアップの17インチなので。
限界が高く、グリップ感が高く、アルミが重く(エンケイなので同じインチなら軽い部類だけど)、ハンドルが重いので、前後重量バランスの良さを、走り味の良さとして体感しにくいのです。
(ハンドルは、セリカに付けてたモモ・モデナⅡ(φ35)を移植したんですけど。笑)

確かに強めの横Gをかけると、FFのセリカよりフロントが軽い(リアにも荷重がかかっている)のがわかる。
しかし、それだけという感想しかない。
これまた、良く言われるような「鼻先がスッと入っていく」とか「後輪駆動の気持ち良さ」ってものがわからないんですよね。

まー、慣らしの回転域で走らせてる分には、足が勝ち過ぎててるのでしょうね。

第一次インプレの結論。
「駆動方式やエンジンなど、これまでと違う車に乗る時は、ノーマルの状態から乗った方が良い。特に慣らしから乗り始めるとき」

要するに乗ってる本人の問題。
失礼しました。(_ _;)

しかし、モノや店を探すのが大変な車。
ノーマルでなきゃ駄目なんて言ってたら、今時九州でまともなFCなど買えないのですよ。少なくとも、同時に探していたMR-2(SWのNA)はモノさえ見つからなかった。

|

« 好きになる車>やはりTV等の影響は | トップページ | キーワード »

RX-7 FC3S」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/11388266

この記事へのトラックバック一覧です: RX-7 FC3Sに、:

« 好きになる車>やはりTV等の影響は | トップページ | キーワード »