« 比較 RX-7 FC3S & CELICA ST-162 | トップページ | それはたまに思うけどね »

2006年9月 7日 (木)

続: 比較 RX-7 FC3S & CELICA ST-162

・ 概観、デザイン
どちらもハッチゲートクーペ。
空気抵抗はどちらもほぼ同じ。

片やエンジン横置きFFの、エンジン位置の高さを目立たなくするのに、デザインを工夫し、個性ができている。
片やロータリーの特性を生かしてバランスよくデザインし、一般受けもしやすい。
私はどちらも良いと思うけど、一般的には(走り屋の人も含めて) FCの方が良いということになるだろう。

・ RX-7はポルシェに似ている?
FCには(初代RX-7 SAの頃から)、ポルシェに似ているという評価がつきまとっている。
今や国内で、FRポルシェなど覚えてる人などあまりいないだろうけど、外車好きにそれを突っ込まれるのは気持ちのよいものではない。

まー、944と並べた写真を見ると、似ていると言えば似ている。
どこぞの国がやるような外観そのままパクリではないが。。
FCが個性を出すよりもスポーツカー的なバランスの良いデザインをしようとしていることと、リアの一体成型ガラスのせいで、余計に似ているように見えるのだろう。

日本車嫌いな人には、さぞや格好の攻撃材料だったろう。
「日本車には個性がない」とか言う連中の理屈を蹴散らせるだけの個性はあるのに、この一点で「だから日本車は~」等と言われるのは惜しい。

しかしこの時代、空力に優れたスポーツカーをつくろうと思ったら、リトラでファストバックのスタイルは外せなかっただろう。
ハッチゲートがガバッと開いてトランクスルーで荷室が使える実用性と相まって、この手のクーペが多かった。
ポルシェが特別オリジナルと言う訳でもあるまいし、この程度のことで真似だ何だと騒ぎたくはないものである。(少なくとも真っ当な車好きなら、、)

それに、似ているとは言っても、外観にキャラクターの違いが出ている。
944はどこか田舎くさいが(928あたりの方がマシ?)、FCはずっと垢抜けている。
ことさら個性を追い求めないでバランスのいい外観に仕上げるのは、必ずしも悪いことではないのだ。

・ その他
車のグレードは、RX-7 FC、162セリカともGT-R。
ただし、装備としては、セリカGT-Rは、FCのGTリミテッドあたりになるようです。
つまり、装備がちょっと豪華。

サンルーフ、電動格納ドアミラー、電動ランバーサポート調整式 & 無段階リクライニング調整シート、フルオートエアコン、調整式ハンドル(角度だけでなく軸長さも)等がセリカGT-Rの装備。

対してFCのGT-Rは、ドアミラーは電動調整だけど格納は手動。
シートはセミバケの形ではあっても、普通の有段階リクライニング。当然、ランバーサポートの調整などできない。
サンルーフなし。(走り優先ではない方がいいけど、)
エアコンはマニュアル。
特にシートは、腰のあたる部分が空き過ぎて合わないので、調整できないのはイタい。
(現在オートバックスのグッズで凌いでるけど、将来的にはレカロあたりが必要になりそう。)
ハンドルは長さ調整ができないものの、位置は問題なかった。セリカでステアリング換えた時は長さ調整が必要だったけど、

シフトレバーはFCの方が短いものの、シフト時の角度が大きい。セリカでは逆で、使い勝手ではほぼ互角か。。

ステアリング、ステレオは社外品。これらはセリカからFCに移植した。当然、違和感はない。
ただ、17インチアルミに扁平タイヤには、ステアリング径が小さい様子(φ35)で、曲がりの楽しさをスポイルしている一因かも知れません。

サンルーフの影響か、カタログ上の全高はFCの方が低いものの、着座位置はセリカより高い。
この為FCの方が少し視界が良い。坂の頂上などでは有難みを感じます。

|

« 比較 RX-7 FC3S & CELICA ST-162 | トップページ | それはたまに思うけどね »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/11797789

この記事へのトラックバック一覧です: 続: 比較 RX-7 FC3S & CELICA ST-162:

« 比較 RX-7 FC3S & CELICA ST-162 | トップページ | それはたまに思うけどね »