« ミュージックキャッチャーで1500曲ぅ? | トップページ | そこまで高尚ではないけど、 »

2006年9月26日 (火)

つまり、

米国人がうらやむ意外な日本のネット事情
http://www.web-20.net/2006/09/post_38.html

< 日米ネット環境比較 >

種類 日本 アメリカ
ADSL 1.5Mbps 1000円-2500円 3500円-4500円
ADSL 3.0Mbps 1000円-2000円 4000円-5000円
ADSL 6.0Mbps 1000円-2000円 4000円-5000円
ADSL 8.0Mbps 2000円-3000円 プランなし
ADSL 50.0Mbps 3000円-4000円 プランなし
光ファイバー100Mbps 5000円-7000円 プランなし(ビジネス用:100万以上)

見てのとおり、日本では低速ADSLプランと言われているタイプが、アメリカでは主要な回線速度なのである。

ただ、そんなアメリカ人から見たときに、『日本ではなぜこんなにすばらしいインフラがあるにも関わらずに、それにともなったGoogleやYouTubeのようなサービスが出てこないのだ?』と不思議にも思うそうだ。

ほぅ。
つまり、アメリカで高速回線がアメリカで普及するまで、それを生かした面白いサービスは出てこないので、それまでは低速回線で十分ってことなのかも知れない。

いづれにしろ、ダイヤルアップでは苦しいのだけど。。(苦笑)

# こんな程度の私見でトラックバックもどうかとは思うけど、一応しておきます。
よろしくなければ削除してやって下さい。

|

« ミュージックキャッチャーで1500曲ぅ? | トップページ | そこまで高尚ではないけど、 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/12046302

この記事へのトラックバック一覧です: つまり、:

« ミュージックキャッチャーで1500曲ぅ? | トップページ | そこまで高尚ではないけど、 »