« FC 近況 2.1 クラッチの話の続き、 | トップページ | 八幡屋 満海の湯 »

2007年2月 8日 (木)

それって画期的なんだろうけど、、

胎児への致死罪認定=妊婦の車に衝突した会社員-長崎地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000129-jij-soci

 林裁判官は「死者は事故当時は胎児で、母親の胎内にいる時点で負傷し、出生後に死亡した」と述べ、事故と死亡の因果関係を認定した。
 交通事故で胎児が出生後に死亡したケースで、業務上過失致死罪を認めるのは異例という。

異例でしょうね。
通常なら重傷害まででしょう。

交通事故ってことで過失扱いになるから、なるだけ重い刑を、ってことだろうけど、後が難しいんじゃなかろうか。

胎児は、法律上は母体の一部。
ゆえに傷害罪となるのが通例であろう。
生まれたら致死罪と言うのなら、生まれる前に殺してしまえという発想になりかねない。

今回のような判例が通例となると、妊婦と事故った者が、胎児を殴り殺すようなことが続出するかも知れない。

あと、心停止か脳死で争うことも考えられる。
心音を確認しただけであれば、脳死の可能性を理由に、出生前に死んでたことにする、とかいう姑息なテクニックも出てくるだろう。

そもそもが、この判例そのものが、法律上 傷害であるはずのものを致死にした、ある意味ムチャなことである。
この例を認めると、あらゆるケースを考え直さねばならず(中絶が殺人罪になりかねない)、公務員である裁判官の多くが、この判例を無視することも十分考えられる。

何はともあれ、私たちは公正で納得できる裁判を望む。
それ以上でも以下でもない。

|

« FC 近況 2.1 クラッチの話の続き、 | トップページ | 八幡屋 満海の湯 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/13835779

この記事へのトラックバック一覧です: それって画期的なんだろうけど、、:

« FC 近況 2.1 クラッチの話の続き、 | トップページ | 八幡屋 満海の湯 »