« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

あるある捏造問題で除名

関テレ民放連除名 五輪放送は?
sponichi annex

一方、民放連は都内で緊急対策委員会を開き、関西テレビの除名を決定。これにより、同局は来年8月開幕の北京五輪の中継権を共同契約するJCの枠組みからも外れるため、関西地域でフジテレビ系列の五輪放送が見られない可能性が出てきた。

この問題で、民間の放送団体がペナルティを与えるのは問題がある。
あるある大事典の捏造は、多くの局の多くのTV番組でやっていることの一つが発覚しただけに過ぎないからだ。

この問題に対して取り組むべきことは、全ての局が自分たちの番組をチェックし、捏造などおきないように自信を律することだ。
間違っても、関西テレビだけを悪者扱いしてつるし上げることではない。

そのことをよくよく考えていかないと、TV放送は腐っていくばかりだ。

かつてTBSも、オウムの問題で叩かれた。
だが、自身を反省して対策していくことで、ワイドショーの時間帯では他局より好感を持たれるまでになった。
ということは、調子こいてTBSを叩き、自身を律することのなかった局の放送は、視聴者の好感を得られなかったことになる。

それを考えれば、今回の除名も民法全体にとって良いこととは、とても思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月27日 (火)

何でもセットで語れば良いとは限らない

高齢ドライバー 足の確保こそ必要だ
東京新聞

 このまま放ってはおけない。高齢者の事故原因はとっさの判断力不足が多く、高速道路を逆走したり、事故当時の記憶が欠けていたという危険な例もある。認知症検査の導入により、本人が納得して“運転卒業”するように家族も説得しやすくなる。そうすれば事故減少に一定の効果が期待できるだろう。

 しかし、これだけでは問題は解消されない。山間部の過疎地などには、日常生活に車を手放せない高齢者がいる。鉄道やバスの赤字路線が廃止されたり、買い物先が郊外のスーパーなどへ移っている地域も多いからだ。

まずは事故を増やさないのが緊急課題ってことなのでしょうね。
とにかく制限しろ、免許を取り上げろ的な発想はいかにも警察らしい発想で、大きな問題を抱えてはいますが。(*1)
運転の為の最低限度の能力もない者は、やはり車から降ろすしかないでしょう。
他に良い手立てがあればともかく、、

 警察庁の「運転免許制度に関する懇談会」の委員は、地域住民のボランティアによってマイカーで高齢者を送迎する仕組みを提案している。

 高齢者が安心して暮らせるようにするために、それぞれの自治体や地域社会で高齢者の移動手段を支援する手だてを工夫したい。

認知症の問題だけではなく、体力的・能力的に運転できなくなる人は増加するでしょうから、 「~工夫したい」ということに反論はない。
それを、認知症ドライバーの緊急問題とごっちゃにしてことを停滞させることに異議があるだけです。

あと、60歳やちょっとで高齢者扱いするのはやめよう。
安易に人を高齢者扱いすることは、人を余計に老け込ませるだけです。

(*1)まず金を取ろうとする。次に免許を取ろうとする。もはや組織で甘い汁を吸いたいだけで、そこに交通状況を良くしようという気概はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

FCの調子

どこをいじった、どの部分を換えたとかいう近況は何度か書きましたが、それ以外にも触れたい部分、買ってすぐのインプレとは変わった部分もあるので、少し書いてみたいと思います。

・ 低速時のガタガタ揺れはなくなってきた。
買った当初は、ノッキング等による揺れが気になってたのですが、ここ最近はさほどガタガタしなくなってます。

当初の頃から較べると、ガソリンをレギュラーからハイオクに変えたり、オイル換えたり、プラグ換えたり、で、どれが聞いてるのか今一わかりにくい状態で、気にならなくなってきました。。
ガソリン変えた時には結構変わったと思ったけど、今よりは気になっていた。
ん? 気のせい?(笑)

・ エンジンのレスポンス
クラッチをメタルからノンアスに換えて以降、少しレスポンスが落ちている気がします。
ただ、MTの入りの渋さを考えれば、もう少し鈍くてもいいくらいです。
シフトダウン時は2,3回吹かさないと、うまく回転を合わせられません。
(そりゃ、σ ^_^ が下手なだけか、、)

本当はシフトもスパスパ決まって、レンポンスも鋭い方が好きなんですけどね。

・ 公道では踏めない。
私のようなヘタレには、FCのターボパワーは手に余ります。
慣らしの時も、5千回転移行はなかなか踏む機会をつくれませんでした。

今のようにスタッドレスを履いていると、余計に踏む機会が減ります。
路面の状況が良くないと、ただ滑るだけになってしまうので。(笑)

参考:
2006年8月25日 (金)
せぶん FC インプレ

2007年2月 8日 (木)
FC 近況2 … クラッチ

2007年2月 8日 (木)
FC 近況 2.1 クラッチの話の続き、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃費、、

先日初めて、FC で6km/Lを切ってしまいました。
5.5kmぐらいだった。
ずっと6kmを切ることはなかったのですが、、

まー、駅までチョイ乗り、寒くてなかなか水温が上がらず、上がった頃にはエンジン切って降りてる、という燃費には良くない乗り方してましたが、、
山に行く元気もなかったので距離を稼げなかったですし、、

それでも NAセリカ なら10km/L切るくらいの乗り方。
やはりロータリーはガス喰いのようです。
財布にも厳しい。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

車の本いろいろ

先日、の記事
2007年3月 5日 (月)
スカイラインV36
に対して 、

車とバイクの情報館
スカイライン32GT-R
をトラックバックでいただいていた。

普段からトラックバックと言えば、キーワードくらいしか関連のなさそうなものしかいただくことがない。記事と十分に関連があったり、記事に対して言及があったりという、本来のトラックバックはなかなか来ない。

上記のトラックバックも、当方の記事との関連はキーワードくらいである。
ただ、あちら様のページは車の本のデータベースとなっていて、ちょっと面白い。
関連する本の一覧を一ページ分、テキストにコピペしておくと、結構使えると思う。

自身の感想と言ったものはなく、関連する本をズラリと列記している。
記事トップの写真こそアフィリエイト先とリンクしているが、以下に列記している部分は余計なリンクがなく、ちょっとだけ好感が持てる。

(ところどころurlが書かれていて、それがリンクになっていないのが少し不便であるが、、 url先も、自身の関連ページらしいけど、あまり深い話がないのは残念)

私としては、
CG選集 マツダRX-7
あたりが、ちょっといいかなーと思った。

私の記事、
2006年9月19日 (火)
マツダRX-7 Car Graphic選集
よりも、本を買う人には気持ちいい書き方をしている。
(いやー私ってバカ正直だから、、苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月13日 (火)

セリカのトラックバック

RX-7の所に来てたので、トラックバックのリンクは削除しましたが、勿体ないのでここで挙げておきます。

セリカが欲しかった でもセリカが買えなった

ブログを書き始めて「セリカ」の車自体への記事以外のこともこれから書き込んでいきたいと思っています。

書けるうちはバンバン書いちゃってください。

ST-16x系の記事はこちら。

セリカが気にならなくなった

拙記事については、

2005年5月27日 (金) My ST-162 セリカ (その1)

2005年5月28日 (土) My ST-162 セリカ (その2)

2005年6月11日 (土)  my セリカ … 修復歴

2005年6月30日 (木) では162セリカのどこがいい?

主なのはこの辺り。

セリカと言うより5ナンバー リトラ車にこだわりがあったこと、維持に限界を感じたこと等から手放しましたが、思い出の詰まった車でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

FC、、気になること、

RX-7 FC3Sとの生活
2006年12月25日
こ~わ~れ~た~(T_T)

です、FCのクラッチ(推定)がぁ~(゚Д゚)

先日クラッチマスターを交換しましたが、相変わらず異音がしていたので「週末にいつものお店で見てもらおう~」っと思っていた金曜日…会社帰りの坂道で発進して、2速に入れてグワァ~とアクセル踏んだら

「ばっきぃ~ん!!!!」

(゚Д゚)!!??

………うむ~前に進みませ~ん(-_-)
………いやちょっとは進むけど、さすがに坂道は登れませ~ん(T^T)

2007年02月07日
どうやら…

うちのFCくん、いつものお店で調べてもらった結果、クラッチではなくデフが壊れたようです(^^;)

2007年03月04日
帰ってきましたぁ~

やっとFCが帰ってきましたぁ~ヾ(^▽^)ノ

ということで、こちら様はめでたし、めでたしでした。

実はうちのFCも、急坂で発進しようとすると、クラッチが抜けたように滑って、登っていかない現象があります。
はじめは逝きかけのクラッチを疑っていたのですが、クラッチ交換後に同じ場所で試した所、直っていませんでした。

平地やちょっとした坂では問題なし。(2千回転未満でミートして動ける所)
むしろ半クラがキツいほど、良くつながる。(笑)
ってことで、デフを疑っています。

我がFC。うちに来た時からイジられてたのですが、どこまでイジられてるのかわからなかったりします。
デフもそうで、ノーマルなのかどうかわかってません。
たまに曲がりで引きずることがあるので、トルセンかヘタった機械式LSDでも入ってるんじゃないかと思うのですが、、

関連拙記事:
2007年2月 8日 (木)
FC 近況2 … クラッチ

2006年8月25日 (金)
せぶん FC インプレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

民主党議員は、あまり調子こかない方がよい

松岡農相事務所 民主議員が電撃訪問

松岡って人は、私も前々から怪しいと思っていたので、彼らの突撃もわからんではない。

しかし議員たるもの、"怪しい"だけで勇み過ぎるのは良くないんじゃないか。
これまで勇んで自滅した例が何度もあるではないか。
少しは学習ってものをすべし。

しかし、こうして熱い野党議員がフェードアウトしていくのは惜しい。
もう少し頭が良ければ、将来の日本を十分(じゃないかも知れんけど)背負っていけるのに、、

特に民主党など、彼らのような党員が抜けていったら、残りは自民党で甘い汁を吸ってた者か、旧社会党で売国奴な連中くらいしか残らない。
こんな状況では、この国は暗くなるばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

ファミリア

2007.03.07 ステキな乗り心地

最近2回目の車検があり、マツダのディーラーに持って行きました。

マツダの担当者は私の小、中学の同級生で、いつも代車には「小さい車を」とお願いしてるの

で、いつもはデミオやキャロルだったのですが…



なぜか今回はファミリア…

私も、前にFCを入庫せさた時に、代車がファミリアセダンでした。
(クラッチ交換のとき)

若干高さを取ったようなスタイルで、トヨタ プラッツがもう少しセダンっぽくなったような感じ。
MTでと頼んだら、MTでもタコメーターなしの営業車モデルらしきものでした。
私のような下手くそにタコメーターなしは辛い。(笑)

乗り心地はオヤジ車の例に漏れず、静かだけどボヨボヨ。
厚めのシートには丁度良いかなー、とは思いますが、、
(親がその手の車じゃないとダメなので、割と慣れている。)

自分の車をあまりガチガチにしたことはないので(ストリートでも、タイヤの方が少し勝ってる)、FDにハードな車高調つけてるよりは、ボヨボヨの方に近いんですけど。。
そんな私の方が却ってボヨボヨ駄目みたい。
二日酔いで胃をやられている時は足がヤワい方がいいけど、今更そんなアホな乗り方しないし、、

キャロルも代車で結構乗りましたが(こちらは店が違い、自分の車もまだFCじゃなかった)、これはすっごくうるさい車でした。
小さくてMTで、ちょっと面白かったですけどね。

ちなみに、あちらのFDの人は、ガチガチのFDに犬猫を乗せてるようですが、私は先日火葬した猫の骨壷を乗せました。(爆)
骨壷 転がって割れないか心配だった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

RX-8

去年の夏頃に中古FCを買ったのですが、これに決めるまではRX-8も購入対象に考えてました。
広告のローン支払額が十分払えそうだったので。
ロータリー車は初だったので、新車の方が安心できるかなー等と思ったりもしたものでした。

実際にはボーナス月なんかとってもキツいし(ボーナスないので)、ローンの間メーカー所有扱いでチューンできないのもイヤなので、この時は見送りました。

まー、次に車換える時の候補には十分なるので、相変わらず気になる車のうちの一つではあります。

でネットを見ていた所、べりるさんの 2007年01月01日 祝:RX-8購入~! が丁度よいインプレ記事のようでした。

購入して乗り始めの頃は、それでも今まで5ナンバー・ホンダ・FF・レシプロから3ナンバー・マツダ・FR・ロータリーへ変わってもう乗り方がわからなくてパニックですよ…。長年染み付いてきた感覚と全然違うんで。おまけに視界は悪いし(笑)。死角が多いので注意深くなりました(^_^;)

RX-8/7って、妙な所が死角になりますよね。

FCだとドアのすぐ後ろのピラーが太くて、結構な視界になります。
斜めに合流する時とか邪魔ですし、白バイが追尾するのにうってつけの死角(^_^;)だったりします。

まーFCは、前は割りとよく見えます。
低目のボンネットのおかげで。。
ただ、それはいいことばかりでもなく、FFの感覚だとフロントの長さがわからずにコスったりもします。(笑)

近所のおばあちゃんには「まみちゃん、今度の車は地味だねぇ…」と言われ少しへこんでいましたが(どこがじゃ~!!)

確かに「どこがじゃ~!!」ですよね。
近年はランエボみたいな見るからにゴテゴテでゴッツい車もあって、そーいうのと較べたら地味かも知れないけど、、

・ブレーキがすごく効く。

見るからに効きそうですもんね。
できればいただいて FCに移植したいくらい。(爆)

・よく曲がる。

こいつはチューン・セッティング次第なので何とも、、
うちのFCは、FFセリカより曲がらないように感じました。
前後重量バランスは、さほど曲がる感覚には影響ないのかも知れません。

・シートがよい。

いいなー。。
FCのは見た目ほど良くないです。
(リアは勿論、フロントも、)

・車が温まらないと少しシフトが入りにくい。

8でもそうですか。
シンプルなFR構造ならでは、なんでしょうね。

2007年02月26日 ドライブ!ドライブ!

金曜日に満タンにしてきて、一日でまた給油(T_T)/~~~…でも、なんと燃費が満タン法なんですが10.56kmで自己新記録でした~。一般道オンリーだけど、一日で使い切ったから暖気運転などのロスがなかったのと、すいすい走れる道を選んで走ったからかな。

さすがに新世代ロータリーですね。
同じような走りで、FCだと7Km/L少々。ちょっと吹かすと7をきってしまう。。
FCでは丸一日なんて走れないと思ふ。
きっと先にガス欠になるでしょうから。(笑)

ついでに、Weekly MAZDA さんの 2007.02.26 RX-8の進化 にも触れましょう。

限定車やチューニングモデルは別としてRX-8本体は6ATを追加しただけで、4年間ほとんど放置プレイ。

そうなんですか。
私は積極的に情報を集めたりしてないので、何とも言えませんが、、

ただ、メーカー発表では放置にしか見えないような状況でも、実はちょこちょこ小変更があったりもするんですよね。
トヨタのスポーティカーなど、、メカに強いごく一部のひとにしかわからなかったようです。
スープラのデフのキャパシティダウン(=軽量化)で、どこかの場所では騒ぎになったりして。
少々の軽量化ではカタログに反映しないこともあります。

しかし、Z32だと本当に放ったらかしだったらしいです。
ということもあるので、8がどうとは言えない。
開発時に渾身をこめ過ぎて、小改良のしようがないのかも知れないし、、

関連記事:
2006年8月25日 (金) せぶん FC インプレ

2006年9月 6日 (水) おむすびころころ

2007年3月 6日 (火) FC近況4 腰当

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ロータリー伝説DVD

Weekly MAZDA 2007.01.19 ロータリー伝説DVD

書店での販売ではなくコンビニでの販売になっているようです。

私はAMAZONで買ったので、販売店については意識しませんでした。
AMAZONのサイトをチェックしたら、たまたま引っかかって、書店で見たことがないものがあったので、買ってみたのです。
言われてみると、コンビニで見たような気もしますが、まるっきり忘れていたりします。(^_^;)

マツダロータリー発売40周年記念という割にはノリが軽いですねぇ。(笑)もっと厳かな感じのパッケージ、いや、1,050円というのが軽すぎる。

確かに、軽過ぎるとは思いますが、それも悪くないような気がします。
手書きでいろいろ書いてるパッケージなどは楽しそうで、却って手にとってみたくなります。

中身の軽さは、、賛否両方かなー。。
コスモスポーツやサバンナGTの試乗インプレなど、本のおまけDVDのようなノリを感じます。
実際にはプロドライバーがインプレしてて、それなりのコストはかけてるんですけどね。

まー安っぽさはともかく、コスモスポーツがクネクネ道をヒラヒラと走る姿は楽しそうです。
なんどか見ているうちに、無性にコスモスポーツが欲しくなってしまいました。(笑)

アメリカかどこかのレースでの、RX-7 100勝なんてのもやってて、それは手に汗握る構成でした。
又、100勝目のセブンがFCなのも嬉しい。(笑。リアハッチガラスがFCそのものなのです。)

ミニカー2個付で1,050円!!最近は雑誌の付録にDVDがついてくるくらいですから、いまさら驚きませんが、ミニカー2個ついて1,050円というのは驚異的??つか、ミニカーのおまけにDVDかも??

ミニカーは、、ないよりあった方がいいかなー、という程度。

最近では缶コーヒーにもミニカーがついてきて、コスモスポーツ等は何台かキープしてますからねー。
あれと同程度のミニカーですから、いささか食傷気味。
FDも缶コーヒーであったような気がするし、、
FCが付いてくれば良かったんですけど。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

FC近況4 腰当

うちのFC、、買ったときの問題点が爆音以外にもありました。
シートがまるで腰に合わないのです。
はじめは自分に合わないだけかと思いましたが、何かアメリカ人向けで大き目なんだそうです。

(爆音については 2007年2月 7日 (水) FC 近況1 … サイレンサー を参照)

(シートの出来については RX-7 car graphic選集 誌に書かれています。)

Seven20061122 それで、いずれはレカロシートが欲しいのですが、金がないことと急いで対処する為に、写真のようなグッズで凌いでいます。(^_^;)

見た目には、あまりよろしくないのですが(一言でいうとカッコわるい。爆)、これで腰はかなり楽になります。
ただ、横方向のホールドがないので、気持ち良く走るには不向きです。
ちょっと元気出そうとすると、足で踏ん張るしかなくなる。。

まー、その場しのぎだから、仕方ないかなー、、とは思ってます。

ちなみに、この腰当も一度換えました。
前のは厚みがあり過ぎて合わなかったので。。
↑余ってるんですけど、欲しい人います?(苦笑)

この腰当、使い出して結構経つので、そろそろレカロ欲しいとは思ってるのですが、例によって金がなく、買うのが延び延びになっています。
LSDも欲しいし、どこががいつ壊れてもおかしくないし、、 金はいくらでも必要なんですけどね。。

関連記事:
2006年8月11日 (金) RX-7 FC3Sに、

2006年8月25日 (金) せぶん FC インプレ

2006年9月19日 (火) マツダRX-7 Car Graphic選集

2007年2月 8日 (木) FC 近況2 … クラッチ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

デートカー

また 小沢コージのアンチエイジングカー よりネタをいただく。

ダイハツ ソニカ〜軽のデートカーは成立するのか?

ネタバレがあるから、小沢氏の記事が楽しみなら、ここは無視して記事に飛びましょう。(笑)

私の考えでは、軽のデートカーは成立する。
と言うより、私の考え以前に現実として、若いカップルが軽でデートしていることが多い。
デートカー=デートに使う車・デートの為の車、であるなら、問答無用で、間違いなく軽のデートカーは成立しているのだ。

しかし、氏は「軽のデートカーは成立しない」と言っている。

デートカーとは要するに「スポーツカーほどカッコよくないがスタイリッシュ」で、「高級車ほど上質ではないが快適」で、「実用車ほど便利ではないがそこそこ使い勝手が良くて」というクルマである。まさしく“ほどほど”や“そこそこ”の塊。しかし、その絶妙なバランスの中に、男女のデートシーンに求められるもの、すなわち適度に美しいスタイルと、適度にスポーティな運動特性と、適度に荷物が載るラゲッジスペースが求められるわけで、サジ加減が非常に難しい。もっというと適度な値段も必要になる。

と、このように80年代的なデートカーの定義の基で語っているからだ。

そもそも、今時のデートに縁のある若者はクーペ等のスポーツカーのような車をカッコいいとは思わない。
若者にもそのような車をカッコいいと思う人は少なくないが、そういう若者はチャラチャラとデートに明け暮れたりしない。
どちらかと言うと、車好きな人、異性よりまず車を楽しみたい人に人気があるようだ。

(筆者や私なども、車を楽しみたい人種の部類だろう。)

一例として、、 2000年くらいだったか。。
あるスポーツマンのモテそうな男が「あの車カッコいい」と指さして言った。
指されたのは、当時の現行レガシィワゴン。
評論家からは「あのデザインは、レガシィの唯一にして最大の弱点」のような言われ方をされていたと思う。
私も、フロントまわりなんかドンくさいなー、、と思ったものだ。

そのくらい、カッコに対して意識が違うのだ。
間違っても、今のデートカーを語るのに、往年のプレリュードやシルビアなどを思い浮かべてはいけない。
そのようなクーペは今や、パーソナルカーではあってもデートカーではないのである。


閑話休題:
デートカーと言えば、ホンダSM-Xを外す訳にはいくまい。
その時代のカッコよさがあり、抱き寄せてイチャイチャできれば良い、乗り心地とか年寄りくさいことは言わせない、ラブホ不用という、ある意味究極のデートカー。

そのような露骨な究極振りが女のコにウけるはずもなくフェイドアウトしていったが、あれこそがデートの為の機能を凝縮した、デートカーなのである。

まー、本当は下心ミエミエで女のコに逃げられるような↑みたいな車はデートカーたりえないのだが、デートの本質(?)を表現している姿は高く評価したい。


さて、ダイハツ ソニカであるが、、
デートカーとして企画され、デートカーとして評価されていること。これは大失敗と言えよう。

古い考えでのデートカーとして企画されたがゆえ、現代のデートカーとは成りえないのである。
現代のデートカーとしてなら、ムーブの方が何倍もデートカー デートカーしてるのだ。

4ページ目

さらに意外だったのがこれだけ快適だと軽自動車ならではの左右シートの近さも逆にうれしくも感じること。要するにデートカーとしてかなり優れているのだ。

上段に記したように、これはデートカーとして優れているとは言い難い。
優れているのは、ラブラブの頂点にいる短期間だけで、あとは不快に感じるものである。(特に女のコは、)

更にマズいことに、この車をパーソナルカーとして欲しがる人にもマイナスに働く。
パーソナルカーに使う人は、同姓の友達を乗せることが多いだろう。
となると、

暑苦しい同性が乗ったりした場合はやはり狭すぎると思われた。

、が前面に出てしまうのだ。

ただ、

ちょっと贅沢な発泡酒カーのお味

は多分当たっていると思う。
自分では試乗すらしてないので、その辺の評価はできないのだが、、

的を得た記事だと思いました。

まさにその通り!と言いたくなるような的を得た記事でした。軽自動車をちょっと贅沢な発砲酒に例えた表現は巧いし面白かったです。

という意見があるので、その通りなのだろう。
私ならコペンの方が好みに合うけど(全くオープンにしなくても、)、ATで街乗りを楽しむなら、ソニカも良いかも知れない。
コラムシフトでAT前提なのに、走りのターボなど付けたりしてチグハグに見えるけど、軽らしからぬ余裕を持たせると思えば、大して問題ないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スパムトラックバック

最近、増えているような気がする。

何か書くと、すぐスパムトラバを受けるようになった。
訳のわからんフル英語のページや、商売目的でしかないページ、エログ等。

うちだと、upしてからしばらくアクセスしないこともあるので、後で見るとスパムまみれになってることもある。

相手の所に乗り込んでみたら効果あるのだろうか?
(尤も、商売だけの為のスパムトラバセンターは、外からのトラバもコメントも受け付けないだろうけど、、)

うち程度でこんな具合だったら、大手ブログなどは、とっても大変なんだろうなー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイラインV36

小沢コージのアンチエイジングカー
第17回 日産 スカイライン~自分の思いを投影するヒーロー (2007/03/01)

スカイラインは走り車としては有名で、私のようなマイナー志向の者が触れると、釣り記事でも書いているように思われてしまうかも知れない。
ただ、スカイライン好きにも、他の車が好きな者にも、気になる車だということは本当だろう。

で、私自身は、特にスカイライン好きではない。
ただ、お山ドライブしたり、サーキットに行ったこともある身として気になる程度だ。
(ライバルとして少しは知っておく必要があるし、、笑)
まー、自分の車として、32 GTS-T辺りを考えたことはある。

と前置きはこれくらいにして、リンク元の記事について。
この方も車評論家らしく、スカイラインには熱く語りたいようだ。

新しいV36型になり、スカイラインが販売を戻してきているという。昨年11月に発表されるなり、1週間で受注4144台と月販目標の4倍を超え、つい先日の73日目には1万台を突破。これは先代V35型はもちろん、先々代R34型も超える勢いだ。

まー、代替所要だろうし、いつまでも売れ続けることはないと思うけど、先代V35よりは売れているらしい。
(V35はおろかR34でさえ、つい先日のことみたいに感じてるんだけど、、年を取っていくなー。。苦笑)

だが、基本は変わらないし、そもそもスカイラインはプリンスブランドで売られていた初代の時代から“合理的でヨーロピアンなセダン”を目指していたはずなのだ。

これ、外車好きの評論家がずっと言っているんだけど、スカGユーザー・日本車ユーザーとはかなり意識の差がある。
ユーザーにとっては、日本グランプリのスカGやGTRのような、レースと結びつく走りのイメージの方が大きいだろう。

使うときの都合でキャビンや荷室に注文つけるユーザーはいても、それが本来のスカイラインだから等と言うユーザーはいまい。そんな風に言うのは横から見ている人たちくらいのもの。

本質は4ドアのレーシングカー

作り込みの部分で特に感動したのはフロントの足回りである。今までにないアルミ高真空ダイキャストサブフレームを使っているのだ。これは一部アルミ製のサスペンションパーツと相まり、まるでレーシングカーのような品質感を醸し出す。おかげでボディは剛性を大幅に増しながらも車重が約130キロも軽くなったという。設計したエンジニアは元々日産でレーシングカーを作っていた人物という説もあり、なかなかの進化だ。

これだけでは、「元が重かったんじゃないの?」とも思うけど、、

<次ページ>

一方、これまた新設計というFR車専用のV型エンジンはまさに正常進化だ。排気量は2.5リッターと3.5リッターの2種類で、それぞれ最高7500回転と高回転化を果たした上で10psプラスの225ps、43psプラスの315psと共にパワーアップを果たしており、フィーリングも向上。旧型と基本は同じの5速マニュアルモード付きATと組み合わされ、息の長い加速が楽しめる。

ここら辺はかなり美味しそうだ。
3.5Lで7500回転も回すとは、外車の高価格スポーツカー並だろう。
(高級と言わない所が書き手の意地。爆)

私は常々、レシプロのスポーツエンジンはNAの方が楽しいと思っているので、こういう方向性は好みに合う。
しかぁーし、MTでないのなら、私にはアウトオブ眼中なのだ。(死語か、、爆)
私のような貧乏人が買う車でないとは言え、何とも勿体ない話である。

マガジンXの論評だと、ATの出来が良くないそうである。
(2007/03/02くらいに、立ち読みで見た程度だが。。爆)
これではまさに、札束をドブに捨てるに等しいような気がする。
まー、マニュアルモードがあるので、そこまで言うのは大げさか、、、?

と言うことで、 一言で言えば「V36は、MTで自分に金があれば買い。」となる。
金さえあれば買うという訳ではないが、「羊の皮を被った狼」(*)のような魅力があり、もっとじじぃになったら乗ってみてもいいかなー、とは思う。

(*) 単にスポーツセダンではないと思う。
R34やランエボ、インプはまんま狼だし。
やはり、見た目はオヤジセダンでなければ「羊の皮を被った」とは言わない。

等と言いつつ、自分が買うならRX-8になるけど、、(爆)
レシプロなら、もっと安く軽く、が絶対条件。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

首相にはあれこれ言っても仕方ないと思う

今日の政治あれこれ、首相今度は御手洗氏を庇う

そして安倍首相も今までにどれだけの疑惑の人間を庇って
来た事か。
身内を庇う態度は見ていて不愉快。
政治献金を貰ってる手前か、それとも弱みを握られてるとか
勘繰りたくなったりして。。。

弱みを握られていると言えば、握られてるんでしょうなー。
政治の世界じゃ、あの方ぐらいの年だと、ジジィ連中に睨まれないようにしないと政治家生命を断たれますからねー。

言わば傀儡総理
美しい日本などと、あまり意味のない抽象的なスローガンを掲げているとこなど、それを良く示していると言える。
(まー拉致問題への対応などを考えれば100%傀儡ではないとも言えるが、)

小泉さんよりもっと使えないとは言え、他の連中はもっともっと使えない。
政治のリーダーシップはおろか、政治の「せ」の字にも踏み込めないほど力がない者か、
力があっても口が支持率に軽くて期待できないか、
あとは特亜の国益ばかり考えている売国奴か、
、、ぐらいしかいない。

今も決して明るいとは言えない政治。
しかし、さきざきの政治はもっと暗い。
その原因は国民にもあり、政治家ばかりを非難して済むものでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »