« 首相にはあれこれ言っても仕方ないと思う | トップページ | スパムトラックバック »

2007年3月 5日 (月)

スカイラインV36

小沢コージのアンチエイジングカー
第17回 日産 スカイライン~自分の思いを投影するヒーロー (2007/03/01)

スカイラインは走り車としては有名で、私のようなマイナー志向の者が触れると、釣り記事でも書いているように思われてしまうかも知れない。
ただ、スカイライン好きにも、他の車が好きな者にも、気になる車だということは本当だろう。

で、私自身は、特にスカイライン好きではない。
ただ、お山ドライブしたり、サーキットに行ったこともある身として気になる程度だ。
(ライバルとして少しは知っておく必要があるし、、笑)
まー、自分の車として、32 GTS-T辺りを考えたことはある。

と前置きはこれくらいにして、リンク元の記事について。
この方も車評論家らしく、スカイラインには熱く語りたいようだ。

新しいV36型になり、スカイラインが販売を戻してきているという。昨年11月に発表されるなり、1週間で受注4144台と月販目標の4倍を超え、つい先日の73日目には1万台を突破。これは先代V35型はもちろん、先々代R34型も超える勢いだ。

まー、代替所要だろうし、いつまでも売れ続けることはないと思うけど、先代V35よりは売れているらしい。
(V35はおろかR34でさえ、つい先日のことみたいに感じてるんだけど、、年を取っていくなー。。苦笑)

だが、基本は変わらないし、そもそもスカイラインはプリンスブランドで売られていた初代の時代から“合理的でヨーロピアンなセダン”を目指していたはずなのだ。

これ、外車好きの評論家がずっと言っているんだけど、スカGユーザー・日本車ユーザーとはかなり意識の差がある。
ユーザーにとっては、日本グランプリのスカGやGTRのような、レースと結びつく走りのイメージの方が大きいだろう。

使うときの都合でキャビンや荷室に注文つけるユーザーはいても、それが本来のスカイラインだから等と言うユーザーはいまい。そんな風に言うのは横から見ている人たちくらいのもの。

本質は4ドアのレーシングカー

作り込みの部分で特に感動したのはフロントの足回りである。今までにないアルミ高真空ダイキャストサブフレームを使っているのだ。これは一部アルミ製のサスペンションパーツと相まり、まるでレーシングカーのような品質感を醸し出す。おかげでボディは剛性を大幅に増しながらも車重が約130キロも軽くなったという。設計したエンジニアは元々日産でレーシングカーを作っていた人物という説もあり、なかなかの進化だ。

これだけでは、「元が重かったんじゃないの?」とも思うけど、、

<次ページ>

一方、これまた新設計というFR車専用のV型エンジンはまさに正常進化だ。排気量は2.5リッターと3.5リッターの2種類で、それぞれ最高7500回転と高回転化を果たした上で10psプラスの225ps、43psプラスの315psと共にパワーアップを果たしており、フィーリングも向上。旧型と基本は同じの5速マニュアルモード付きATと組み合わされ、息の長い加速が楽しめる。

ここら辺はかなり美味しそうだ。
3.5Lで7500回転も回すとは、外車の高価格スポーツカー並だろう。
(高級と言わない所が書き手の意地。爆)

私は常々、レシプロのスポーツエンジンはNAの方が楽しいと思っているので、こういう方向性は好みに合う。
しかぁーし、MTでないのなら、私にはアウトオブ眼中なのだ。(死語か、、爆)
私のような貧乏人が買う車でないとは言え、何とも勿体ない話である。

マガジンXの論評だと、ATの出来が良くないそうである。
(2007/03/02くらいに、立ち読みで見た程度だが。。爆)
これではまさに、札束をドブに捨てるに等しいような気がする。
まー、マニュアルモードがあるので、そこまで言うのは大げさか、、、?

と言うことで、 一言で言えば「V36は、MTで自分に金があれば買い。」となる。
金さえあれば買うという訳ではないが、「羊の皮を被った狼」(*)のような魅力があり、もっとじじぃになったら乗ってみてもいいかなー、とは思う。

(*) 単にスポーツセダンではないと思う。
R34やランエボ、インプはまんま狼だし。
やはり、見た目はオヤジセダンでなければ「羊の皮を被った」とは言わない。

等と言いつつ、自分が買うならRX-8になるけど、、(爆)
レシプロなら、もっと安く軽く、が絶対条件。


|

« 首相にはあれこれ言っても仕方ないと思う | トップページ | スパムトラックバック »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

全く同感。メカ的には完成度が高まって楽しそうだけど、デザインには「ちょっと違う方に行ってません?」と言いたくなります。
スカGは、オヤジセダンで地味で速い「ジミハヤ」こそが真骨頂。V35のあの地味さが好きだったのに、まんまフーガじゃん。レクサス意識し過ぎてません?おまけにMT設定なし、じゃ往年の真のスカGファンは興ざめしてるんじゃないでしょうかねぇ。フーガではときめきません。

投稿: ぜおん | 2007年4月22日 (日) 21時35分

ぜおんさん、コメントありがとうございます。&遅くなってすみません。
欧米の高価格車市場を意識し過ぎているのでしょうね。
新しい名前の車がボコボコでてきているのだから、スカイラインの名を残すなら原点に戻っても良いでしょうに。
(R31, 33, 34 みたいになるのも考えものだけど、)

投稿: ピーちゃ♪ | 2007年4月24日 (火) 10時24分

皆さんいろいろ言われてますがケンメリカラTメーカーに乗りやっと日産に戻る車が来た感じですもう少しエアロを選択できるようにしてほしかったですドアの閉まりはドイツの車に負けてないいい音です

投稿: ケン | 2007年5月12日 (土) 14時41分

ケンさんコメントありがとうございます。
クーペのMT版が出たらいいかなー、と思っとります。

投稿: ピーちゃ♪ | 2007年5月15日 (火) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/14101172

この記事へのトラックバック一覧です: スカイラインV36:

» スカイライン32GT-R [車とバイクの情報館]
[続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 20時16分

« 首相にはあれこれ言っても仕方ないと思う | トップページ | スパムトラックバック »