« 洗車で節約ゆーてもねー、、 | トップページ | 不二家と、みのもんたの番組で、 »

2007年4月10日 (火)

反日扱いされること

より多くの人がより不幸な社会を高く評価する人が愛国者気取りであることの不思議さ
la_causette

 日本の近現代史のうち、経済の発展及び自由の確立により多くの国民をより幸せにすることに成功した時期をネガティブに評価し、戦争の惨禍により多くの国民を相当の不幸に追い込んだ時期をポジティブに評価する人々がお互いを愛国者と位置づけ、前者をポジティブに評価し後者をネガティブに評価する人々は「反日」云々と罵られる理由というのは、私には、理解不能だったりします。

私みたいな者が場違いであることを承知で、敢えて突っ込んでみます。
あちらにはあちらの話の流れがあるようですが、ここでは基本的にスルーし、主にリンク元記事のみに言及することとします。

反日と言うのは、日本を軍国主義だとか、中韓は被害国だとか言って、日本を否定する人たちのことですよね。
戦前・戦中の日本を否定している人ということになるのでしょうが、実態としては今の日本も、軍国主義に戻っているとか言って否定している。
戦中までを否定し戦後を肯定している人とは言いがたい。

又、反日の人が戦後を肯定するとしても、それは「経済の発展及び自由の確立」があったからでも、戦中が「戦争の惨禍により多くの国民を相当の不幸に追い込んだ」からでもない。
否定したいのは、あくまで軍事行動や、靖国や竹島問題など、軍国主義とされていること。

反日とか親日とかとは全然違う視点が持ち込まれているように見えます。

とは言っても、反日でも何でもない人が反日扱いされる場合はあるようです。
右翼からすれば、天皇制否定とか徴兵制否定で、反日認定するには十分でしょう。

そんな明確な右翼でなくとも、ネット上ではちょっとしたことでウヨだサヨだ反日だと言われる。
まーそれは、気に食わない者にレッテル貼りしやすいからでしょうけど、大抵は中・韓・北がらみですね。
違う意味での戦中・戦後の否定・肯定の話はあまりないような気がします。
(自分の見ている場所が偏ってると言われればそれまででしょうけど、)

|

« 洗車で節約ゆーてもねー、、 | トップページ | 不二家と、みのもんたの番組で、 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/14633339

この記事へのトラックバック一覧です: 反日扱いされること:

« 洗車で節約ゆーてもねー、、 | トップページ | 不二家と、みのもんたの番組で、 »