« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月26日 (木)

しかしダイエットが、

普段のウチの記事が関係あるのかと言うと、、

関係あるんですなー。( ̄^ ̄;)

ずっとここを見てくれている方ならわかると思いますが、私は車好きのドライブ好きで、主に車のことを書いています。
で、車を気持ち良く動かそうと思ったら、車の重さがなるだけ軽い方がいいのです。
(その辺は好みの問題もあるけど、ヒラリヒラリとカーブを抜けて行くのが好き!)

そう、乗ってるドライバーも含めて、なるだけ軽い方が気持ち良いのです。
つまり、ダイエット問題は私のような車好きにも関係の深いことだったりします。

しかしビリース゜ブートキャンプは、時間と余力がないと無理だよなー、、と思う。

関連記事:
ダイエット
2007年7月24日 (火)

話の続き、、、ダイエット
2007年7月26日 (木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話の続き、、、ダイエット

ダイエット( 2007年7月24日 (火) )の続きです。

最近、ビリーズブートキャンプがエラく流行っているらしい。
どうも、ビリーのあめりか~んなキャラぶりと、多くの女性が楽しそうに踊っている所が、消費者の琴線に触れるのだろうか。
私には、数多くある深夜番組の商品の一つにしか見えないのだけど、、

で、このエクササイズで体を痛めてしまうことも多いようだ。

ビリーのエクササイズは短期間で痩せることを売りにしているようだが、それで体を痛めては元も子もない。
体が痛くて日常生活の動きができなくなったら、たちまちリバウンドしてしまうだろう。


だからビリーをやるな!というのもアレなので、体を痛めないやり方を考えると、、

まずは、初級メニューを継続していくことだろう。

ビリーズブートキャンプは、飽きのこない編集が皆にウケているが、それで早々に上級メニューにいくことが、体に過度の負担をかける一因だと思われる。

飽きないということはダイエットを続けるのに大事なことではあるが、、
本来ダイエットとは、飽きそうなメニューを継続していくものであることも認識しておいた方が良いだろう。

自分の体をブッ潰してでも短期間で痩せることが大事で、その後のリバウンドなどきにしないのであれば、一気にビリーズブートキャンプを制覇しても構わないだろうけど、、


ダイエット自体が目的で、痩せる以外の何もいらないという人はまずいないだろう。
普通は、痩せてオシャレな服を着たいとか、カッコよくなって堂々としたいとか、、、
何かしら、痩せた先に期待や目標があるはずだ。

ダイエットするなら、その目標は見失わないようにしたい。
その為には、ビリーズブートキャンプも、有効に使っていく必要があろう。
流行や見た目の楽しさに飲まれると、きっと後々後悔することになる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月24日 (火)

ダイエット

最近やたらとダイエットのトラックバック・宣伝が多い。
先日の記事の「いくら?」で、なぜかダイエットの宣伝TBがあつまる。
「いくら体重が減る?」の意味で検索に引っかかるのか?

だいたい、夏になってからダイエットダイエット騒ぐ意味なんてあるのだろうか?
大抵は、夏になったらカワイイ水着やカッコいい体を披露したくて、夏前にダイエットするものじゃないか、、

そもそも、むやみにダイエットすること・ダイエットを勧めることには疑問がある。
更に、「ダイエット=健康」のような図式を短絡的に押し付けてくることには、大いに疑問を投げかけたい。

もっと言えば、「やせてる=健康」「太っている=不健康」などというデタラメを振りかざし、太っていることを蔑み馬鹿にするような、ボディハラスメントのような真似に及ぶ者は、人間失格だ。

注.他人へダイエットを押し付けてくるのはともかく、自分が進んでダイエットをするのは否定しませんよ。
それが健康に良いとは限らない、ってことは自覚しておくべきだけど、、、後からトンデモダイエット法だった等とグチらない為に。

この話はもう少々続けて書いてみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2007年7月19日 (木)

それでいくらなの??

先日、こんなトラックバックをいただいていた。

一生独身でいた場合、必要なお金は?
占い相談、姓名判断、ご縁、結婚相談、妊娠産後ダイエットの悩みうつ病、金融・キャッシングの悩みなど

はたして彼女が一生独身だとしたら、将来に必要なお金はおいくら?

いや、わざわざ記事にしてトラバしてくるくらいなら、「いくら?」で記事を終わらせるなよ

んでこの場合は、老後の治療費・手術費が大きいのだろうけど、そういうのはいくらぐらいあればいいのかね?
大きな手術とかを考えれば青天井式に、いくらあっても足りなさそうだけど、、
金持ちの人たちは平気の平左みたいなので、どこかには上限があるのだろう。
それとも金持ちほど安く手術できるとか??

年収430万円、都内に一人暮らしの29歳。毎月1万円ずつ貯金をし、最近、貯金残高がやっと20万円に達した。現在つきあっている男性はなく、結婚の予定もなし。「最近、老後が心配なんですよ。このまま独身だとしたら、私、ちゃんと暮らしていけるのでしょうか?」と不安そうに語るのは、制作会社に勤務する淳子さん(仮名)。

いや、それだけ稼ぎがあるのなら、もっと計画的に使うなり貯めるなりしようよ。
貯金と保険をしっかりしていれば、庶民の平均的な備えはできる。
都内だから金が残らないってことなら、都内から出る方がいいですね。

まぁ金持ちの男を捕まえれば何とかなるのだろうけど、そんな都合のいい男がゴロゴロいるわけじゃないしね。
この女性より稼ぎの少ない男の方が多い。
それでも二人で働いてやっていこう、と思えるなら、結婚の方向に行ってもいいかも知れない。

#ちなみに当方のトラバ先記事とは関連がないので、トラバリンクの方は削除しております。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年7月18日 (水)

トヨタの強さ(?)

トヨタが本腰を入れて欧州制覇に乗り出した
日経ビジネスonline

  自動車販売シェア拡大という切り口から見て、トヨタの弱みは見当たらない。

こういう表現がよくされるが、これは適当な表現なのだろうか?

トヨタのシェアが絶対的と言えるほど強いのは否定しようのない事実だが、そこに「死角がない」「弱みがない」という言い方を持ち込むと、何か違うんじゃないかと思う。
「強い」ことと「死角がない」ことはまるで別の話だ。

#尤も、「弱みがない」等と言っても、トヨタ自身は意にも介さないだろう。
全方位でバシバシ、ライバル車を出してブツけていくやり方は、それこそ死角だらけだからだと言えなくもない。トヨタには自覚があるはずだ。

で、どこに死角があるかと言うと、、

今のトヨタには、スポーツカー・スポーティカーの類がないことが問題だろう。
近年はスポーツカー冬の時代とよく言われるが、いくつかは新車でも存在している。
RX-8にランエボ・インプ・シビックR等、、

これらは、数を売ることは到底望めなくとも、メーカーのシンボルのようなものだ。
日本ではともかく、世界で売っていくなら、このようなイメージリーダー的な車があった方が良い。

まぁ、今のトヨタにもホットハッチ(ヴィッツRS)や大排気量セダンなんかがあるが、それらをスポーティカーと言うには無理があろう。
少なくとも私には、セリカもレビトレもMRSもなくなった今のトヨタは、まるで必要のないメーカーになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

東郷神社・日本海海戦記念碑

先日、行ってみました。
と言うか、適当にその辺をドライブしてたら、たどり着きました。

そこは、海に近い、ちょっとした小さな山にあります。
陸側の道はちょっとした走り屋好みの道。
しましま舗装とかなくて無用心ですが(笑)、あまりに短い道なので誰も暴走には来ないのかも知れません。

で、ここの展望園地とやらに行ってみると、、

Vfsh0723

な、なんじゃこりゃぁ~っ!

で、これは、、

Vfsh0722

ということらしいです。

で神社の方も、かの東郷元帥にちなんだものらしい。
ということは、この近くの地名「東郷」もきっと元帥にちなんだものなんだろうなー。。
その割には、元帥や海戦ゆかりの催し物の類がないみたいだけど。

大砲は海に向かって固定されています。
これでは到底実戦には使えませんが、砲の裏側や周りの砲弾なんかは本物っぽい。
あと、建物の丸っこい窓穴なんかも。(^_^;)

これはどうやら、本物の砲身を使ったオブジェのようです。

で、展望園地のやや下辺りに神社があります。
先にそちらへ行ってお参りしてきました。
こう行ってはナンですが、戦争ゆかり・国策ゆかりと思うと、ちと有り難味が薄れるような気がします。
その戦闘については、国民全員の先行きがかかった超一大事ではありましたが、、

参考:
幻の記念艦と東郷神社
大艦巨砲の旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UNIXとLinux

現在、当ブログではクルマネタを書くことが多い。
元々はIT資格の話をバシバシやろうと思っていたのだが、最近はまるで勉強しておらず、資格も増えていないのでサッパリだ。
そろそろ勉強を再開せねば、とずっと思っているのだけど、、仕事にガンガン追われているのと、そのストレスで、まるでできない状態に陥っている。

まぁそんな前書きは置いておいて、資格ではないけど、久々にITネタPCネタに突っ込んでみたいと思う。

LinuxとUNIXは何が違うのですか
日経BP ITPRO

の答えが、

A: 似ているけれど,違います。

で、本文中には、

ですから,「何が違うの」と聞かれれば,「違うといえばかなり違うし,違わないといえばあまり違わない」となります。

とある。
これは「何が違うのか?」と言う問いに対して、何が違うとは答えておらず、日本語としては問題がある。

#まぁIT屋の文章力なんてこんなもの、、と言えばそれまでだが、、
客先導入をやってる身としては、こんな日本語力で高給をもらえるのは、うらやましい限りである。

敢えて本文中から答えを探せば、

 最後に「UNIXとは商標権のことである」とすると,The Open Groupの認定を受けていないLinuxはUNIXではありません。

この辺りが答えだと解釈できる。

いづれにしろ、答えとしては不十分だが、、
そもそもこの質問については、UNIXとは何ぞや、Linuxとは何ぞや、を言わなければ答えにはならず、それを話し出したら引用元の記事の文量には到底収まらない。

その辺を本当に知りたいなら、時間をかけて勉強すべき
参考書の類なら探せばいくらでもある。

しかし、まぁ違いを気にしている余裕があったら、共通の部分をしっかり理解して使えるようになる方が有意義であろう。
その辺は、引用元の記事からも、書き手の気持ちがにじみ出ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

羽賀と梅宮家

梅宮パパが恐喝事件に激怒!!!羽賀容疑者は「希代のワル」
goo ニュース

、「ハッキリいいます。(羽賀は)希代のワルです」と怒りをぶちまけた。

まぁ程度は酷いけど、色男とはそんなもの。
きっとアンナは、ああいう男にばかり惚れるのでしょう。
(結構多くの女性がそうであるように、)

お父ちゃんの強権で堅実なブ男をあてがうって手もありそうだけど、それでは浮気で色男にハメられるのがオチだし、、

辰っつぁんの心身は、まだまだ休まることがないんだろーなー。(-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

コペンについて、

最近はそれほど興味のある車ではないけど、
↓の所からせっかくトラックバックをいただいたので、ちょっと書いてみたいと思う。

コペン

#あちらさんはどうやらトラバを受け付けていないらしい。
そちらからトラバを送っておいて、それはないと思うが、、

コペンという車。
新車では確実に欲しい部類の車に入る。
低くてコンパクトな軽オープンには是非とも乗ってみたいものである。
ミニバンやハイトワゴン等と較べたら、よほどドライブが楽しいはずだ。

#なるべく多くの他人とツルんで仲間ごっこに興じたい人には関係ないであろうけど。。

ただ、どうせなら四駆ターボが欲しい所だけど、結構なお値段になって私にゃ買えない。
又、私は花粉症なので(しかも、春・秋とも症状が出る)オープンカーを十分に楽しめない。
更に中古ではもっと乗りたい車がいくつもある。(しかも買える範囲にある)
ということで、コペンにまでは手が出ない、それほど興味はない、となる訳である。

それでもこのコペン、もっともっと評価されて良い車であることには異論がない。

ただ人や物を運ぶだけではない車
車を楽しむ、ドライブを楽しむ為の車というもの。
あるいはそういった価値観を、もっと見直すべきだと思う。
でなければ、個人が高い金出して車を買う意味なんてないのではなかろうか。

まぁ実用メインに考えても、果たして4~7人が乗れて荷物も相応に積める、なんて必要があるのかどうか。
世の中、実際には1人で乗り、荷物を載せても2席で間に合うような使い方の方が圧倒的に多いのだ。
であれば、コペンのような車を敬遠することは、非常にバカらしいことだと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

針金で止めていた扉が開いた事件

<左腕切断>走行中のトラックの鉄製扉開き女性直撃 奈良 (毎日新聞)

このニュースを見て、警察が主犯の傷害事件であることを認識する人はどれくらいいるだろうか。

そこまでは言わないとしても(本当は国民全員が言わなきゃならんことなのだが、、本当に事故をなくしていこうとするなら)、、
現在これだけ交通事故が起こるのは、警察が今のような取締りを続けてきた成果なのである。
それは、事故を起こした者(言わば実行犯)は悪くないということではないが、その者も警察権力で取り締まられ教育された者の一人だということだ。

巨大トラック、トレーラーの過積載は、ずっと以前から問題視されてきたこと。
一部では重量チェックも行われているが、速度違反や一時停止違反などの取締り等と較べると、まるで力が入っていない。
つまり、針金で止めるようなことは、半ば意図的に見逃されてきていたのだ。

そして、こういった本当に危険な車を取り締まろうとするなら、安全運転してて速度違反に引っかかったドライバーから小金を巻き上げている余裕などかませないはずだ。

つまり、百歩譲っても、警察の怠慢によってこのような事故が起こったのは明白。
そしてこのことは、最低限ものを考える頭があれば(つまり免許を取得できる程度の頭があれば)、誰にでもわかるはずのことなのだ。

それを考えず、意見していることを荒唐無稽などと鼻で笑うのは、警察の殺人傷害に加担する共犯者になることに等しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のCar Graphic

'89年頃の、R32 GTRや初代ユーノスロードスターなんかが出て話題騒然だった頃。

毎月1ページ、後期型になったFCの宣伝が乗っておりました。

「私はスポーツカーに乗っています」

うーん、ええセリフや。
既にスポーツクーペ全盛?の時代でしたが、メーカー自らがスポーツカーと称することは、ようやくチラホラとはじまったばかり。
それで、メーカー自身がスポーツカーという言葉を使うことは、それだけで魅力度数割増しなのです。

ただ、コスいCMページもあった。

「メルセデスおめでとう」

とか言いながら、控え目にマツダが完走したことをアピールしている。
プロジェクトXとかで見る攻めの姿勢がイメージにあると、かなりギャップがあります。
銀行屋が経営を握っていた弊害か?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »