« それって確か、 | トップページ | 車の代替燃料 »

2007年8月17日 (金)

ごもっとも、ではあるが、

スポーツカー 絶滅の危機?

 今までさんざん古いクルマを修理で17万円かかるから、走行距離が10万キロ超えたからというしょうもない理由だけで、軽々しく廃車にして、スクラップにして行ったのだから、過去のカッコいいクルマを街で見なくなってしまったことは当然と言えるだろう。

つくってくれと期待するばかりでは何もはじまらない。

ただつくってくれと言うだけでは何もはじまらない。それは確かだろう。

しかし引っかかるのは、しょーもない理由だけで軽々しく廃車にする人と、つくってくれと期待している人をイコールにして言っている点である。

 僕が、理想とするスポーツカーは、2代目、3代目プレリュードやサバンナ RX-7のような細身の形をした最もカッコよかった頃の2枚ドア車こそ、スポーツカーらしかったスポーツカーだと思う。

とも書かれているが、そういった車は新しくても15年落ち以降のものだ。
もしこの書き手が、そういった車を一度も所有・維持したことがないなら、いまだにそういう車を維持し続けている人たちや、そういう車を維持することに対して、あまりにも甘く無神経に見ているのではないかと思う。

以下、とりとめもない余談です。

まー、簡単に廃車にする者もいることはいるのだろう。
今では古くなった車も、昔はクーペ・スポーツカーブームに乗って売れていた。
金持ってるというだけのしょーもない乗り手に買われ、しょーもない理由で次々と廃車にされていったのだろう。

そして、そういった連中は、今ならSUVやミニバンに行ってるだろう。
(いや「最新」の事情はよく知らないけど、)
↑のような乗り手にとって、古いもの、人に好かれないものはタブーだからだ。
であるからこそ、「今」のトレンドに乗りたがって簡単に廃車にする。
今そういう者は、古いスポーツカーには見向きもすまい。

ただ、現象は一つではない。
学生が夏休みのこの時期、妙に若者のヤン車が増えている。
ミドルクラス以上ではマーク2とかのセダンが多いが、小型車ホットハッチも結構見受けられる。
シャコタン・鬼キャンの彼らの車はごく短期間で廃車にされることだろう。

|

« それって確か、 | トップページ | 車の代替燃料 »

「趣味」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/16148322

この記事へのトラックバック一覧です: ごもっとも、ではあるが、:

» 3代目RX-7!ロータリーは最高ですよね!「FD3S」は最高!「FD3S」でガンガンいこうっ♪ [「FD3S」は最高!「FD3S」でガンガンいこうっ♪]
RX-7が登場してから3代目となる「FD3S」。1991年10月に登場しましたね。このRX-7から大きく変更したのが「サバンナ」という名前が無くなった事です。このFD3Sからは、アンフィニRX-7と呼ばれるようになりました。その他には、この3代目のRX-7「FD3S」から...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 07時42分

« それって確か、 | トップページ | 車の代替燃料 »