« 官≠公? | トップページ | 本当に根本的に飲酒事故をなくしたいなら、 »

2007年8月24日 (金)

日本の戦時下ジョーク集

大日本帝国の“お笑い”~『日本の戦時下ジョーク集』
早坂隆著(評:小田嶋隆)
毎日1冊!日刊新書レビュー

 昨年来、70万部以上を売り上げている前作『世界の日本人ジョーク集』は、テレビドラマや映画とのタイアップによる書籍ではない。出版社が巨大な宣伝費をかけたわけでもない。市井の研究者である1人の人間がコツコツ集めたジョーク集であり、そのジョークが読者の口コミでじわじわと評判を上げていった、いまどき珍しい、自然発生的なベストセラーである。

他のジョーク集の人気に引きずられたんじゃないですか。
特に世界の日本人ジョーク集なんかはテレビでも大々的に紹介されたし、、

これらジョーク集は、ジョークそのものもだけど、ジョークを投げかける側の心理が伝わってくるのが面白いんですよね。
実際、楽しく読めましたし、軽~く読むのにお勧めの一冊です。

|

« 官≠公? | トップページ | 本当に根本的に飲酒事故をなくしたいなら、 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/16225249

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の戦時下ジョーク集:

« 官≠公? | トップページ | 本当に根本的に飲酒事故をなくしたいなら、 »