« 嫌韓流3 | トップページ | ハイパーレブ RX-7 No.6 »

2007年9月15日 (土)

嫌日流

金 城模 著の嫌日流
嫌韓流に対する南朝鮮側の対抗本。
元々、あちらは嫌日だらけなのに何を今更、、と思ってる人は多いと思うが、こいつはなかなか侮れない。

まず、嫌韓流の著者・山野氏よりリアルな画風の作家に書かせているのがニクい。
嫌・嫌韓の人が嫌韓流の画を下手だ同人誌レベルだと罵りまくっていて、その辺はしっかり研究しているようだ。

又、対する日本人は、政府に騙されているが本当は(自虐史観を受け入れる)いい人で、嫌日の主人公は相手を言い負かした後で手を差し伸べる。
非常に巧い書き方だ。
嫌・嫌韓の人には、主人公が嫌韓流の人物よりも数段上の熱くて優しい人格者のように見える。
(声高に日本人を言い負かしている時と、手を差し伸べている時で別人になっているのは、ちょっとしたご愛嬌)
又、靖国参拝や竹島日本領という主張は嫌いでも、日本人そのものは好き、という韓国人にも、その矛盾点をうまく(韓国政府に都合良く)払拭させるような描き方をしている。

#まぁ日本語翻訳版には注釈で実態を解説している。
嫌・嫌日からすれば、解説がウソということにされるだろうけど、、

嫌韓流3 では、この本の巧くない点(セリフが長い文章になってるとか、)を突いて、半ば格下の本のように言っているが、これを放置しておくのは危険ではないかと思う。
嫌日流は、南朝鮮で反日史観をより定着させるのに十分なパワーがある。
このまま何の手も打たなければ、嫌韓流が元で真の日韓友好が遠のくという結果になりかねない。

反日妄言撃退マニュアルも結構だけど、金 城模 著の嫌日流にはしっかり反論しておかなければならない。
このような論争は、イタチゴッコでも一つ一つを確実に潰していかなければならないのだ。

まぁ南朝鮮では嫌韓本を出版できないようなので、大した意味はないのかも知れないが。。

嫌日流には、ヤン ビョンソル 著の嫌日流もある。
こちらは、画は乱暴、言ってることも乱暴、ラストの南朝鮮賛美はお花畑、ということで、本国でも評判は良くないらしい。
あちらの人たちもバカではないということだろう。
#しかし女性キャラは割と魅力的で、あんな女性から日帝だ何だと罵倒されたら、私ならヘコんでしまう。

|

« 嫌韓流3 | トップページ | ハイパーレブ RX-7 No.6 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/16455485

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌日流:

« 嫌韓流3 | トップページ | ハイパーレブ RX-7 No.6 »