« 絶版日本車カタログ―走り、ポテンシャル、メカニズム | トップページ | ハイブリッドカーが売れているらしい、 »

2008年5月30日 (金)

ぐだぐだ話…なんでミッションって?

車でマニュアルのことを「ミッション」と言うのはなんでだろう?
(前に流行った、なんでだろうの歌みたいに、)

一般にマニュアルとかオートマとか言われている車の変速機を、総称して「トランスミッション」という。
古くからある手動シフト、足踏みクラッチの変速機を「マニュアルトランスミッション」(MT)
そして自動で変速するものを(これも実は古くからあるんだけど、)「オートマチックトランスミッション」(AT)という。

ATをオートマと言うのは、まぁ問題あるまい。
しかし、paperミッションと言ったら、MTにもATにも「ミッション」という言葉が入っているので、MTの意味で使うのは問題がある。と思うのが普通の感覚だと思う。

ちょっと推測してみると、、

推測1:
「マニュアル」より「ミッション」の方が言葉の響きがいい。
そして誰かが「ミッション」と言い出し、車のことを知らない大多数の人は特に疑問もなくMTをミッションと言うようになった。

推測2:
近年は、オートマにも手動変速(任意のギア選択)が付いたり、足踏みクラッチを自動化したクラッチレスのマニュアルが現れた。
それらと、旧来のMTを区別する為に、「マニュアル」という言葉を避けて「ミッション」と言い出した。
「マニュアル」という言葉じゃない、というくらいしか意味がない。

、、といった辺りだろうか??

|

« 絶版日本車カタログ―走り、ポテンシャル、メカニズム | トップページ | ハイブリッドカーが売れているらしい、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/41369751

この記事へのトラックバック一覧です: ぐだぐだ話…なんでミッションって?:

« 絶版日本車カタログ―走り、ポテンシャル、メカニズム | トップページ | ハイブリッドカーが売れているらしい、 »