« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

去年、晩秋に事故って、

みくしではすぐに書いたけど、こちらには書いてなかったので、軽く書いておきます。

2008年11月下旬。
黒FCが自爆事故で廃車になりました。coldsweats02
自爆ってことで、あまり触れてまわるのも恥ずかしいのですが。
(いっちょ前に警察批判やってきた奴がぁ(ワラワラ)なんて嘲笑受けそうだし、)

ドライバー(自分)は無事。
歩道の段差(かなり高い)にガツンとぶつかったのですが、接触角度がかなり浅かったおかげで、衝撃がまともには伝わらなかったようです。coldsweats01
(ここで、腕でダメージを抑えた、なんて言うと、バッシングが怖い、、)
尤も、そのせいで車は200度くらい回って後輪が乗り上げ、3輪が衝撃を受けてダメになりましたが。crying

3輪が衝撃を受け、特に前輪の衝撃がフレームにかかった様子。
フロントが、ファンカバーくらいまでグシャグシャになって、この部分は再起不能。
(オイルが漏れてなく、エンジン本体までは潰れてなかったが、、REは奥にセットされているから。)
マンガ 湾岸ミッドナイトの腕利き板金屋でもいなきゃとても直せんと思ったですわ。

そんなこんなで黒FCは廃車weep
そして1ヵ月少々が過ぎ、

Sbsh10311 ガンメタFCがやって来ました。
ん? こりもせずに雪の日に出撃しやがって、って?
新雪だったり凍りついてたりすると、粛々と走ってる分には、意外と滑らないのです。
むしろ、溶けかけのベチャベチャ雪の方が問題で、帰りの大渋滞にもハマり、そちらでエラい目に遭いました。gawk
ちょこちょこ止まってカメに合わせると、長短距離直ドリを繰り返すハメに、bearing

つーことで、まだ当分はFC乗りですので、関係者の方、今後ともヨロシクです。(誰となく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

一目惚れって、

まず連想するのは、お米のブランドですね coldsweats01

と、まずは一発ボケてみて。

異性については、あまり一目惚れと言うパターンはない。
「美人だぁ」、「あの娘いいなぁ」をカウントして良いのなら相当数ありますが。(笑)
まぁ、一発で本気になるのは、一目で容姿だけでなく、人となりが凄く素晴らしい、と思えるようなことがあるとき、くらいでしょうね。
そうような衝撃的なことなんて、まずないけど。

あと、車について、最初は一目惚れ「らしい」ことはありましたが、いろいろと知識を仕入れていくうちに、だんだん一目惚れらしいことはなくなってきましたね。
はじめのうちは、
「ルックスがいい」
「前の車より速い」
といった感覚的な部分で選んでいたものです。
しかし、いろいろと知識が入ってくると、
「サス型式は~」
「重量配分は~」
「速く走るならハイパワー四駆だね」
、等と理屈で考えてしまうようになりました。

好みも
「キビキビ曲がる為に軽い方がいい」
「その為に全長は短く幅は広く」
「リトラクトライトは恰好はいいけどフロント重くなるのよね。次は固定ライトにするか」
等、やはり理屈っぽくなってます。

そして、今乗ってる FC も、理屈を満足させるような車なのですよね。
「前後 50対50 の、理想の重量配分」
「ロータリーエンジンはその存在自体が唯一無二。レシプロのどんな車もグゥの根の出ない個性がある」
「ロータリーはエンジンを低く搭載できて理想的」
「軽量コンパクトでパワーのあるロータリーエンジンはスポーツカーの為のエンジン」
、等々

ん? こんなタイトルで長々と車の話するなって?
まぁ、カテゴリーに「車」って入れてるので、色気heartのある話を期待する人は「恋愛」カテゴリーとかで検索してみてくださいな。(開き直り、( ̄ー+ ̄) )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

日本は「侵略国家」ではない

つい先日、時の人となった田母神 氏と、いくつもこの手の本を出してる渡部 氏の共著です。

田母神 氏が、幕僚長という立場で、ああいう論文(て言うかエッセイ)を外へ出したことには賛成できませんし、正直、マヌケだと思います。
(書いてることの正否はともかく、)

しかし、あのエッセイで言われていることは「日本だけが特別に悪逆非道な侵略国家という訳ではない」という当たり前のことに過ぎない。
各論についてはともかく、この大枠が歪められていることはとても残念です。

世間が騒いでいた頃、田母神 氏と問題のエッセイを叩いていた人たちは、多くが言いがかりだったり、揚げ足取り的なことが多かった。
この本を読んで振り返ってみると、それがよくわかります。

エッセイや著者の主張については既知の内容ばかりで新味には欠けますが、あの更迭劇の真相に触れたい人、何が問題なのかピンとこない人は、一度見てみると良いと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

電動自転車の電動アシストが二倍に?

なんでも道交法で、電動自転車のアシストが、人力の二倍までokgoodということになったそうです。
これまでは人力の一倍までしかダメだったそうで。
それで、アシストパワーの上がった電動自転車bicycledashが、今後ぞくぞくと出るのだそうです。

この話、「道交法で」というのがミソなんですよね。

電動自転車による重大事故が増加.
→ 電動自転車(または全ての自転車)の免許制度を導入.
自転車乗りからたっぷり反則金を巻き上げる.

、というシナリオがミエミエなんですよねェ。
わかる人なら十分に納得できるはず。

少なくとも、無免許で年齢制限もない、自転車というもので、むやみにアシストパワーを上げることについては、賛成しかねます。think

基本的に私は、スピード=悪、とは思っていません。
スピードの恩恵があってはじめて乗り物の恩恵があるからです。
そして、危険なのは脇見をしたり、路面の状況を考えなかったり、であって、スピードそのものは危険でも何でもありません。

しかし、それでも乗り物に対する知識や、脇見したりスリップしたりするときのスピードの恐ろしさ、、そういったことを全く学習していない人に、パワーがあってスピードが出る乗り物を与えることには反対です。
又、分別のつかない子供に与えることにも賛成できません。

#まぁ、最近は運転免許を持った大人や、ドライバーを取り締まる立場の人たちにも、頭の中は子供の人がたくさんいますが。

参考:
カテゴリー「警察問題」 - ピーちゃ♪のよろず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

免許更新してきた

先日、免許更新してきました。

今回は試験場での更新。
前回までは警察署でできたけど、今回はダメらしい。
経費削減してるのか、
(無実の)違反 2回で違反講習にされたからか。。

で、一つの試験場で月一回、日曜の更新をしてるんだけど、多くの人が(おそらく県内中から)押し寄せてきてて混みまくり。
こういうときは、安全協会の天下り役員さんがヘルプして月2回やるとか、ちっとは利用者のことを考えてもらいたい。
でなければ、安全協会に入る気にもならなければ、反則金制度を容認する気にも到底なれない。

で、一つ一つの細かい手続きにいちいち待たされる。
書類の「講習の申し込みをします」って何だよ!
免許更新時の義務だから仕方なく講習受けるんだろうが。
利用者が自発的に金払って講習の申し込みしてるかのような書き方するな!

視力検査。
なぜか、健康診断のときの視力が出ない。
「眼鏡持ってきてないの?」って、、健康診断であまり視力落ちてなかったのに、いちいち眼鏡の用意なんかしないよ。(しかも、度が入った眼鏡かけるとクラクラするし、)
あの検査機の箱の中、光が強くて、よく見えないんだよね。
大き目のCでも○に見えてしまう。
こんなのって私だけ?

んで、(多分)メインの講習。
ビデオ見て、ちょこちょこと道交法改正(改悪?)事項に触れ、あとは「これ違反ですよ」「あれ違反ですよ」を高圧的に連発。
おまわり上がり(現役かも)だけに、すごく態度がデカい。

そんなに調子に乗る前に、まずドライバーの皆さんに土下座して謝るのが先だろうが!
あなたたち警察の偉い人、ドライバーの飲酒運転を警察の先頭で叩いてキャンペーンしてる人が、自分で飲酒運転して事故起こしてるんだぞ。
相変わらず高圧的に「飲酒の違反はこんなに厳しくなった」とか言ってる場合じゃないだろう。
そんなじゃ飲酒事故は今後増えはしても減りはしないぞ。
これまではひき逃げ得だったから飲酒にはカウントされずに一見減ったような統計データができてたけど、今後はそうもいなかないようだからね。

あと、警察さんが失敗したのか、それともわざとなのか。
安全協会の入会受付を、更新の途中でやってて、更新手続き中に、入会受付は関係なさそうな指示をしていたこと。
しかも、人が多い上に一つ一つの手続きで待たされて余裕なくなってるから、余計に入会しようって人が少なくなってた。
全て承知の上なら、警察も少しはマシになってる所があるんだなぁ、と思った。
(それでも、少ない分は不当取締りの反則金で取り返すんだろうけど、gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »