« それホントに節約? | トップページ | ほんまかいっ>真央がヨナ元コーチのオーサーにオファー »

2010年4月24日 (土)

普天間問題

2010年4月23日 (金) 基地拒絶が国民総意なら海外移設しか解は無い

植草一秀の『知られざる真実』

そのタイトル通りでしょうね。
そして、沖縄を中国の脅威に晒し、沖縄周辺海域を事実上 放棄することが国民の総意ということになる。

# まぁ、鳩山民主の支持者なら、米軍がいなくなれば平和になる等と短絡的に思ってるのでしょうが。

あと、沖縄も徳之島も基地反対一色というのも疑問。

大反対の雰囲気の中で、少し興味があっても言いだせないのだとか、
とても民主主義の国で起こってることとは思えない。

徳之島の大会の報道なんか見ると、日教組あたりが先導してるのではないか、と思ってしまう。
テレビに出てた男子学生
「俺たちを踏みにじるのもいい加減にしろ」
が、つくり過ぎのように見えるのだ。
他の参加者が「自然あふれる平和な島」と言ってるのに、いい加減にするほど何を踏みにじられたんだか、、

新党が自民票を食い分けても与党の脅威にはならない。

それでも、自民+新党で過半数を取って、いずれは元の鞘に戻ったり、連立組んだりすると思いますけどね。
現実問題として、反民主の受け皿は自民だけですから。

既得権益勢力は政権交代による利権政治打破に徹底的な抵抗を示している。

既得権益がなくても、真人間なら今の民主は御免ですが、、

|

« それホントに節約? | トップページ | ほんまかいっ>真央がヨナ元コーチのオーサーにオファー »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/48170195

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題:

« それホントに節約? | トップページ | ほんまかいっ>真央がヨナ元コーチのオーサーにオファー »