« 子供手当、率直に言えば、、 | トップページ | 谷垣氏の決意、国民に届くか »

2010年5月28日 (金)

ぽるぽる944

ポルシェ・944 - Wikipedia

世界的には商業的に成功し、当時の販売台数は911を上回っていたが、日本では発売時期がバブル全盛であり、より趣味性が高く、ある種特殊な911という指向があり、当時のいびつな日本市場では正当な評価が得られなかった。

外車好きの方というのは、何か気に入らないことがあると、二言目には「日本はいびつ」「日本人はいびつ」とおっしゃりたいようです。

が、日本市場で評価が得られなかったのは、

FRのスポーツカーとしてコストパフォーマンスが悪過ぎた

からです。

国産FRに追いつかれて、性能差はわずか、価格は何倍もする、では販売競争に負けて当然。
少なくとも、市場としての評価は不当でもなければ、いびつでもない。

そして、何もこれは日本だけの評価ではない。
現在のポルシェ、、911、ボクスター、ケイマンといったラインナップが、FRポルシェの末路を示しています。

しかしまぁ、もっと評価されても良い車だとは思いますけどね>944

性能と言えば、日米では動力性能ばかりがクローズアップされ、ハンドリングはそれほど広く評価されない。
ハンドリングを評価するのは、スポーツカー乗りでもかなりコアな乗り手と言える。

FRで4人乗りで前後重量配分50:50にこだわってハンドリングを煮詰めた車は、日本ではRX-7/8くらいで殆ど見られない。
他の車種で重量配分にこだわると2シータースポーツになる。

また、全長を詰め、幅が5ナンバー枠を少し超える程度のサイズも、944の魅力でしょう。
FDでは幅が広い、FCでは(今となっては)狭い、と感じる人にはうってつけのサイズ。
こんな近代的なサイズのスポーツカーが1981年にあったというのは、まさに驚異以外の何ものでもない。

|

« 子供手当、率直に言えば、、 | トップページ | 谷垣氏の決意、国民に届くか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/48470468

この記事へのトラックバック一覧です: ぽるぽる944:

« 子供手当、率直に言えば、、 | トップページ | 谷垣氏の決意、国民に届くか »