« 宝箱、、、、ねぇ、、 | トップページ | ホントに困った政権 »

2010年9月23日 (木)

ゲーマーという程じゃなかったけど、

2010年9月22日 (水) ゲーマーだった頃 - 一ノ谷博士の四方山話

その昔、東芝製の8ビットマシン、MSXを手に入れた。

自分も8ビットマシン、PASOPIA-7を持っていた。
ゼビウスもどきのアルフォス?とか、よくゲームしていた記憶がある。

当時はMSX用のゲームカートリッジが発売されており、これを購入すればゲームをして遊ぶことができた。しかし、これは結構、値が張る物であり、

そこで雑誌に掲載されているBASIC言語でかかれたゲームをパソコンに入力することにした。

市販のゲームは今も高いけど、昔は中古が出回ることもなければ、新品が値落ちすることもなかった。
その分は確実に金がかかったと言える。

BASICや機械語でソースを入力していくのも、当時は当たり前だったと思う。
ただ、雑誌にソースが載るゲームと市販ゲームに差がついてきたこと、PC-8801やFM-7あたりよりマイナーで、PASOPIA-7向けのソースが少なかったことから、それほど打ちこみまくった覚えはない。

#まぁ、自分の人生そのものがマイナーで、世間の底辺に埋もれてるけどね。

ある日、カセットテープ版の三国志を手に入れた。これはすごくおもしろく仕事から帰ってくると夜な夜な寝る間も惜しんで没頭したものである。所々にバグがあり、何かの拍子に先へ進まなくなる。そうするとテープからデータを呼び出し、やり直しをすることになる。

PASOPIA-7では市販ゲームと言えばカセットテープだけ。
(ゲーム以外ではわずかにROMカートリッジがあったけど)
ただ、テープにデータを落とすのは数少ないロールプレイングくらい。
BASIC作で、三国志ほど複雑でもなかったから、フリーズでやり直したことはない。

自作でシミュレーションつくって、テープにデータを落とす試みもやってみたけど、やる気の不足・腕の不足から、思考錯誤の域を出ず、モノにはならなかった。

|

« 宝箱、、、、ねぇ、、 | トップページ | ホントに困った政権 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/49535245

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーマーという程じゃなかったけど、:

« 宝箱、、、、ねぇ、、 | トップページ | ホントに困った政権 »