« ゲーマーという程じゃなかったけど、 | トップページ | 広島SAB RE雨宮イベント »

2010年9月25日 (土)

ホントに困った政権

「場当たり」民主外交、日米軽視で中国が強気に
2010年9月25日(土)10時12分配信 読売新聞
@NIFTY NEWS

船長の処分を巡っては、日本政府は一貫して「悪質であり、日本の国内法にのっとって粛々と扱う」と強調し、拘置期限も延長した。しかし、中国側からの圧力が強まった時期に、拘置期限の途中で釈放を決めた。この点について、「一貫性がない」と指摘する声が上がっている。

一貫性がないと言うよりも、民主党の媚中方針が海保や検察に浸透してなかっただけでしょ。
仙石が裏で動いて、検察の中の面倒事を放りだしたい奴と結びついたのだろう。
起訴もせずに保釈とあいなった。

さぁ、恫喝に屈した後は大変よぉ。
さらなる屈服を求めて、恫喝と暴力が続いて行く。
現地日本人も安全にならなければ、利益の保全もされやしない。

|

« ゲーマーという程じゃなかったけど、 | トップページ | 広島SAB RE雨宮イベント »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106879/49561986

この記事へのトラックバック一覧です: ホントに困った政権:

« ゲーマーという程じゃなかったけど、 | トップページ | 広島SAB RE雨宮イベント »