« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月27日 (土)

平尾台

久々に平尾台へ行ってきた。

どのくらい久しぶりかと言うと、今年初、というくらい。
一時間くらいで行ける所だけど、そう思うと却って行かなくなりますね。
暇がなかったり、金がなくて出撃を控えたり、で。

んで、うち出るまでモタモタしてたら、平尾台着いたのは4時になった。
まー、よくあるパターンです。

Sbsh1504

いつものことだけど、この時間、この駐車場にはあまり人がいない。
2輪は多いけど、走り屋風な車は殆どない。
もっと高台の方の有料駐車場にはもっと人がいるんですけどcoldsweats02ね。
流しに来ただけの、私のような貧乏人はそっちに行かない。

それで?
行って帰っただけです。
いじょ。

なら書くなってか 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

偉人伝

テレビでやってたけど、、
昔の偉人伝と今の偉人伝では、人物が結構変わってるのだそうな。

例えば、
昔、坂本 龍馬は、破天荒な行動から偉人伝として出版されなかったけど、不況の今はその行動力が評価されてるのだそうな。

又、最近の偉人として、本田 宗一郎が挙げられていた。
それはいいのだが、車屋で挙げられていたのが本田 氏だけだったのがちょっと残念。
車屋の中には、もっとたくさんの偉大な先人たちがいるのに、、

こりゃ、またプロジェクトXを再放送してもらわなきゃならないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメで感動したシーンねぇ、、

ブログネタ: イチオシ! アニメで感動した“名シーン”を教えて参加数拍手

フランダースの犬の、例のシーンでしょっちゅう泣いてますが、、
、、

もう少し別のネタを上げると、

「ダイの大冒険」

勇者ダイの大ピンチに、一度は逃げ出そうとした仲間の魔法使い ポップが現れる所なんかがいい。
自分自身は勝てずとも、人質に取られてたダイのじーちゃんを助ける。全魔法力を使い切って、、力尽きた自分がヤラれるのを覚悟の上で、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

ぉひぉひ、マジですか、

NIFTYニュース

韓国軍兵士1人が死亡、民間人も死傷…北砲撃
2010年11月23日(火)16時53分配信 読売新聞 

とうとう、やってしまいましたね。
ずっと、やってしまいそうな雰囲気は臭わせていたものの、本当に攻撃して、民間人が犠牲になると思ってた人は少ないのではないでしょうか。

ただ、北の方も、相手が侵入してきたから撃ったとのこと。
そこに住んでいる民間人を殺すのは狂気の沙汰だけど、自分の国の領土を守る為に 侵入者を撃ち払う のは、国として当たり前のことですよね。
日本人はこの行為をただ非難するだけでなく、このような現実をもっと直視すべきではないでしょうか。

境界線については、正当制は韓国側に分がありそうだけど、日本の領土 竹島を 侵略 している国には、この攻撃を非難する資格はない、と思います。

とは言え、こんな近い場所で、民間人が砲撃で殺されたことは、日本人としても到底看過できるようなことではないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーオブザイヤーつっても、、

ブログネタ: 2010年”カー・オブ・ザ・イヤー”乗ってみたいのは?参加数拍手

今年はCR-Zだそうだ。
ハイブリッドで環境性能があってスポーティカーで、ってことで、客観的に見て受賞するのが順当な車ではある。

しかし、乗ってみたい車となると、環境性能はあまり関係ないよね。
特別スポーツ性能に優れているとか、とても快適だとか、反エコな車こそ「一度は乗ってみたい車」として見られるんだと思う。

そう言ってしまうと、一度は乗ってみたい車って、フェラーリとかディアブロみたいな車ってことになってしまう。
カーオブザイヤー関係なくなりますね coldsweats01

所有したい車となると、話は変わってくる。
ネタ元の動画に出てる、歴代受賞車の中では、初代MR-2を所有してみたいと、ずっと思っていた。
(あーやっと、カーオブザイヤーにつながった。笑)

あと、過去受賞車ではS13シルビアも乗っておきたい。
「乗ってみたい」ではないけど、レシプロFRスポーティカーの評価軸として体験しておきたいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感字 ねぇ、、

ブログネタ: 【イベント開催】2010年の『感字』を募集中!参加数拍手

個人的には「耐」ですかな。

貧乏に耐え、会社の攻撃に耐え、、、
少なくとも、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」を軽々しく引用した某不倫政治家よりは、確実に耐えているはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真似だ真似だって、、聞きなれてるけど、

FCはポルシェ944の真似。
定説に成り上がるほど言われ続けているけど、

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

しかし、この本の中での扱いは更に悪質だ。
それは中国あたりの車の劣化パクリと同質に扱っている点である。

今でこそ露骨にカッコだけ丸々コピーして訴えられるような話は聞かなくなってきたが、つい最近までの中国車や中国バイクはそんな話がゴロゴロしていた。

果たして、日本車がコピーだということで外国のメーカーから訴えられたことがあっただろうか?
少なくとも自分は聞いたことがない。

真似とか何とか言って大真面目に日本車を叩きたいのなら、この程度の事実の違いは認識しておくべきだ。

そして、日本車を外車の真似だと声高に叫ぶ、この手のライターに限って、誌上できちんと比較しようとはしない。
とにかく言葉だけで真似だ真似だと言い続けて洗脳しようとするのである。
比較しようとする人も極わずかにはいるが、それは真似であることを証明する為ではなく、他の誰かが真似と言っているのを検証する為である。
当ブログでも比較記事を書いているので、興味があれば見てほしい。

まぁ、こんな風にヤリ玉に上げられいるのはFCだけのようだ。
FCが嫌いだったり、気にならなかったりするのなら、この本は気持ちよく見られるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

自分を褒めてあげたいときー!

って、どこかの漫才コンビみたいにやろうとしたけど、

客観的に見て、褒められることなんて 何一つない と思う。

ただ、これまで人を殺したりとか、大きな犯罪をせず、自殺に追い込まれかけても一応とどまり、何とか生き続けていることは、自分を褒めてやりたい。

年相応に収入と地位、家族がある者が生き続けているのとは、意味も違えば、精神的コストも違うからね。

ブログネタ: 【賞品付き】自分を誉めてあげたいのはどんなこと?参加数拍手

| | コメント (5) | トラックバック (0)

みたい続編、、、ねェ。

ブログネタ: 続編が見たいアニメや漫画といえば何?参加数拍手

私の場合は
魔女っ子メグちゃん
(笑)

最終回。
すったもんだで、メグはまた人間界で再修業ってことになったんだけど、
そのときメグがカメラ目線で
「また会いましょう」
みたいなことを言っていて、それを子ども心ながら信じていた。

以来、サリーちゃんやアッコちゃんのリメイクはあったが、メグのリメイクはない。

もういい歳になって、あの頃のメグにまた会える等とは期待してないが、心のどこかではそれを願っているような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »