2010年4月26日 (月)

破廉恥警察が、

盗撮:富山の元警部補に略式命令--金沢簡裁 /石川

4月22日15時51分配信 毎日新聞 (yahoo news)

高校生の女子生徒のスカート内を盗撮したとして富山・石川両県の迷惑防止条例違反の罪で略式起訴された富山県警公安課の元警部補、坂越正明被告(43)=8日付で依願退職=に対し、金沢簡裁は21日、罰金50万円の略式命令を出し、坂越元警部補は即日納付した。

つまり、この非常識な変態警部補さんは、
お高い退職金をしっかりいただいて、50万払っただけで済んだってことか。。。

しかも、

昨年8月、富山市のショッピングセンターで女子生徒(当時17歳)に、今年3月には金沢市の路上で別の女子生徒(同18歳)に近づき、スカート内をビデオカメラで撮影した。

わざわざビデオカメラなど用意するような輩なら、もっと余罪があるはず。
特に追及されなかったのか、、?

まぁ、身内に甘く庶民に厳しい警察なら当然、って所なのだろう。shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

電動自転車の電動アシストが二倍に?

なんでも道交法で、電動自転車のアシストが、人力の二倍までokgoodということになったそうです。
これまでは人力の一倍までしかダメだったそうで。
それで、アシストパワーの上がった電動自転車bicycledashが、今後ぞくぞくと出るのだそうです。

この話、「道交法で」というのがミソなんですよね。

電動自転車による重大事故が増加.
→ 電動自転車(または全ての自転車)の免許制度を導入.
自転車乗りからたっぷり反則金を巻き上げる.

、というシナリオがミエミエなんですよねェ。
わかる人なら十分に納得できるはず。

少なくとも、無免許で年齢制限もない、自転車というもので、むやみにアシストパワーを上げることについては、賛成しかねます。think

基本的に私は、スピード=悪、とは思っていません。
スピードの恩恵があってはじめて乗り物の恩恵があるからです。
そして、危険なのは脇見をしたり、路面の状況を考えなかったり、であって、スピードそのものは危険でも何でもありません。

しかし、それでも乗り物に対する知識や、脇見したりスリップしたりするときのスピードの恐ろしさ、、そういったことを全く学習していない人に、パワーがあってスピードが出る乗り物を与えることには反対です。
又、分別のつかない子供に与えることにも賛成できません。

#まぁ、最近は運転免許を持った大人や、ドライバーを取り締まる立場の人たちにも、頭の中は子供の人がたくさんいますが。

参考:
カテゴリー「警察問題」 - ピーちゃ♪のよろず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

免許更新してきた

先日、免許更新してきました。

今回は試験場での更新。
前回までは警察署でできたけど、今回はダメらしい。
経費削減してるのか、
(無実の)違反 2回で違反講習にされたからか。。

で、一つの試験場で月一回、日曜の更新をしてるんだけど、多くの人が(おそらく県内中から)押し寄せてきてて混みまくり。
こういうときは、安全協会の天下り役員さんがヘルプして月2回やるとか、ちっとは利用者のことを考えてもらいたい。
でなければ、安全協会に入る気にもならなければ、反則金制度を容認する気にも到底なれない。

で、一つ一つの細かい手続きにいちいち待たされる。
書類の「講習の申し込みをします」って何だよ!
免許更新時の義務だから仕方なく講習受けるんだろうが。
利用者が自発的に金払って講習の申し込みしてるかのような書き方するな!

視力検査。
なぜか、健康診断のときの視力が出ない。
「眼鏡持ってきてないの?」って、、健康診断であまり視力落ちてなかったのに、いちいち眼鏡の用意なんかしないよ。(しかも、度が入った眼鏡かけるとクラクラするし、)
あの検査機の箱の中、光が強くて、よく見えないんだよね。
大き目のCでも○に見えてしまう。
こんなのって私だけ?

んで、(多分)メインの講習。
ビデオ見て、ちょこちょこと道交法改正(改悪?)事項に触れ、あとは「これ違反ですよ」「あれ違反ですよ」を高圧的に連発。
おまわり上がり(現役かも)だけに、すごく態度がデカい。

そんなに調子に乗る前に、まずドライバーの皆さんに土下座して謝るのが先だろうが!
あなたたち警察の偉い人、ドライバーの飲酒運転を警察の先頭で叩いてキャンペーンしてる人が、自分で飲酒運転して事故起こしてるんだぞ。
相変わらず高圧的に「飲酒の違反はこんなに厳しくなった」とか言ってる場合じゃないだろう。
そんなじゃ飲酒事故は今後増えはしても減りはしないぞ。
これまではひき逃げ得だったから飲酒にはカウントされずに一見減ったような統計データができてたけど、今後はそうもいなかないようだからね。

あと、警察さんが失敗したのか、それともわざとなのか。
安全協会の入会受付を、更新の途中でやってて、更新手続き中に、入会受付は関係なさそうな指示をしていたこと。
しかも、人が多い上に一つ一つの手続きで待たされて余裕なくなってるから、余計に入会しようって人が少なくなってた。
全て承知の上なら、警察も少しはマシになってる所があるんだなぁ、と思った。
(それでも、少ない分は不当取締りの反則金で取り返すんだろうけど、gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

金を使うことで誰かの命が奪われている?

あなたのお金が誰かの命を奪うかもしれない - 投資を楽しむ♪

ドルの信用力が低下したから、リスク回避のために商品市場へお金が流れてる。
なんて説明がなされるけど、そのせいで食べ物の値段が上がっちゃって、
貧しい国の人たちは食べるものに困ってる。食糧危機の寸前のとこだよ。
商品投資で回避されたリスクが、なんと貧しい国へ生命のリスクとしてかぶさった!

今の時期、特に石油や食料への投資は非難されやすいと思う。
私自身、擁護すべき言葉が全く出てこないし、何らかの制限をかけるべきではないか?と思う。

しかしまぁ、彼らのような投資家ほどではないにせよ、この国で多少なりとも金で何かを買っている者は、誰かしらの命を奪っている。
例え私のような非正規雇用の貧乏ワーキングプアであっても、だ。
私が食品を買って食べることで、どこかの誰かが飢えているのである。

まぁ、あまり突き詰めても「我が生きるか彼が生きるか」という話にしかならないので、食料投資のような真似とは切り離して考える方が良いのだろう。

ところで、そのような切り離しをしたとして、どこかの貧しい国の人ではなく、自国の国民の命を奪う金の使い方が、我々の身近にある。
交通違反の反則金を警察に払うことだ。

正確には、金を払う形で、警察の交通行政を全面的に認めてしまっていることだ。
そのことで多くの交通事故が起こり、多くの死傷者が出ている。

まぁ、わからない人(と言うより、わかりたくない人)にはわからないであろうけど。
「悪いのは違反して事故った奴だろうが。警察のせいなんかにするなや。お前はそんなに反社会的な奴なのか? とっとと死ねやボケが!」と返される図式だ。

しかし、、
殺人犯でも何でもない人ばかり「カッターナイフ持ってた」「人様に『死ね』と言った。お前はいずれ人を殺す」とか難癖つけて捕まえることに邁進し、殺人犯の多くを野放しにするような社会だったら、どれほど殺人行為が増えていくだろうか。

それを警察は交通行政でやっている。
そして、そのことは結果が証明している。

このように、この国で奪われる命を少しでも救う方法は、「交通違反 反則金を簡単に払わないで、最後まで抵抗すること」なのである。
即ちその逆、抗議すらしないで簡単に金を払うのは、自国の人の命を奪っているのである。

#尤も、警察には絶大な力があり、抗議一つでもリスクのある行為なのだから、抗議しないこと自体は責められることではない。
しかし、正当に抗議する人が嘲笑されたり、悪者扱いされるようなことはなくなって欲しいと思う。

関連:
駐車違反取締り - ピーちゃ♪のよろず

正しくないことは教わりたくない - ピーちゃ♪のよろず

歩行者と運転手の対立構図にすべきではないが、 - ピーちゃ♪のよろず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

この事件そのものは何とも言えないが、

<傷害警官>乗車マナー悪い高校生殴打、支持する声続々 - Yahooニュース

横浜市旭区で4日、神奈川県警大和署の巡査長(33)が乗車マナーの悪い男子高校生(16)を平手打ちし傷害容疑で現行犯逮捕された事件で、巡査長の行動を支持する電子メールや電話が続々と県警に寄せられ、5日午後4時までに計300件を超えたことが分かった。

これでは、マナーがどの程度悪かったのか、傷害がどの程度だったのか等、わからない要素が多いので、何とも評価のしようがない。
しかし、平手打ちでは普通、傷害というほどの怪我はしないだろう。
通常は「暴行」までではないか?
まぁ、屈強な警察官が思いっきりヤれば、相応の怪我をさせることができるのか。。

県警が警察官逮捕の不祥事を発表した場合、これまでは多い時で50件前後の意見が寄せられたが、大半が批判だったという。

犯罪不祥事は取りあえず分けて考えるべきではなかろうか。
処分は犯罪へのペナルティではない。
国民の多くが処分を望まなければ、処分しないという選択肢を取ってもいいはずだ。

そもそも国民が不祥事と思わないことを、不祥事とすることがおかしい。
暴力が喝采を受けるほど、マナーの悪い者共を放っておく警察組織の方がよほど不祥事じゃないのか。

暴力とは言うけど、真っ当に生きている国民の為に警察が力を行使するのは悪いことではないと思うのだが、、
普段、交通課や交機の連中が国民に横暴はたらいていること(←こちらの方がもっと不祥事だと思うが、、)を思えば、警察もたまには(少々法に触れても)国民の為に力を使えよ!と言いたくなる。

ただ、冒頭にも言ったように、このニュースの文面・この情報量では評価できない。
取りあえず、続報待ちといった所だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月25日 (土)

本当に根本的に飲酒事故をなくしたいなら、

Kazu'Sさん、おひさです。

無駄な努力
Kazu'Sの戯言Blog(新館)

いやだからね、どんな取り組みをしたところで居酒屋みたいに酒を自宅以外で飲ませる店がある以上、絶対に無くなることはありませんって。

このことを本っっ当に、真剣に考えない限り、飲酒事故は絶対になくならない。

しかし、飲酒事故撲滅を声高に叫ぶ人に限って、ただ取り締まりの強化と厳罰化(事故を起こしてない者に対しての)しか言わないんですよね。
本当に飲酒事故をなくしたければ、飲み屋街で営業妨害したり、パーキングで缶ビール販売機をブチ壊したりでもやってみろっての。

被害者なんかを見ると事故をなくしたい気持ちはありそうだけど、本当に飲酒事故をなくそう考えているようには見えない。
加害者はあくまで他人、その他人を懲らしめたい、という意識しかないように見える。

まぁ、なくなるに等しいくらい劇的に減らすことは無理でも、なかり減らせるようになる方法は一つありますけどね。
それは警察が、安全な違反者(酒気帯びを含めて)ではなく本当に危険な運転者をきちんと取り締まること。
警察にそうさせる為に、国民もメディアや警察の実態を知って徹底的に警察を批判すること。

その為には、わずかでも酒を飲んだら危険、という、警察やメディアが垂れ流している情報のレトリックに気付くことからはじめなきゃならないですけどね。

何にせよ、国民それぞれが、警察やメディアを鵜呑みにしないで、自分自身で物事をきちんと考えようとしなければ、どうにもならないんだけど、
結局この国は、警察天国庶民地獄に向かって行くのだろうか。。。(-_-;)

関連してそうな記事:
飲酒で捕まってひき逃げで逮捕?!
2007年8月24日 (金)

正しくないことは教わりたくない
2007年1月19日 (金)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

ようやくですか、

後部座席のシートベルト着用進まず 来年義務化

少なくとも3点式シートベルトは、さっさと義務化するべきだった。
それをしなかっただけでも、警察は人殺しを続けてきたと言われて仕方がない。

まぁ、ここで2点式か3点式かが論じられていない時点で、やはり警察は一般庶民を危険に晒しても良いと思ってるのだろーなー。。
それとも、違反点数稼ぎばかり考えていて、安全についてなど考えられないか??

まーそれはどうせ聞いてももらえないだろうから置いておくとして、、
更に話を進めて、シートベルト違反に対して、軽微なスピード違反よりも高い点数と反則金を課すべきだ。
携帯通話やメールもそうだけど、違反に対するペナルティの与え方がデタラメ過ぎる。

↑せめてこれくらいなら、違反金を集められる利権を手放さなくて済むのだから、是非とも警察様に聞き入れていただきたいものだが、、
せっかく税金をつぎ込んだ、超高性能なチューンドパトカーと鍛えられた警察官がいるのだから(ついでに権力も強大なのだから)もっと国民にとって有効に使っていただきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンペーンって虚しいけど、

8・10「道の日」から交通事故削減キャンペーンがスタート

 8月10日の「道の日」からスタートする交通事故削減キャンペーン「東京スマートドライバープロジェクト」の記者発表が9日、東京・箱崎の首都高速道路東東京管理局で行われた

やるのが警察じゃないのなら、まだマシかなー。。

事故多発地点へのチェッカーフラッグ設置やラジオCM放送を行う。

本来は警察や国交省が、本当に危険な所に標識を立てなきゃならんのよね。
適当な所で違反させてドライバーからカネを巻き上げたいとか、ガソリン税を無駄遣いして既得権益を離したくないとか、くだらん連中の思惑に振り回されて、本当に危険を察知できるような標識の配置がされないでいる。(*1)

まー、キャンペーンによって本当に交通事故がいくらかでも防げるのなら、それは結構なことである。

交通事故の原因はちょっとした不注意が大半。

警察が「交通違反取締り」と称して行っている人権蹂躙に注意する必要がなくなれば、周りへの不注意も減るはずだけど、、
きっと警察に「カネと違反歴を搾取するだけの取締りを止めろ」とは言ってくれないだろーなー。

(*1) 本当はこれを警察・官僚による殺人だと、きちんと認識できないと駄目なのだが、、
このブログでは何度も書いてるので、ここの警察問題を参照のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

今でも言えるのか?

2007年08月07日 [火]  子どもへの配慮?

私が中学の時、社会科の先生が、授業が始まるなり、愚痴を言い始めた。
なんでも、出勤途中、一時不停止で違反切符を切られたというのだ。

  自分はひとりで運転していて、向こう(警察)は2人だった。
  自分がいくら「一時停止した」と主張しても、多数決で負けてしまった。
  警察は、こちらの言い分も聞かず、ノルマのために違反もねつ造することがある。

とまぁ、延々警察批判を繰り広げたのである。

その先生が、どういう政治的立場の人だったのか、私は知らない。
でも「社会科の先生が警察批判をした」というのは、私にはとてもワクワクすることだった。

まあ、お国や県に飼われていても、機関の横のつながりはないに等しい。
ましてや、教師と警察ではつながりなどあるまい。
ゆえに「同じ公務員でもあいつらとは違う」という思いもあるのだろう。

又、公務員は、持てる特権や収入に比例して民間の庶民と意識乖離する傾向にある。
現場で教鞭をふるう教師では、一般庶民と同等の意識を十分持ち続けられるのかも知れない。

しかし、一つ問題にしたいのは、ワクワクしたという書き手にとって、この教師の言い分が「愚痴」とされていること。
おそらく、警察から被害を受けたことのない人にとっては愚痴としか理解しようがないのだろう。
「警察に何か(個人的に)恨みでもあるのか?(嘲笑)」とまでほざく者おっしゃる人までいる始末。

そのようなことが、警察権力を拡大させていき、批判のしにくい社会にしているのである。

他人の批判にしっかり耳を向けること。
批判を行う行為を尊重すること。
権力をむやみに妄信しないこと。

どんなデタラメでも尊重して聞け!という訳ではないが、この国の国民の中には、どうも権力批判を軽視したがる傾向があり、それが民主主義を崩壊させていき、権力が国民を支配する社会をつくろうとしている。

#権力とは与党とか政府のみを意味しない。
戦前・戦中の軍隊暴走や、今の警察の腐敗も含めてのことだ。

特に、武力を持っている官組織ほど、厳しく批判・監視しなければならない。
自衛隊は自分たちの身も守れないくらいに、哀しいほど縛られている。
それを考えると、警察に対してはちと野放しすぎやしないか。

自衛隊には自国民を蹂躙する権利はないが、警察にはある。
だから、共産・社民あたりも、自衛隊にやるような攻撃ができないのだろうか。
実際に戦うとなると、警察権力は本当に恐ろしいもんなー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

針金で止めていた扉が開いた事件

<左腕切断>走行中のトラックの鉄製扉開き女性直撃 奈良 (毎日新聞)

このニュースを見て、警察が主犯の傷害事件であることを認識する人はどれくらいいるだろうか。

そこまでは言わないとしても(本当は国民全員が言わなきゃならんことなのだが、、本当に事故をなくしていこうとするなら)、、
現在これだけ交通事故が起こるのは、警察が今のような取締りを続けてきた成果なのである。
それは、事故を起こした者(言わば実行犯)は悪くないということではないが、その者も警察権力で取り締まられ教育された者の一人だということだ。

巨大トラック、トレーラーの過積載は、ずっと以前から問題視されてきたこと。
一部では重量チェックも行われているが、速度違反や一時停止違反などの取締り等と較べると、まるで力が入っていない。
つまり、針金で止めるようなことは、半ば意図的に見逃されてきていたのだ。

そして、こういった本当に危険な車を取り締まろうとするなら、安全運転してて速度違反に引っかかったドライバーから小金を巻き上げている余裕などかませないはずだ。

つまり、百歩譲っても、警察の怠慢によってこのような事故が起こったのは明白。
そしてこのことは、最低限ものを考える頭があれば(つまり免許を取得できる程度の頭があれば)、誰にでもわかるはずのことなのだ。

それを考えず、意見していることを荒唐無稽などと鼻で笑うのは、警察の殺人傷害に加担する共犯者になることに等しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)