2010年5月27日 (木)

結婚時の貯蓄額、理想は?

リンク: 結婚時の貯蓄額、理想は?.

あまり意味のない質問だと思う。

理想だけ言うなら、あるだけあった方がいい に決まっているもの。

では、最低金額は?
「理想」よりは意味があるだろうけど、それでも対した意味はないかなぁ、
だってイケメンとフツメンじゃ求められる額が全然違うでしょ。

男が女に貯金を求めないのは、まぁ当然だろうね。

男のホンネがどうであれ、女に貯金など求めようものなら、
「この甲斐性なしがぁ」
「女にタカる気かぁ」
「鏡見てからもの言えや、ゴルァ」
と責め立てられて総スカンを食らうのがオチだもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

んなこたぁいい>未婚率増加の原因とは?

リンク: 未婚率増加の原因とは?.

ネット上には、経済的な要因が強いという見方もあり、「収入が少なく、家庭を築いて子どもを育てる余裕のない若年層が多い」、「安定した職に就けないのが原因」などのコメントが多数寄せられている。

・・・

また、「社会がどうの、男がどうの、女がどうのとか言っているうちは、結婚どころか恋愛もできない」などの意見もあった。

こういう風に読むと、
「無責任なオトナコドモは次々に結婚していく。
少しでも責任感のある者は結婚しない。」
と読めますな。
だから、世の中にオトナコドモが増殖していくということか。

この手の話になると、結婚しない奴はずっと独り寂しく生きて孤独死しろとかいう奴がいるけど、

そんな奴が結婚するってことは、自分が孤独死しない為に異性や子供を巻き込みたい ってことだよね。
人を何だと思ってるんだか、、、

そもそも婚姻は個人の自由。
できない者、その為の行動(婚活など)が苦痛な者がする必要はない。

それが、社会問題であるかのように言われるのは、少子高齢化の問題があるからだろう。

しかし、それを未婚者のせいにするのは筋違いもいい所。

・ 現状の子供が欲しい夫婦をカバーできる程度に小児科を確保すること。
・ 高齢者を労働の場で活用すること。(その為には、課長や部長などになれない高齢者を排除しようとする、社会の内に籠っている旧態然とした構造を打破すること。)

、という風に、先にやることがあるはずだ。
無論、官がやれというだけでなく、国民それぞれが後押ししたり考えたりしなきゃならないことである。

未婚者叩きなどしてる者は、少子化問題を安易に片付けようとしたい奴らと、そんな奴らを煽りたいマスコミ、あたりだろう。

# ただ単に、独身者が叩きやすいから叩いている奴もいるけど、ネットには他人叩きだけが趣味の者が少なくないので、その辺はスルーしておく方がよかろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

婚活時代

例によって、と言うか、、
結婚しない女 結婚できない男 問題の本です。

この手の本でいつも思うのは、「より多くの人に結婚して幸せになってもらいたい」と言うよりも、「いい男がいないから結婚できない」とか抜かしている女の人たちの溜飲を下げさせたいんだろうなぁ、、ということ。

よく見てみると、男の問題ばかりでなく、女の側の問題もきちんと書いているのだけど、白河 桃子 女史の価値観が入り込むと、とたんに男けなし、男叩きとなる。

白河 女史は、男がだんだんと恋愛市場から撤退していることを、多少なりとも認識している。
それは「あきらめる男が増えている」とか、二次元の話に触れていることからも明らかだ。
単にあきらめているだけでなく、「自分たちを叩く女など不要だ」と積極的に恋愛市場から離れる男がいることも知っているだろう。

世間ではまだ、叩かれても叩かれても結婚したい男がまだ多いから、そんな人たちにとってこの本は良い参考書となろう。
しかしこの本には、ヤル気の足りない男を更に奮起させることはあるまい。
この手の本は、ヤル気のあまりない男、あきらめている男をますます恋愛市場から遠ざける。
それどころか、こんな本を生み出すような恋愛市場を完全否定にかかる男さえ増えつつあるのである。
電波男マンセー!だ。

この本では、少子化・非婚化を問題にしているが、その少子化・非婚化をこの本自身が促進しようとしているのだ。
そのことがわからなければ、山田 氏も白河 女史も少子化・非婚化を問題視する資格はない。
せいぜい、「情けない男」とやらを叩くのに専念すれば良いのである。

以下、ちょっとした突っ込みをつらつらと。。

磨き過ぎなほどよく磨かれた女性
この本には「自分をよく磨いている女性」「自分を磨いてない男」といったフレーズがよく出てくる。
何をどう磨いているのかと言うと、本文中では以下のようだった。

(1) キャリアを積んで稼ぎがある。
(2) 複数の語学を学習している。少なくとも英語はペラペラ。
(3) ヨガをやっている。

(3)はともかく、(1), (2)は「へぇ、すごいね」とは思うけど、男の自分の目から見て「女性として」魅力があるとは思えない。
((1)については、自分に援助してくれれば魅力ではあるが、)

乱暴な例えをすると、キモオタ男が難易度の高いエロゲーをかる~くクリアするような、奇妙な芸と同じで、恋愛市場でいう「磨き」とは乖離しているのだ。

このように、男に対して自分を磨けとか言う前に、「その女磨きは、本当に恋愛市場向けの女磨きなのか?」を十分考察しなければならない。
本当に非婚化問題を考えるのであれば。

ついでに、化粧をすることが女磨きと思っている女性もいるようですが、いかにも「化粧してます」という顔を良く思わない男もいることを指摘しておきます。

特に稼ぎは、
いくら稼いだって、その稼ぎで養ってくれるとか、いい生活させてくれる、とかじゃないと、普通は魅力に感じないだろう。
それを女磨きしてるとか言われても、困惑するだけだ。
と言うか、金で色男を買えば済む話だろうに。

コミュニケーション能力のない男、コミュニケーション能力のある女
要するに、男にばかり異性へのコミュニケーション能力が求められているだけやね。
本当にコミュニケーション能力があれば、相手のコミュニケーション能力の有無は問題にならないはずである。
つまりは、女には異性とのコミュニケーション能力は不要で、男にのみ必要ということですな。
そんなことを言ってる限り、非婚化問題は女の側の問題だ。

ちなみに、モテ男のコミュニケーションが取れる女を「コミュニケーション能力がある」とは言わない。
それはモテ男側に一方的にコミュニケーション能力があることを示すだけだ。

日本の女性は外国でモテる
そうですか。
ではどんどん外国へ行ってモテてください。
モテない悲惨な男を更に叩いてまで、日本国内でボヤかないでください。

そして、現地男性を刈られる各国で、現地女性が日本人女性叩きをはじめても、日本国内のモテない男のせいにはしないでください。
自分たちで責任持って叩かれてください。

しかし、語学力のない女性、行動力のない女性はまるで蚊帳の外ですな。
著者の、特に白河 女史の視野がいかに狭いかを物語っている。

ニートがキャリア女性に好かれる
無茶苦茶レアなケースだとは思うけど、この本で唯一、男に光を照らしてくれる話。

しかし、暇な男が対象であって、ワーキングプアの私は対象にはならない。ショボン despair ;

女も結婚できない時代
本文中に出てくる言葉ですが、これは嘘八百。
この記事の冒頭でも言ってるように、女は結婚しないだけです。
「いい男がいないから結婚できない」を結婚できないとは言いません。

少々、いやかなり良くなくても結婚さえしてくれればいいと、多くのモテない男が活動しているのに、「いい男がいないから結婚できない」なんて、、どの口が言うのだろうか。全く。

等々と書いてみたけど、別に女性が憎いとか叩きたいとか、まして白河 女史を叩きたいとか思って書いてる訳ではありません。
(カチンangryとくることが多々あるのは確かだけど、)
本当に少子化・非婚化問題を語るのなら、一から出直してもらう必要があるから、敢えて記事にしました。

それにしても、
「いい相手がいないから結婚しない」は、女だけでなく、男のセリフであっても良いと思う。
そして男が言っても、むやみに否定されずに受け止められるべきだと思う。
まぁ、良さそうな女性がいても私みたいなモテない男は相手にされない、ってことは真実やけどね。

以降は感情的な部分。

私の感情は「また人を叩いてやがるよ。そんな叩かれ方してこちらが悪いと思ってウノミにしたら、却って男がスタるわいっ!」という気持ちと、「はやり彼女欲しい。結婚もしてみたい。モテない自分が悪いのかも知れない」という気持ちで揺れまくっています。
おそらく、この本に書かれていること、白河 女史の言う「情けない男」「ガラスの王子」などというセリフの5割以上が、心の奥に刺さっている。
そして、頭では「そりゃ中傷でしかないだろ」という考えが浮かび、自分の中でせめぎあっている。

完全にどちらか一方の立場に立てる人を、私はどちらも尊敬する。
私は宙ぶらりんの、まさにヘタレ男だ。

しかし、こんなこと書いたら、多分、ここを見た女性は、オフで私の相手をしてくれないでしょうな。
そのときは、本当の少子化・非婚化対策を世の中が考える為に自分の身を犠牲にした、ということにでもしておこうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

羽賀と梅宮家

梅宮パパが恐喝事件に激怒!!!羽賀容疑者は「希代のワル」
goo ニュース

、「ハッキリいいます。(羽賀は)希代のワルです」と怒りをぶちまけた。

まぁ程度は酷いけど、色男とはそんなもの。
きっとアンナは、ああいう男にばかり惚れるのでしょう。
(結構多くの女性がそうであるように、)

お父ちゃんの強権で堅実なブ男をあてがうって手もありそうだけど、それでは浮気で色男にハメられるのがオチだし、、

辰っつぁんの心身は、まだまだ休まることがないんだろーなー。(-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月31日 (水)

まーいいけど、

「三高」に取って代わる「三手」って?理想の結婚相手
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/trend/070129/trd070129001.htm

三高・三低・三手、、ですか。。
では一言感想を、、

もしかして俺って、ものすご~く無欲なのではなかろうか?

私ゃここまで、女性に対して条件つけたことなんて、ただの一度もない。
こんな条件をつける女性って、よほど勘違いしてるんだろーなー、と思う。

それとも、結婚したくないことに対する、お得意の理屈武装なのだろうか?
だったら、下手な理屈で他者(男)にとばっちり加えないで、「結婚不要」「男不要」「別に結婚しなくていい」とだけ言ってくれればいいのに、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

それだけ目立つ

お姉さんの「男の恋愛相談室」 
http://otokoryoku.livedoor.biz/

一部の男たちには非常に評判の悪い所。
「ダメな貴男」に勝るとも劣らない、ホスト指南ブログ。
人生の方向次第では凄く為になります。

で、そんな恋愛関係・モテ関係一色のこのブログに、なぜか車の本のアフィリエイトが、、、
単なる気まぐれなのか、何か意図があるのか、、

その本は「トヨタブレイドのすべて」
ブレイドという響きが、たくましい男を連想させるのだろうか?

確かこの車、輸出メインの車だから、走りがいくらかしっかりしているのかも知れない。
そして、欧米に合わせたデカいボディも、弱い男にエラそうにしたいような人には魅力があるのかも知れない。
あまり興味ないから、よくは知らないけど、、

まー、ほんのちょっとだけ面食らった、あれこれ想像してしまう現象でありました。(笑)

関連ありそうな記事:
ダメな貴男
http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2007/01/post_ba5c.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月21日 (日)

ダメな貴男

一見すると男向けの恋愛指南書だけど、よく見るとホスト入門書。

この方のおっしゃることをきちんと実行できる男性は、一人の女性の元におさまってはいけない。
それは資源(努力、才能、その他)を無駄にすること。
心と身体が持つ限り、多くの女性を愛してあげるのだ!
無論、それ相応の報酬はちゃんといただくこと。

ま、この本を手にしてしまったら、軽い参考程度に読んでおいた方がいいだろう。
じっくりこれを読み込んで、「こんな女ばかりなら、絶対恋愛なんかしない。」と決意するのもいいけど。。(苦笑)

ってことで、つっこみ 1 :
しかし、よくよく考えてみると、男のコがダメなままでいる→恋愛相手にいい男が減少する→幸せになるべきかわいい女のコが、なかなかいい男をみつけられなくなる。という事実に気がついたのです。
恋愛できる男がいなければ、無理に恋愛しなくていい。
他のことで人生楽しもう、で済む話。

つっこみ 2 :
(ええ……でも、私、男の人がどうなろうとまったく興味がないんですけど)
…あっそう。  だったら、すっこんでろや! 全く…
そもそも、つっこみ 1 と言ってること違うし、、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

痴漢冤罪 … 必要なのは警察批判だ

『ぼくは痴漢じゃない!』と言ってはいけない?!
: 男ならヒトゴトじゃない、冤罪被害者の手記
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070112/116840/

典型的な痴漢冤罪についての本の紹介。
痴漢の疑いをかけられて人生を潰される様を描いているらしい。
紹介文からは「何でこんなことになったのだろう?」的な臭いがする。

ここでも大きな問題がある。
警察批判がないことだ。
今の警察の腐れ体質を無視するとしても、連中には「人を裁くこと・権力で拘束することの重さ」を実感させなければならない。
そこの警察署長及び取調べをした警官は、給料を全部没収して無実で逮捕拘束された被害者を補償し、それらの警官はタダ働きで肉体労働させる、ぐらいのペナルティを課すべきだ。
(交通安全協会の要員として、スクールゾーンの交通整理などをやらせれば事故対策として丁度よい。
今は「月 1回しか人を出せない」とか、とぼけたことを言ってるようだし、)

しかも、罪を認めた認めないに関わらず、鉄道痴漢の殆ど全てが冤罪という話もある。
その証拠になるかどうかは知らないが、ビシバシ検挙しているにも関わらず痴漢被害は一向に減っていないそうである。

「痴漢がいなくなると鉄道警察が不要になる。組織の維持のため、検挙数アップの為に、本物の痴漢は見逃しているのだ」と言うと、大抵の人は荒唐無稽な戯言と一蹴するだろう。
しかし状況証拠からして、そこまで言い切るのに十分なのだ。

「否認して争うひとは共通して、『私はやっていないんです。やっていないものを認めるわけにはいきません。名誉とプライドの問題です』といいます。そして、『裁判所で調べてもらえばわかります。だってやっていないんだから』という無邪気な裁判への信頼を語るまっとうで善良な市民が大多数です」と解説の弁護士先生。

裁判所もだけど、警察を無邪気に信頼している人もまだまだ多いようだ。
多くの不祥事や、一般庶民へのふざけた対応など、今の警察の問題はそこここから聞こえてくるのだけど、それでも未だに多大な信頼があるのは不思議でしょうがない。
「アメリカが日本を軍事的脅威から守ってくれる」的な、無根拠な信頼と依存の気持ちがあるのだろうか?
(裁判所にはともかく、警察に対して「無邪気」という表現は甘過ぎだと思うけど、、、 「警察は庶民の敵」ぐらいの認識が必要)

いずれにしろ、この点をしっかり見つめなければ、痴漢冤罪も痴漢被害も永遠になくなりはしない

参考になりそうな記事:
2006年9月26日 (火) そこまで高尚ではないけど、
http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2006/09/post_292e.html

2006年9月17日 (日) 植草氏自身のことは知らんけど、
http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2006/09/post_e1cf.html

2006年6月24日 (土) 今時の警察らしい事件
http://pcastle.cocolog-nifty.com/p_castle/2006/06/post_1725.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

閉じ込められているのは専業主婦より労働者?

ある所で見たもの。

働いている男は社会に進出しているのか?
地域の自治体やPTA、政治に関わることが社会進出ではないのか?
実は就労と社会進出は同義ではなくて、むしろ対義語なのでは?
「閉じ込められている」のは、実は「専業主婦」ではなく「就労者」なのでは?

、、ということだそうです。
なかなか言われない視点ではあるが、働いている男が仕事に「拘束」されているのは周知の事実。
地域の活動などに参加している専業主婦の方がよほど社会進出している、と言うのも当たっているのだろう。
しかも男よりも開放されている形で。。

ただ、地域とかPTAとか言っても、それらは広い世界ではない。
一部の人たちが牛耳っていて、いじめのある世界だったりして、抑圧を受ける女性も多い。
そういう主婦からすれば、「主婦は抑圧ばかり受けている。旦那は仕事にかまけてばかりで、自分ばかりが苦労している」という風になるのだろう。
(ま、典型的な自己中主義で、それを女と男という言葉にすり替えているだけだけど、)

まー誤解を恐れずに言えば、「女性が閉じ込められ、抑圧されている」なんちゅうのは、勝ち組男の旨味だけが欲しい、勝ち組でない男など眼中にない者のたわ言に過ぎないので、現実から乖離していても何の不思議もない。

あと、専業主婦が政治に関わるってことが意味不明。
政治家(特に民主党以外の野党党員とか、公認なしの無所属候補とか、)のサポートでもすることだろうか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 9日 (火)

被害者不在

滋賀の女子高生はスカート短い…ネットで広まり盗撮横行
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070108/jkn070108009.htm

 同県の高校関係者によると、沿線の一部高校では女子生徒らの間で「格好いい」として、制服のスカートをたくし上げて短くすることが流行。学校側は、常識的な格好をするよう校則などで定めているが、「スカート丈をどうするかまでは人権上の問題もあり、強く指導はできない」(県教委)と盗撮対策が全面的に取れないことを嘆く。

また、盗撮は被害者が気付きにくく、録画画像が残っていても被害者の特定が難しいため、「生徒側に被害にあったという意識が希薄で、対策が遅れている」という。

気付かないだけならともかく、被害者意識がないのであれば、警察が都合よく人を痴漢扱いすべきではない。
学生の側を補導して指導すべき問題だ。
あーいう短いスカートは単なる盗撮対象やエロ男の観察対象ではなく、とても不快に感じている人も多い。
ある意味、男を含めた「見せつけられる者」の方が被害者なのだ。
公然わいせつ罪の適用も考えられる。(ややムチャかも知れんが、)

まーこの場合は、単に気付かないだけと言うことで「被害者意識がない」とまでは言いがたいが。。

#しかし、
「グダグタしてないで、見られたくない者はパンツルックにでもしろや。
見せてるものは見られて写真に撮られても仕方ないんだよ(肖像権の侵害ぐらいは問うても良いか、)」
とすれば一気に解決するように見えるのだが、、
無駄に警察を増員する必要もなくなるし、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)