2011年7月30日 (土)

放射線、、武田先生の記事

生活と原子力02   1ミリ、100ミリ、「直ちに」の差は?
(平成23年4月2日 午前9時 執筆) 武田邦彦

「人間はがんで死亡するのが、人口の約半分なので100人に50人はガンで死ぬ。だから放射線に被曝して100人に1人だけガンが増えたからといって問題ではない」というのが先生の趣旨です。

これに対して、わたくしは次のような例を考えます。

1) 「どうせ人間は100人に100人が死ぬのだから、交通事故で死んでも問題はない。それに、交通事故の死者数はわずか10万人に5人だから、交通事故対策等はやらなくてよい」

このロジックにはとても同意できない。

事故の運動エネルギーは被害者、被害器物に集中してぶつけられるものだ。
大気を伝って広く伝播するものではない。

もっと言葉を尽くして説明するなら、被曝で100人に1人死ぬという話をしたとき、100人が皆同量の放射線を受けて被曝している。
しかし、交通事故で10万人に5人死ぬという話をすれば、死ぬような事故に遭ったのは10万人中5人だけだ。
10万人が10万人、同じ事故の衝撃を受けて5人だけ死んだという話ではない。

普段の武田先生の意見には、同意できるものも少なくない。
リンクしたサイトも、興味ある話は多い。

それだけに、今回引用した、恣意的としか思えないような、おかしなロジックを使ったことは残念でならない。

ちなみに、あまり関係ない話だが、、
交通事故対策は必要だが、今行われている対策は不要であり、直ちに辞めるべきだとさえ思っている。
当ブログの警察問題タグの記事を理解してもらえればわかる話だが、、
少なくとも対策が行われていて多くの事故死者がいるのは否定しようのない事実である。

私は100人中1人でもガンになるというのは「大変なことだ」と考えているという感覚の問題かもしれません。

老衰が絡むとどうかとは思うが、老衰のこと抜きに100人に1人は確かに多いと思う。
ただ、「寿命までに」という話なら、確実に老衰が絡んでくる。

発電所周辺の海で基準値の3355倍の放射性ヨウ素が見つかった時に、保安院は「直ちに健康に影響はない」と記者会見で言っていました。
 ・ ・ ・ ・ ・ ・
2) 健康に影響がないということは原発の近くの海で子供を海水浴させてもいいのですか?

許可されている所で海水浴させていいという話だ。
それ以上でも以下でもない。

単なるスポークスマンで、保安の仕事をしていない保安院には、私だって説教したい。
しかし、この返しは明らかにイジワルだ。
風評加害でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

今年も来たっ!自動車税

毎年のことながら、またもゴールデンウィーク直前にやってきました。
自動車税の請求。

しかも相変わらず、環境破壊とエラいお役人の贅沢の為のグリーン税制が10%増しにされています。
全く、、いつまで続けることやら。pout

関連:
自動車税滞納 - ピーちゃ♪のよろず

自動車税 - ピーちゃ♪のよろず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

「温暖化」対策としては焼け石に水かも、

「地球温暖化に抗する」クレージーな地球工学的計画ベスト10:画像ギャラリー

一年中生産が可能な、環境にも問題の少ない超高層の温室を、コロンビア大学のDickson Despommier教授は提案している。農場を屋内に入れ、上に積み重ねていくことで、地面は二酸化炭素を吸収する森林へと転用できるというのだ。

いや、到底間に合わないだろう。
箱物づくりな好きな日本に受注まわせばバンバンつくるかも知れんけど。。

まぁ、ほんの少しだけ食糧問題対策になる程度でしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

運が悪いという問題か?

怪奇 生首の目が開く (テレビの嘘について)

↑のページは、テレビのやらせについて言及されている。
その辺はあちらを見てもらえれば良いが、今回触れるのはその主題ではない。

 最近、夫婦喧嘩の番組がやらせだったことが問題になっていたが、関係者たちは業界の常識(エンターテイメントでのやらせ)について、これほどの騒ぎになったことを、かえって驚いているに違いない。スピード違反でつかまったドライバーのように「運が悪かった」ぐらいにしか考えていないに違いない。

(太字は当方の編集です。)
何かにつけてよく言われる例えだ。
公職選挙法違反への言及でも同じ言い方をされた。

#あぁまたか、と思った読者の方。
すみません、またです。(苦笑)

日本語として厳密に考えれば「スピード違反で捕まるのは運が悪いだけ」なのか「スピード違反は立派に悪いこと」なのかは読み取りようがないが、文脈やニュアンスからは「運が悪いだけ」と解釈するしかないであろう。

ましてや、テレビの娯楽番組のやらせなど、法律に触れるようなことではなく、放送倫理の問題でしかない。
それをスピード違反より悪いかのように比較すること自体、スピード違反は警察が介入しなきゃならんほど悪いことではなく、捕まったら運が悪いだけだ、という解釈になる。

この「運が悪い」とされること。えらいおかしくないか??
普通は「違反した者が悪い」か「悪くないものを捕まえる警察が悪い」かのどちらかだろう。

本当に悪いことをしてから捕まったことが「運が悪い」ことなのなら、警察はとんでもない怠慢をやっていることになる。
それこそ本当に悪いのなら、殺人事件も後回しにして全力で全ての違反者を逮捕し、違反行為を押さえ込まなきゃならない。

そこまでして撲滅するようなことではないのなら、それは悪いことでも何でもない。
そもそも多くの人が、捕まったことを運が悪いとしか感じないことを、悪いこととは言わない。そして、その程度のことに(事故にもなってないうちから)警察が介入などしてはいけない。

そして一般国民の方も、警察が介入してはならないことに、介入させてはないないのだ。
その為に、警察の介入についてはもっと皆が文句を言い、声を大にして警察を批判しなければならない

#一番悪いのが、まわりの人には文句垂れる癖に、警察には文句も言わず簡単に違反金を支払ってしまうことだ。
このことは警察の不当な介入・人権侵害を、正当な行為と認めることだ。
(更には人殺しの片棒を担ぐことでもあるのだが、今回はそこまで言及しない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

官≠公?

官not公の時代、なのです
ワタミ社長渡邉美樹の「もう、国には頼らない。」  

日経ビジネスオンラインのこの記事、
まずタイトルから突っ込みどころがある。
今現在はまだ「官not公の時代」ではない。

近年は官の信頼はかなり落ちているものの、国民の中ではまだ官に期待する者、官に依存した考えでいる者は相当いるはずだ。
先の郵政民営化でも、反対である人、地方の郵便局が存続するか心配な人は多い。

 民間企業は、まずお客さまを獲得しなければ仕事が始まりません。とりわけワタミのような個人客相手の外食ビジネスでは、毎日毎日、顧客獲得競争に明け暮れています。少しでも手を抜けば、あっという間に無数のライバルたちにお客さまを奪われる。そのくらい厳しい世界なのです。

そこで言われているのって、要は娯楽・レジャーの類なんですよね。
たまには家族でちょっと贅沢な食事がしたい、とか、美味しいものをつまみながら友人とまったり過ごしたい、とか。。
で、公的サービスと言うものは、そうした娯楽市場とはまるで正反対のものです。

まずはきちんとして欲しい。
そして皆うちの近くでやって欲しい。当然、引越し先にも行ける場所にあること。
なるだけ安くして欲しい。
内容によっては無料であって当然だ。

果たして上記のような要求に外食ビジネスのノウハウで答えられるのかどうか。。

又、現状では、何かサービスを民営化するにしても、独占あるいは寡占状態でスタートするという問題もある。
サービスの中には、いつの間にか民間委託されていることもある。
そこに厳しい競争などありうるのだろうか??

まー、
ワタミ社長に任せて良いのだろうか?
keep on your easy pace.
みたいに詳しく深く突っ込んでいる所があるので、私からの突っ込みはこれくらいにしておきます。

ところで、↑のブログの、

 この辺りのことは、上場企業の社長さんですから、当然知っているでしょうし、考えているのだと思います。
 しかし、あえて単純かつ一世代前の議論を持ち出して世間に発表する、、、という行動は、何か裏があるのかな?と勘ぐってしまいます・・・
(この点に関して、推測でも構わないので、どなたか言及していただけると嬉しいです)

うーむ、、単なる売名記事としか思えないですけどねー。
メディアへ名前を出せば、それだけで売上upできるぞ、っとかゆー。。
それとも公共サービスの市場をホンキで狙っているとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

トヨタの強さ(?)

トヨタが本腰を入れて欧州制覇に乗り出した
日経ビジネスonline

  自動車販売シェア拡大という切り口から見て、トヨタの弱みは見当たらない。

こういう表現がよくされるが、これは適当な表現なのだろうか?

トヨタのシェアが絶対的と言えるほど強いのは否定しようのない事実だが、そこに「死角がない」「弱みがない」という言い方を持ち込むと、何か違うんじゃないかと思う。
「強い」ことと「死角がない」ことはまるで別の話だ。

#尤も、「弱みがない」等と言っても、トヨタ自身は意にも介さないだろう。
全方位でバシバシ、ライバル車を出してブツけていくやり方は、それこそ死角だらけだからだと言えなくもない。トヨタには自覚があるはずだ。

で、どこに死角があるかと言うと、、

今のトヨタには、スポーツカー・スポーティカーの類がないことが問題だろう。
近年はスポーツカー冬の時代とよく言われるが、いくつかは新車でも存在している。
RX-8にランエボ・インプ・シビックR等、、

これらは、数を売ることは到底望めなくとも、メーカーのシンボルのようなものだ。
日本ではともかく、世界で売っていくなら、このようなイメージリーダー的な車があった方が良い。

まぁ、今のトヨタにもホットハッチ(ヴィッツRS)や大排気量セダンなんかがあるが、それらをスポーティカーと言うには無理があろう。
少なくとも私には、セリカもレビトレもMRSもなくなった今のトヨタは、まるで必要のないメーカーになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

羽賀と梅宮家

梅宮パパが恐喝事件に激怒!!!羽賀容疑者は「希代のワル」
goo ニュース

、「ハッキリいいます。(羽賀は)希代のワルです」と怒りをぶちまけた。

まぁ程度は酷いけど、色男とはそんなもの。
きっとアンナは、ああいう男にばかり惚れるのでしょう。
(結構多くの女性がそうであるように、)

お父ちゃんの強権で堅実なブ男をあてがうって手もありそうだけど、それでは浮気で色男にハメられるのがオチだし、、

辰っつぁんの心身は、まだまだ休まることがないんだろーなー。(-o-;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月 9日 (土)

市長が公費で、

TVで大々的に放送していた。

スーパーコンパニオンなるおねぃちゃんとウハウハ楽しんでいたらしい。

本人は捏造と言っているらしい。
しつこく追求されて「上半身までは~」とか言ってるのが大バカもいい所だが、、

まー、マスゴミとも呼ばれる困ったマスコミを疑う身としては、一応は捏造の可能性もあるとは思う。(むちゃくちゃ、ごくわずかな可能性だったとしても、)
普通は、、と言うより、よほどバカでも、自分のむふふシーンを他人に堂々と撮られはしないだろう。
ここまで大々的に写真が出ては、却って偽造・合成の疑いをかけられるのも、ある意味では当然と言える。

それよりも、市長だけが、むふふな楽しみに興じていた、というのも不自然。
そういう楽しみは、公費で観光している腐れ議員どもと共有する、と見るのが自然だろう。

一人の市長ばかりを売る連中。
何か市の役人や議員の陰謀があるようにも見える。
B級ドラマの見過ぎ?(笑)

だから、、

無料で裸の女とあんなことやこんなこと
ヒッキーのタン壷

公費を使ってスーパーコンパニオンと楽しい事したんだってさ・・・
スーパーコンパニオン呼ぶの高いからって公費使うなよな茨城県行方市長さん

という風に、TVの意図通りに素直には思えないんだよなー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

不二家と、みのもんたの番組で、

私が仕事にかまけているうちに、何やら揉め事があったらしい。

番組内でペコりも…みの謝罪なし
デイリースポーツ online

 TBS・MBS系の朝の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家の不祥事をめぐる報道で、TBSは18日の番組内で、柴田秀一キャスターが「行き過ぎた表現やコメントがいくつかあった」と謝罪した。

ほぅほぅ。

 「不二家は廃業してもらいたい」と発言した総合司会のみのもんたに対し、不二家側は番組内での謝罪を求めていたが、みの本人は「テレビできついことを言いました。生まれ変わってくれるとうれしいです」と番組の再生にかける期待を口にし、直接の謝罪はなかった。

頭下げなさそうですからね。
番組スタッフが悪い、手前らで何とかしろ、とでもおっしゃったんだろーなー。。

私としては、みのを切るか、番組打ち切った方が良いのではないか、と思うのだが、、
いくら人気者でも、ああいうデカい面してる者は番組にとっても局にとってもマイナスじゃなかろうか。

この手の番組でいくら注意しても、細かい部分で誤報をやる可能性は常にあるのだし、またやらかした上に みのがあのままだったら、局の損失はエラいことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月29日 (木)

あるある捏造問題で除名

関テレ民放連除名 五輪放送は?
sponichi annex

一方、民放連は都内で緊急対策委員会を開き、関西テレビの除名を決定。これにより、同局は来年8月開幕の北京五輪の中継権を共同契約するJCの枠組みからも外れるため、関西地域でフジテレビ系列の五輪放送が見られない可能性が出てきた。

この問題で、民間の放送団体がペナルティを与えるのは問題がある。
あるある大事典の捏造は、多くの局の多くのTV番組でやっていることの一つが発覚しただけに過ぎないからだ。

この問題に対して取り組むべきことは、全ての局が自分たちの番組をチェックし、捏造などおきないように自信を律することだ。
間違っても、関西テレビだけを悪者扱いしてつるし上げることではない。

そのことをよくよく考えていかないと、TV放送は腐っていくばかりだ。

かつてTBSも、オウムの問題で叩かれた。
だが、自身を反省して対策していくことで、ワイドショーの時間帯では他局より好感を持たれるまでになった。
ということは、調子こいてTBSを叩き、自身を律することのなかった局の放送は、視聴者の好感を得られなかったことになる。

それを考えれば、今回の除名も民法全体にとって良いこととは、とても思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)